タイで携帯電話購入 

2006年09月16日(土) 1時04分
タイでの生活もほぼ1年かな
タイで最初に購入した中古の携帯が(1000バーツ)
ついに交代の時期になったようだ。
角のように出っ張ったアンテナが折れて
電波の状態が悪くて実務に支障が出てきたから
重い腰をあげて新しい携帯を購入すべく
MBK(マーブンクローン)へ
1時間ほど見てから結局、シンプルな
NOKIA 1110 を1750バーツ(約5000円)で購入(箱入り新品)

私が使っている携帯のキャリヤは、One-2-call(プリペイド式)なので
その場でSIMカードを入れ替えて使用開始です。
日本では、いろいろ手続きがあって面倒だけど
ホントに簡単!
ACアダプタは100から240Vまで使える物が付属していて
Docomoのように海外で充電するには別途アダプタを購入?
とは言っても私のDocomo P900Vは日本でしか使えない機種。
今では。目覚まし時計の代わりになって毎日活躍している。

タイの携帯電話 

2006年04月08日(土) 16時27分
タイで携帯電話を持つことになった。
その手順をメモしておこう
購入先は、MBK(マーブンクローン)ここには、携帯電話の小さなショップが数百ある感じ 数えていないのでおおよそだが
ほとんどは、タイ語以外通じないのでタイ語で話せる友人と一緒に行く必要がある。今回は、タイ語、英語に堪能な友達が一緒。MBKは、携帯の新品もあるが中古もかなり並んでいて買うにはある程度機種を選択してから出かけるのが良い。
新品でも2500バーツ(約7500円)で手に入る。
私の場合は、プリペイド式の本体とSIMカード(これで電話番号が決定する)Orangeを購入するこれが300バーツだった。これには50バーツ分のチャージがされている。追加で300バーツのプリペイドカードも買った。帰りにスタバでコーヒーなど飲んだのでしめて3200バーツ。これはプリペイド式の一般的な携帯の価格と思う。昨年は、来タイして直ぐ中古の携帯1000バーツを買って半年ばかり使っていた。買い方はこの時と全く同じで本体だけが異なる。携帯のSIMカードは、形サイズは、ドコモのFORMAと同じで入れ替えてみるとそのまま収まった。もちろんタイでドコモのSIMカードが使えるわけはない。逆にタイのSIMカードをドコモに入れてみても収まるけど使えるわけはない。
タイは、GSM方式でドコモはWCDMAと方式がことなる。
NECのN900iがGSMにも対応しているらしい海外用にレンタルされている通話料が高くて1ヶ月滞在するならタイで購入した方が絶対良いと思う。
-------------------------------------------
タイの携帯電話、SIMカードの情報が出ている
http://www.cheapcalls.jp/prepaid/thailand.asp
-------------------------------------------
参考までに

ちなみにタイの通話料金は、
携帯から携帯で最初の1分4バーツ後は2バーツ/分(6円)
今は、色々なサービスがあってもっと安くなるコースもあるようだ

固定電話から固定電話は1回2バーツ時間の制限がない。
固定電話の基本料金は、100バーツ
(これらの料金は、バンコク市内)

Linux FedoraCore5 インストール完了 

2006年03月31日(金) 16時21分
FedoraCore4をインストールして半年もたっていないのに
FedoraCore5をインストールすることになった。
RedHatは、Ver.5.0からの長いつきあいなのでそれほど苦ではないけど
なにぶんタイ・バンコクの仮住まいなので道具と安定した高速回線があるわけでもないので少々大変な所もあった。
ダウンロードに半日を費やし3Gバイト分のファイルをやっとdownload
インストール先は、WindowsXP ProとKNNOPPIX(Debian系?)が既に動作しているのでスペースを空ける方にも時間がかかった。
先に,
FedoraCore4を5にアップデートをしてみたがどうも調子が悪い。問題を調べるのに時間をかけるのも問答なので今回は、あっさり消去。
FedoraCore4も当然消えて 元のWindowsXP ProとKNNOPPIXのブートローダにも影響が出る。
はっきり言ってWindowsXPの起動が出来ない。これは当たり前のことだがLinux側のbootがメインになっていたからね
これでは、少々差し支えるので新規にFedoraCore5をインストール約1時間30分で完了。
全てを選択してインストールしたつもりなのに何故だか、使い慣れたツールが見あたらない。
しかたなく30を越えるアイテムを追加でインストール。
なんとかサーバらしくなってきた。
インストール先のマシンは、S社ノートパソコン、メモリー768MB HDD60GBに16GBを確保してインストール完了した。
フルインストールしたので余計なファイルが沢山ありちょっとみっともない感じはするが徐々に整理しよう。
webmin、webalizerも設定しないとせっかくのサーバも興味半減。
本当は、ノートパソコンではなく余裕のあるディスクトップで組み立てたいがパンティープのパーツは秋葉原より20%以上高め
安いのは、タイ国産の果物で味も鮮度もかなり良いです。
このことも次に書き留めておこう。

ミャンマー:公務員給与5〜10倍にアップ 

2006年03月27日(月) 22時24分
ミャンマーの公務員給与が5倍から10倍にアップされる。
日本的な感覚で情報を捉えると5倍、10倍の意味は現実とは違う
なぜなら、公務員がもらっている給与では生活できないからでありそのことでアルバイトをしながら公務員をしているミャンマーの状況がある。月給5ドル、10ドルの人が多いと聞いています。月にビール何本飲めるか判断するとその収入がいかに低いものか理解できるでしょう。日本であれば、アルバイトをしている学生でさえ毎日ビールを飲むことが出来ます。ミャンマーでは、大学の教授でも毎日ビールが飲めるほど給与をもらっていないようです。だから副業をしていることは珍しくなくそうでなければ生活できない現状があります。どうしてそうなのかは、首都ヤンゴンや許可された観光地しか行ったことがない人は理解できないことかもしれません。ミャンマーに通信の自由はないし農業においても何を作付けするかは政府が決め自由に作ったりすることが出来ない現状があります。普通、自由と思っている大学進学において進む学部は自由に選択出来ません。成績順で国が医学部へ工学部へ経済学部へと割り振り医者を目指した人が医者になっていない。日本とちょっと違います。
報道された公務員給与詳しく報道されていません。これはミャンマー政府の制限があるのかな。そんな風に勘ぐってしまうのも言論とか通信の制限がある国だからと考えてしまいます。たぶんこの書き込み、チェックしているでしょうね

日本ボーダフォン買収される 

2006年03月27日(月) 17時30分
ソフトバンクによる日本ボーダフォンが買収されるニュースが流れて
日本のマスコミの報道は、ソフトバンクによる買収が期待される物として
ニュースを流しているように思えるのですが、本当に期待で出来る
買収がそこにあるのか ???
この買収に関するニュースが流れて日本ボーダフォンの格付けが5つ下がったことはあまり報じてないが
ソフトバンクが親会社になると言うことに格付けが5つも下がるには
それなりの理由がどこにあるのか 調べる価値はありそうですね。
携帯キャリア(電波の割当)の免許を申請し割り当てられていた物を返上しても
日本ボーダフォンの営業権を手に入れることの方が短時間で収益を上げられるからなのか これから先は、その手法を眺めていたいと思います。
単に株価つり上げて高く売ることでお金を手にするそんなことではないように願いたいものです。
日本のマスコミは、ソフトバンクの事業展開を大きく評価しているように
思われるが、欧米のマスコミは、ソフトバンク事業実績を日本のマスコミよりきちんと把握しているんだろうな 多分。
この点についてはこれから調べてみるかな

Emailの真為確認:民主党? 

2006年03月25日(土) 21時21分
Emailの真為確認出来るか?

仕組みをよく知っている人であれば
偽造は簡単ですよね(見かけだけはね)
でも本当の意味で偽造するのは、不可能に限りなく近い。
本当の意味で偽造するにはメールサーバ等のログまで偽造する必要が
あるしそれも送信側のサーバと受信する側のサーバ
場合によっては、転送サーバなんか中継していれば、ログの偽造なんか
不可能。
法律にも触れる内容になってくるから大きなリスクとかなりの
技術力が必要。

結論から言えば本物の偽造は不可能に近いですね
今回の永田議員の取り上げたメールの真為判定なんか
簡単な話だったと思う。
記者が提供したメールが本物かどうかは、永田議員自身が確認を
怠っただけのこと。本物かどうか確認が出来ないのにメールそのものを
自分の都合の良い方に判断しただけでのこと
民主党の組織の弱さがこんな所にもでている。
普段は好感をもっている政党であるだけに残念。

タイでのビザ延長の手段 

2006年03月19日(日) 0時35分
タイにビザなしで滞在できるのは、30日。
■延長の方法は、
1.イミグレーションに行って1900バーツ払って
7日延ばす。
2.タイ国から出国して再入国するとビザなしで30日

■いずれも経験済みだか
2の方法でカンボジアのPipetに行くのが
一番簡単。
タイのカンボジア大使館でビザをとって汽車でアランヤプラテート
までいく(48バーツ) これが安上がり
エアコン付きバス1等で218バーツ
レンタカー(運転手付き)1日1800バーツ
なども試した。いずれも旅の気分満喫
汽車やバスの時は、おにぎり持参で旅行
カンボジアの国境まで後100メートルかな?
後ろの白い建物は、カジノ
変な取り合わせが、不思議な国です。
などなどですが、今日は落ち込んでいます。
カンボジアのビザ取得に手違いがあって予定が狂ってしまいました。
のんびり昼寝なんかしていたからビザ取りに行くこと
忘れてしまって あーなんて馬鹿なんだ。
タイ鉄道終点、アランヤプラテート駅前の商店

コストダウンの手順について 

2006年03月18日(土) 23時34分
コストダウンのことで雑誌、新聞のことをメモしておいたけど
予告通り
郵便物(中に入れる印刷物含め)のことを書き留めておこう
1998年頃気が付いたことでしたが
あるクレジット会社のダイレクトメールや明細書が
日本の消印でなくで海外からのものだったので
不思議に思い友人に確認すると
「それは日本の郵送料が世界一高額だからね」と丁寧に
教えてくれた。
このことを記憶していたので
ある会社で印刷物、郵送の発送元を海外に変更した
印刷費は、10分の以下になり郵送料も5分の1になった
さらにこのための発送の手間を海外の印刷者委託したので
人件費も節約したことになる。データだけは、日本から
メールで送りちょっとしたやりとりで大幅なコストの
削減を可能にした。
印刷も従来の印刷が必要な部分と簡易な印刷で済む物と
ランク分けしたことで印刷にかかる費用、人件費が
60%以上削減
これは、出来ることをしていなかった会社の見本でですが
数年前の会社で実際に関わった例です。
タイは、海外へのはがき12バーツ(約36円)それでも
日本から出すより安いですね
タイでコピーすると2バーツ(6円)のところが多くありました。
現地タイ人と日本人との給与の差が5倍から10倍
位あることです。日系企業の役員の方から直接伺った話です。
15000円から20000円位の給与だそうですが
なのに携帯電話の購入に5,6万円使うことが多いそうです。
日本ではちょっと考えられません。
私は、3000円で一番安い携帯電話を購入し毎月300バーツ
(900円)のプリペイドカードでチャージしています。
これでも充分です。バンコク市内の携帯に4バーツ/分で
間に合っています。

コストダウンの手順について 

2006年01月19日(木) 22時06分
過去のことになってしまいましたが
少しずつ思い出しながら記録しておくことにします。

多分このシリーズは、サラリーマンの人や
誰かに雇われて給与をもらって生計をたてている人には
ピントこない内容かもしれません。
これらについては、現場で経営側それも中小の経営者には
もしかしたらおもしろい内容になってくると思います。
ですから サラリーマンという分類に入る人は読んでも
あまりおもしろくないだろうなと思いつつも

リストラと聞いても珍しくない昨今ですが、
コストダウンも今は当たり前のことになってきました。
コストダウン どうするか
出るお金を総チェック 会社の新聞は誰がどれだけ読んでいますか
しがらみで仕方なく購読している?
年間、どれだけの費用がかかっていますか?
会社の雑誌 本当に必要ですか?
コストが幾らかかっているか調べてみましたか?
今回は、出版物の新聞、雑誌のこと提案しましたが、
次回は、郵送する文書、印刷物を....

ネットサーフィン ルンビニ公園にて タイ・バンコク 

2006年01月19日(木) 0時51分
ルンビニ公園でネットサーフィン
2006年1月18日(水)午後6時(日本時間午後8時)
太陽はまだ 残ってる。
周りは、ジョギングしてるほとんどが走ってる 公園を左回りで
そんな中
ノートパソコンでネットサーフィンしてるやつ
日本の動画ニュースを見ながら 夕涼み
気温29度 少し風があると木陰は涼しい
2006年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像堀江です
» タイの携帯電話 (2006年05月05日)
アイコン画像princess
» コストダウンの手順について (2006年03月17日)
アイコン画像puti
» コストダウンの手順について (2006年01月19日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bangkok
読者になる
Yapme!一覧
読者になる