Green Goose 

June 20 [Sat], 2015, 18:27
今回ご紹介するのは、Green Goose Guest House のレストランです。
日本人が集う、日本食の食べられるレストランです。

夜行ったので概観の写真がないのですが、ゲストハウスのレストランと聞いていた割に広かったなという印象です。
日本料理と、お酒も置いているそうです。
何があるのか聞いたら
「何でも言ったもの用意する」
と言っていましたが…ほんとかな?

始めに頼んだのは、餃子(400tk)です。
まるまるしている餃子でした。

そして、揚げ出し豆腐(250tk)。
生姜が乗っていて、アクセント。

えび。
おつまみですね!

あと、麻婆豆腐(250tk)。
これが中々辛いのですが、美味しかったです。

頼んだ焼き鳥は、串が見えないほどぎっしり。
鶏も柔らかかったし、これも美味しかったなぁ。

あと、さかな。

…魚にレモンを絞って食べるのがシンプルで美味しかったのでが一体何の魚かは分かりませんでした。
ブログに書こうとスタッフに聞いてみたのですが、皆が色んな事を言っており真相は分からず。
生の状態の魚まで持ってきてもらいましたが、結局
「海の魚だね」ということで落ち着きました

あと、野菜炒め。

ヌードル。

この辺はなんといいますが、見た感じの味でした。
でも色々と日本人には懐しいものもあって、良かったです。
日本食を食べられるところは未だ少ないので、恋しくなったらどうぞ。
場所はグルシャン1と2の間くらいです。

Green Goose Guest House
住所:House#30, Road38, Gulshan Model Town-2, Dhaka
TEL: 9880050, 9881283
E-mail: ggoose@global-bd.net
HP: http://www.greengooseguesthouse.com/

帰国報告 

June 06 [Sat], 2015, 23:31
長らくブログ更新しておりませんでしたが、1ヶ月ほど前にバングラデシュに帰国(?)しました。

当たり前ですが、ダッカはダッカでした。
相変わらずごちゃごちゃしており、
車のホーンは鳴り響き、
人々は道端で茶を飲んでおり、
道はあっちもこっちも工事中で、穴ぼこがいっぱいあいてました。

2年前と違うことは、それらがあまりにも普通に感じることと、帰ってきたのかと迎えてくれる人がいること。
今度はボランティアではなく仕事で帰ってきましたが、相変わらずカレーを手で食べ、#6バスに乗り、リキシャと5tkで争い、バスが捕まらないとバリダラからボナニまで歩いたりしています。

頻度は落ちると思いますが、またちょくちょく更新していきたいと思います。
どうぞお付き合い下さいませ。

Heritage 

April 26 [Sun], 2015, 15:13
書きだめて放置しておいた記事、アップしまーす。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

”最高級フュージョンベンガル料理店”と地球の歩き方には紹介されているレストラン。
バングラデシュを訪れた母は来る前から「ヘリテージに行こう、ヘリテージ!」と言っていたのですが、行こうと思った当日貸切で入れず、機会を逃しました。
そんな母に代わり帰国も間近になった今、一度くらい試してみるかとランチビュッフェに行ってきました。

場所はグルシャン2サークルから1側に10分ほど歩いたところ。
写真がイマイチですが、概観。

中に入ると…お洒落!!
流石、高級レストランぽいです。

12時半の開店と同時に行ったら案の定誰もいませんでした。
誰もいないどころか、料理も準備中でした(笑)。

10分くらい待って、さて料理を取りにいきました。

奥でシェフ達が料理しています。
写真怒られるかな?と心配しましたが皆カメラを喜び、「このデザートはあのシェフが作ったんだ!」とか色々紹介してくれました。
流石バングラデシュ…

最初は、ボッダ(野菜ペースト)から。
トマト、パパイヤ、カボチャがありました。
珍しい品揃え。

因みにサラダも3種類くらいあります。

そして、カレー達。
野菜、海老とほうれん草、鶏、牛、マトン、魚、小魚とジャガイモ…e.t.c.
炭水化物は数種類のナン、白米、ビーフテヘリ、ヌードルがありました。

ダールも、2種類。

手前の茶色いダールはインド風だそう。
でも私はバングラ風の黄色いのがおいしかった。
肉や魚もよかったけど、シンプルにこのダールでご飯を食べるのもよい…。
外国人向けのマイルドな味付け、と書いてありましたが意外と辛かったです。
でも外国人向けにし過ぎて「これバングラの味だっけ?」となってないか疑っていたので、個人的には満足でした。

私のプレート(1回目)

そしてデザート。

フルーツサラダ、ライスプディング、そしてバングラスイートがありました。

しかし1時間ほど食べていても、まだ貸しきり状態。
前のブログには2時頃にはベンガル人のお客さんで溢れかえると書いてあったのに、時計が2時を指しても未だ貸切状態。
段々あの料理をどうするのか心配になってきました。

と、2時を少し過ぎた頃ベンガル人の団体がぞろぞろ、ぞーろぞろと入ってきて、2時半には席はほぼ埋まってました。
大盛況でした。
開店と同時くらいに行くと、のんびりお料理を楽しめるかと思います♪
600tk(+VAT15%)です。

ヘリテージ
住所:House10, Road109, Gulshan2, Dhaka
TEL:02-8829359, 01711-541441
営業時間:ランチ 12:30pm〜3pm
       ディナー 6:30pm〜11pm
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:にゃんこ
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
知る人ぞ知るバングラデシュの魅力を、様々な角度からゆるりとお届けします。

ちなみに、巷で時々見かける「バングラデッシュ」、「バングラディッシュ」は誤りで、正しい表記は「バングラデシュ」。場所はインドの東です。

Twitter ID:YM_in_Bangla
★バングラに関する旅行、生活情報などをつぶやいてます。

バングラデシュ政府観光局のホームページ(英語)
http://www.parjatan.gov.bd/index5.php

なお、このブログはバングラデシュ政府観光局とは関係ありません。



(緑色の日が祝日です。)

にほんブログ村 旅行ブログ バングラディッシュ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
サイト内検索 Powered by Google