久しぶりに書いてみる。 

August 12 [Fri], 2005, 14:32

このページのアドレスを入れたフロッピーがずっと行方不明で、
会社辞めてから日記を書けなかったのだけど、
やっと発見したのでまたのんびり続けていこうと思います。

・・・昨日、またダンナ様と喧嘩をした。
と言っても、一方的にダンナ様が怒って、私は黙るといういつものパターン。

最近の私は、ダンナ様が怒るたびに"また手を上げられたらどうしよう"と
前にも増して恐怖を感じるようになった。

そして「一緒にいてもおもしろくない」「うっとうしい」「しょうもない」と
しばらく続くひどい言葉たちに傷付く。
例え腹が立ったとしても、言ってはいけない言葉ってあるんじゃないのかな。
私は人に対してあそこまで怒るということがないので、
何でそんな簡単にひどい言葉が出てくるのか理解できない。

ダンナ様には黙ってるけど、
実はこの間、ダンナ様のお父さんと一緒にご飯を食べてて、
ダンナ様がトイレに立った時に聞かれた。
「あいつ、手上げたりしてないか?」って。
とっさに首をふったけど、お父さんが私にそれを聞くってことは、
以前にも誰かに手を上げていたということなんだろう。
そう言えば、ダンナ様のお兄さんが、
「あの頃家庭内暴力に悩んだおかんからよう電話かかってきたわ」って
話してたのを聞いたことがある。
どうやらカッとしたら手を上げてしまうのは、昔かららしい。
でもそれって親の教育のせいもあるのでは?とも思う。

私も一人っ子で親の愛情を一身に受けて育ってきたし、
甘やかされもしてきたと思う。
そして私同様、ダンナ様も同じように甘やかされて育ってきたのだと思う。
それは次男ということもあるし、お兄さんと9歳も離れているせいもあるし、
ちょっと変わった家庭事情のせいもあるんだろう。

結局、2人ともまだまだ思い遣りが足りない子供なのだ。
そのくせ、彼は一人前に亭主関白ぶるのから私は納得いかない。
力でねじふせるのはフェアじゃないよ。
亭主関白ぶりたかったら、私を素直に納得させるだけの理由を示せばいい。
何も考えずにダンナ様についていけるほど、私は馬鹿じゃないし、
若くもないのだから。

鬱。 

June 17 [Fri], 2005, 13:56

何か最近、また鬱っぽくなってきてる気がする。
前と同じ症状。

原因は何なのか、まだよくわからないけれど。

もう消えてしまいたい。

もやもや。 

June 15 [Wed], 2005, 14:04

時々、自分が無意識にすごく無理をしているような、

自分を殺して生活をしているような気がして憂鬱になる。

こんな思考回路に陥るときはたいてい気が滅入っている時なのだけど。

いつかこのもやもやが爆発してしまう日は来るんだろうか。

それとも、流れて行く日々の中で少しは解消されていくんだろうか。

たまには目に見える優しさがほしいと思うのはワガママですか?

夏が来る。 

June 06 [Mon], 2005, 11:12
って、昔誰かの歌のタイトルだか歌詞だったで見たフレーズですが

最近、また周りが騒がしいのです。

あるお友達は彼女ができてウキウキ
(彼女ができてからはお会いしていないのですが、きっとウキウキのはず)
またあるお友達は好きな人ができてウキウキ
(うちのダンナ様に「好きな人ができた」って宣言したらしい)
夏が近付いてきて、みんな解放的な気分になってるのでしょうか

でもまた別のお友達は好きな人とうまくいかなくて悩み中・・・
私は同じ女として彼女の気持ちもわかるし、
過去に同じようなことをしてしまったことがあるので彼の気持ちもわかる。

みんな一緒に幸せになれたらいいけれど、そんなの無理。
誰かが幸せになれば、その影で悲しんでる人もきっといるのだ。



たまには逃げてみる。 

May 26 [Thu], 2005, 13:07

今日、ダンナ様が日帰り出張で早く家を出たのを良いことに、

午前中だけ会社をサボった。

たまには逃げてみるのも必要なことだと思う。

もちろん、自分が仕事を休むことで誰かに迷惑がかかる時は

逃げずに頑張るけど。


世の中狭いな。 

April 26 [Tue], 2005, 18:17

昨日発覚して驚いたこと。

去年結婚したうちの本社の女の子のダンナ様が
知り合いの知り合い(?)だった。
世の中狭いですね。

そして、さらに驚いたのがその女の子の容姿。
私はずっと声しか知らなかったのだけど、その声はとても可愛らしい。
だからてっきり可愛らしい女の子なのだと思っていた。

・・・が。
あまりに想像と違う姿にびっくり
写真を見た瞬間、「北京原人?」と思ったよ。
そりゃ私の勝手な想像だから仕方ないけどさ

何はともあれ、お幸せに

春だから? 

April 22 [Fri], 2005, 8:54

最近、周りが騒がしい

ある友達は片想いの彼のことで悩み、
またある友達は、彼と別れた。

会社の後輩は会社を辞めたいと言い出すし、
派遣の女の子(既婚者)は
まったく興味のない別の課の男の子から誘われ、
それが元で揉め事に巻き込まれてお怒り中。

それぞれの話を聞きながら思う。
・・・やっぱり春だから?

そう言う私も、つい最近引き継ぎ中の新人ちゃんに泣かれて
びっくり&凹んだところですが

私が"結婚して良かった"と思うことの1つに、
『もう恋愛しなくて良い』ということがある。
この先どうなるかはわからないけれど、
とにかく今は好きな人と一生一緒にいられるし、
私の好きな人も、私を好きでいてくれている。
つまり、別れの不安や好きな人の心変わりetcに
いちいち悩まなくて良いのだ。
その絶大な安心感は、結婚しないと得られないものだと思う。
同棲だって、結局は『好きな人と一緒に住んでる』だけで、
いつどうなるかわからないのだから。

とは言え、私だって毎日幸せだけを感じて生きてるわけじゃないし、
結婚前と同様悩むことだってあるのだけど。
でもやっぱり、好きな人のことで悩まなくて良いのは、
素敵なことだなぁと思うのです

1週間後。 

March 18 [Fri], 2005, 14:29

元JUDY AND MARYのYUKIさんの息子さんが亡くなっていたそうです。
1年11ヶ月の命。
『乳幼児突然死症候群(SIDS)』という病気(?)らしいです。
詳しく調べてみると、
「ほとんどの場合、睡眠中に起こるとさ れ、
日本では乳児の約4000人に1人の割合で発生。
乳児の死亡原因の2位」なのだそう。

自分の子供が突然亡くなるのって、どんな気持ちなんだろう。
寝る前まで元気で、ちゃんと「おやすみ」って言ったのに。

私の親戚の女の子も、私が高校生の時に12歳の若さで亡くなった。
あと1ヶ月で13歳のお誕生日だった。
死因は、急性白血病。
救急車で運ばれたけど、あっという間だった。

私も流産して、ショックだったし悲しかったけど、
きっとYUKIさんや亡くなった親戚のお母さんのそれとは
比べ物にならないだろうな。
あらためて、ご冥福をお祈りします。
天国にはきっと苦しみなんてないだろうから、ずっと元気で遊べるよ。

昨日、詳しい検査を受ける為に府立病院に行ってきました。
内診されるたびに思うのだけど、
自分の体の中でカチャカチャ器具の音が聞こえるのってほんと恐い。

検査結果が出るのは1週間後。
どうかどうか、何事もありませんように。

たまには惚気。 

March 16 [Wed], 2005, 15:51

「結婚っていいなぁ」ってダンナ様が言った。

そんな風に思ってくれてるということが、私はうれしい。


ファザコン気味。 

March 10 [Thu], 2005, 17:13

私はずっとお父さんよりお母さんの方が好きだと思ってたけど、
どうもお父さんのことも同じくらい好きだったらしい。
結婚しなかったら、きっと気付かなかっただろうな。

こんなこと言ったらファザコンだと思われるかもだけど、
たぶん、ダンナ様よりお父さんの方が私のことを愛してくれてる気がする。
昔からいつだってお父さんは私の1番の味方なのです。

結婚が決まって以来、
お父さんのことを思い出すと自然と涙があふれてくる。
今こうやって日記を書きながらも半分泣いてたり。

涙の理由は、自分でもわからない。
何でなんだろ。


2005年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ミホ
» ありがとう。 (2005年01月21日)
アイコン画像ケイコ
» どうなの?これ。 (2004年12月18日)
アイコン画像ケイコ
» 着々と進行中。 (2004年11月15日)
アイコン画像ミオ
» 何気に嫌なこと。 (2004年11月12日)
アイコン画像kana
» 何気に嫌なこと。 (2004年11月12日)
アイコン画像バムセ改めミオ
» ちょっとずつ前進。 (2004年11月02日)
アイコン画像あず
» ちょっとずつ前進。 (2004年11月01日)
アイコン画像バムセ
» ワガママですか? (2004年10月21日)
アイコン画像バムセ
» スキ時々キライのち大キライ。 (2004年10月21日)
アイコン画像あず
» スキ時々キライのち大キライ。 (2004年10月21日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bamuse0828
読者になる
Yapme!一覧
読者になる