Pizza Rome 

June 25 [Sat], 2016, 15:18
ピザな気分!
バングラデシュにいるとはいえ、時にはカレーじゃなくて、ピザもいいではないかしら。
ということで、カレー仲間の友人と今回は評判のピザ屋に行ってきました。

Pizza Rome、グルシャン2のマーケットの裏側にあります。
外から非常に分かりにくく、前を通ったのに通り過ぎてしまいました。

ここだ、と言われて中に入ったのですが…それでもまだピザ屋に見えない…

おお、やっと!
外にテーブルがあり、やっとレストランだという事が分かります。

昼間なのに、赤いライトが煌々とする店内。

入り口脇の席は爽やかで、カフェのような趣でした。

外の見える窓際の席は少し隔離されており、落ち着けました。
そして頼んだのは、ピザのハーフ&ハーフ。
マルゲリータと、ドルチェビータ(575tk)。

マルゲリータの、シンプルな味が美味しかったです!
(自分が選んだのはドルチェビータの方だけど)
満足のボリュームで、それでこの値段は安いかも。

食後のデザートを食べる余裕があれば、ティラミスはいかが。

カバーをとると、こんな…

む、でもよくわかりませんね。
お値段も350tkと結構しますが、味は本格的です!
見た目よりボリュームもあり、満足の一品でした
そして、食後のエスプレッソ

小さい…むしろ、ミルクの方が多くないか?
コーヒーカップと、ミルクポットを入れ替えたらよかったんじゃなかろうか…?

まぁまぁ、ともあれ!
デリバリーもしているので、一度お試し下さいませ。

<Pizza Roma>
Address: Road 108, House 15, Gulshan2, Dhaka
Tel: 01755-660039

Bulltlers Chocolate Cafe 

March 12 [Sat], 2016, 15:19
噂のチョコレート屋さん
私はチョコレートケーキよりチーズケーキ派ではありますが、機会があったので女友達と(果敢にも夕飯として)乗り込みました。
グルシャン2を北に向かい、その左手にあります。
先のブログで紹介したMERAKIの道路向かいです。

外観。

入り口の左手がテラス席になっています。
蚊はそんなに気になりませんでしたが、道路沿いなのでクラクションが騒がしいのと、笛売りがずっと笛吹いてました。

中ではチョコレートも売っています。ギフトによさそう。

そして、ケースの中には様々な種類のチョコレート達が並んでいます。


さて、我らはテラス席に陣取り早速メニューを眺めました。
チーズケーキやサンドイッチに惹かれたものの、ここはチョコレートを食べねば!という使命感の元、オーダーしたのはButlers Signature Waffles(395tk)。

友達も使命感に駆られてButlers Chocolate Crapes(395tk)

に、Dark Chocolate(395tk)。

ダークチョコレート、味見させてもらったけれど、思ったよりダークではない。
けれど、本格的なチョコレートドリンクでした。

さて、不思議なことにチョコレートワッフル、食べているのに全然なくならない。
ワッフルに一緒にきたチョコレートをかけると、更にペースが落ちる。
おかしい…
何故、食べているのになくならないのだろう!
アイスクリームを食べると進むのですが、2切れ(50%)食べたところで断念…
チョコレートドリンクにも興味があったのですが、その時私に必要なのはブラックコーヒーでした。
ということで、Americano(240tk)

因みに、ドリンクにはチョコレートがつきます…☆
(とメニューに書いてあってけれど、言うまでくれませんでした)
30種類の中からお好みのチョコレートを選べます。スイスから運んできているとのことで、時には品切れのものも。ご容赦を。
私はことチョコレートに関しては、これでもかというくらいダークがよいのです。
頼んだのは、"Intense 70% dark chocolate truffle" center in a dark chocolate shell.
すごくダークっぽい名前のチョコなのですが、うーん…そんなにダークでもなかった。
思えば海外のチョコって、結構こってりめで容赦なく甘いですよね。

何かネガティブなレビューに思えるかもしれませんが、そういう訳ではないのです!
ただ、夕飯にチョコワッフル、チョコクレープ、チョコレートドリンク…というのがやりすぎただけです!

ですので
@ピザを1枚、デザートを1品頼んでシェアする。
Aピザやサンドイッチ等で食事をとり、ドリンクを頼んでついてくるチョコレートを楽しむ

などがよろしいかと!

因みに、外国人ばかり、女性ばかり…を想定していったのですが、意外とベンガル人男性多かったです。
外は喫煙席だったからかもしれませんが、女性が少数派で不思議な感じでした。
ともあれ、甘党の方は是非一度試してみて下さい

<Bultlers Chocolate Café>
住所:175 Gulshan Avenue, Gulshan2, Dhaka
TEL:02‐985‐0860

MERAKI 

February 21 [Sun], 2016, 19:29
バングラデシュで(砂埃に目をつぶれば)気持ちいい季節は、冬です。
暑くもなく、寒すぎもせず、そんな晴れの日に太陽の元でお食事はいかが
グルシャン2サークルから北側(オーストラリア大使館側)へ進んだところ、右手にあるのが”MERAKI”というレストランです。何屋か全く分からず入ってみたのですが、洋食を提供するこじゃれたところでした!

外出制限が続き自宅の暗いリビングで鬱々とする日々でしたが、この日は友達とランチです。
折角なのでと、外の席を陣取りました。
2席しかないのですが、その分隣の席と距離が空いているのでよかったです。

半分屋外は、こんな感じ。

室内にも、結構な席数。
お洒落な作りです。

あと、トイレがすごい!
ホテルのようです。

さて、座るとサービスでジンジャーティーのようなものが出てきます。
お日様の元でそんなものを飲んでいると、引きこもり生活から地上に出てきた気分です。

さて、頼んだのはチキン・マッシュルームクリームスープ(299tk)。
(ちょっとお洒落なところではよく見るスープ。マッシュルームスープって、そんなポピュラーなものと認識してませんでした)
ちょっと塩が強かったけれど、いい味でした!ほっとする…

そして、ビーフトルティーヤサラダ(399tk)。

サラダだけれど、ちょっと軽めでよいなら十分一食分になると思います。
これまたちょっとドレッシングが濃かったけれど、パリパリのトルティーヤにビーフの入ったサラダ、満足の一品です。

そして、ラザニア(850tk)。

これが、ぐにゃっと崩れてしまうくらい柔らかいのです。
それに、たっぷりチーズ

食後のコーヒーは、いかが。

途中でマネージャーが「食事はどうでしょう?何かご提案あれば言ってくださいね」と挨拶に回ってきました。
すごい、頑張ってる!!(でもサービスチャージありませんでしたよ!)

その時いたのはお金持ちベンガル人で、お客さんに外国人は見当たりませんでした。
蚊がいるかもしれないけれど(そういえば昼間は気にならなかった)、夜も雰囲気いいかもしれません。
一度お試し下さいませ。

MERAKI
住所: House #188, Gulshan Avenue, Gulshan 2, Dhaka
TEL: 01963-095590
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:にゃんこ
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
知る人ぞ知るバングラデシュの魅力を、様々な角度からゆるりとお届けします。

ちなみに、巷で時々見かける「バングラデッシュ」、「バングラディッシュ」は誤りで、正しい表記は「バングラデシュ」。場所はインドの東です。

Twitter ID:YM_in_Bangla
★バングラに関する旅行、生活情報などをつぶやいてます。

バングラデシュ政府観光局のホームページ(英語)
http://www.parjatan.gov.bd/index5.php

なお、このブログはバングラデシュ政府観光局とは関係ありません。



(緑色の日が祝日です。)

にほんブログ村 旅行ブログ バングラディッシュ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
サイト内検索 Powered by Google