恋の媚薬効果を期待

May 28 [Tue], 2013, 17:37
 世の女性たちが、どことなく色めき立ってきたように感じます。それもそのはず、もういくつ寝るとバレンタインデー。でも、男性にとっては、もらえるのが本
命チョコでない限り、素直に喜べる日ではないのかもしれません。「甘いものが苦手」、「お返しが面倒」なんていう言葉もよく耳にします。
そこで今回は、「チョコレートの持つ効果」について、少し学んでみたいと思います。
まず、誰かを好きになったときというのは、体内に恋愛ホルモンが分泌されています。誰かにトキメキを感じて、「好き好き〜!」という気持ちになるのは、『PEA』というホルモンが原因。ようするに、このPEAが分泌されたとき、人は恋に落ちるのです。
PEA
の分泌を促すには、「ドキドキするようなことを一緒にする」というのが有効な手段。アクション映画を見たり、少し遠出して普段とは違う景色を見に行ったり
することですね。でも他にも、食べ物で分泌を促すこともできるんです。その食べ物とは、チーズやワイン、そしてチョコレートです。
チョコレートは、“恋の媚薬”と呼ばれるほど、PEAを分泌させる効果が強力なんです。また、赤ワインにおいても、これをよく飲むフランス人が情熱的であることからもその効果はうなずけます。

らに、チョコレートに含まれるポリフェノールというファイトケミカルには、強力な抗酸化力があってカラダの老化を防ぎ、アンチエイジングにも有効。ただ、
ミルクチョコレートなどの甘めのチョコレートはカロリーが高く、砂糖やシロップが多く含まれているため、ニキビや太る原因ともなります。
ですから、カカオを多く使用しているダークチョコレート(ビターチョコレート)の方が好ましいでしょう。しかも、ダークチョコレートの方が、カカオポリフェノールの量が多く、強いアンチエイジング力を発揮します。
バレンタインデーというのは、女性から男性へとチョコレートを渡す日だと思われがちですが、本来は、男女が互いにプレゼントし合う日。なので今年は、思いを寄せる相手に、貴方からチョコレートをプレゼントして“恋の媚薬効果”を期待してみてはいかがでしょうか。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:baobface
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/baobface/index1_0.rdf