週恩来保健医张佐良談19

August 21 [Thu], 2014, 18:16
週恩来保健医张佐良談19
私は車から降り、一目見楼門フロント下のコンクリート階にある屋台血!私のんってば!本当にびっくりした。これは一体どういうことですか?「言わないほうがいい、現場の状況から見ての通り、「患者」は外傷!飛び降り自殺。公安部長飛び降り?!不思議だ。罗瑞卿在住の庭門の外に立っている歩哨、庭の中に静かに見えないで、車が部屋に入った後、扉を閉じた。私は人として導入した罗瑞卿の寝室。部屋のカーテンの上で、室内に電気がついて、少し暗い光感。罗瑞卿寝そべるベッド、眉間きつい眉、顔色が憂鬱。「どうしてはっきりと主席ですか?あなたはするべきでないということですね!」羅大将の奥さんの枕元に座って、
グッチ サングラス メンズ涙を降りながら、非難と不安につぶやく。「……」しばしの瀋黙。
私はと看護師長総へクラスルーム、救急車を見てやむ玄関で、何も言わなかったが、車に。
「羅は公安部部長。」車に、看護婦長そっと教えて。
私はわからない。堂々と公安部長罗瑞卿大将が急病だから、私もこの神秘兮兮の必要がある、この秘密のですか?私は羅部長家をわかってきた。
それに、しばらく患者に救急車を担いで、運転手の目にうね、北京に到着した病院は、患者に横たわって担架と廊下を担い、エレベーターに乗る、病室……この得密を守ることができますか?!
私は思索とやや不満点情緒の時、救急車で入っ罗瑞卿家の庭に、彼の家ではあの山は高くはないの二階建ての前に止まった。
私は車から降り、一目見楼門フロント下のコンクリート階にある屋台血!私のんってば!本当にびっくりした。これは一体どういうことですか?「言わないほうがいい、現場の状況から見ての通り、「患者」は外傷!飛び降り自殺。公安部長飛び降り?!不思議だ。
罗瑞卿在住の庭門の外に立っている歩哨、庭の中に静かに見えないで、車が部屋に入った後、扉を閉じた。
私は人として導入した罗瑞卿の寝室。部屋のカーテンの上で
グッチ サングラス、室内に電気がついて、少し暗い光感。罗瑞卿寝そべるベッド、眉間きつい眉、顔色が憂鬱。
「どうしてはっきりと主席ですか?あなたはするべきでないということですね!」羅大将の奥さんの枕元に座って、涙を降りながら、非難と不安につぶやく。
「……」
しばしの瀋黙。
「あなたは言うな、で言うことはない!」罗瑞卿険しい顔で語った後、黙って。
僕が見て、こんな様子をもっと自覚不便に何「症状」。
医学的観点から、こういう病人をもたらしやすくて脊椎損傷、もし脊柱骨折、易致脊髄損傷によって下肢マヒ。だから、そんなはずない患者は許可を抱いてあるいは背負って彼の体のように移動させやすく、脊柱彎曲による脊髄損傷による対麻痺や垂れ流しなど深刻な後の結果。さて、病人はず板床寝ハード、彼は软床に横たわって。しかし考えてみて、誰の家のように知識?
事ここに至っては、私だけを羅部長の検査をしてください、看護師長電話をしてください、すぐ外科整骨科や心臓内科専門家をして患者を全面的に入念なチェック、早く彼を安全に移管に救急病院。
私は罗瑞卿測定血圧、ローラー、心電図、懐中電燈で見てみると目の瞳が発見していない特別な場合は、大胆に彼の体が未ページ。
ジバンシー サングラス メンズ
北京の病院の専門家はすぐ駆けつけ現場を聞いた私は、彼らの病状を簡単に報告、羅大将として必要な検査をし、彼に注射針を指揮して鎮痛薬後、彼らと平穏に病人のおかげで支えて担架で、救急車が、私は北京へ護送病院。
それはお昼の時、病院の指導を非常に重視している。彼らの通達を受け、準備できた放射科医生病室に呼び出され、待機し、北京の有名な専門家も招いて病院の整形外科。
我々は専門家たちの意見事前相談救急車で病院まで、直接放射線科の入り口を入って、患者が作調光撮影片片検査、撮影が終わってから、彼を手術室に入った。
麻酔科医をしてすぐ罗瑞卿麻酔。専門家たちは各検査病人損傷部位の時、放射線科主任は調光片手術室に送って、みんなは病気と調光片結果が確定した手術案。
罗瑞卿深刻な打撃を受け林彪と殘酷な迫害後はどこに弁明の情況の下で、ついに苦肉の策だっで、死抗命!林彪デモに!
彼の家の中で飛び降りに両側数本の肋骨骨折や双下肢の踵骨粉砕骨折させ、この戦場で大活躍する有名な将は後日に落ちた終身障害。
当時のにもかかわらず、週恩来北京病院と解放軍総病院は何度も念を押す必要対外秘密を守る、百方手を尽くして、どうにもならない。
ジバンシー サングラス ピンク
狂おしいの年月、凡そ林彪と「四人組」が直接介入の事、病院は能力がない罗瑞卿の保護も絶対にない密保。
だから、造反派にはすぐに聞き罗瑞卿の「行方」、彼らは罗瑞卿非道に置いてザルに上げて至る所で大会が開かれ、彼をロット
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/bangjlung/index1_0.rdf