社長はヴァカンス 

2006年02月24日(金) 1時36分
今晩は。平社員です。
最近、持病が悪化して、将来に不安を感じている小心者です。

さて。
社長はどこかへ行きました。
海外ですってよ、奥様。マー! 海外!

そんな事はどうでもいいんですけどね。

夜中にバキバキのエレクトロニカを聴いて変にアッパーです。
悩み事がこれでもか、と沸き出してきますよ、ほんと。

色々なレーベルから色々良い音源が出ていて焦ったり、
Web知識がなくて足を引っ張っていないか不安だったり、
DJとしての方向性を模索中であったり、
こういう流れできますとね、ホラ、分かりますでしょ、

『私の存在って必要なのだろうか?』
という深みに否応無くはまってしまうのを。

ドキドキしますよ、ほんと。
今もドキドキしています。精神薄弱過ぎます、私。

何ていうんですか、
震え・動悸・目眩・冷や汗に不眠。
日中は無気力。
屍ですよ、これは。

そんな事はどうでもいいんです。

なんでこんな時期にヴァカンスに行っているのだろう(素朴な疑問)。
(いや、卒業旅行みたいなんですけどね)
引き継ぎしていた旨を伝えて欲しい。
誰かガツンと言って下さい。

くんくんくん。
何かね。焦げ臭い匂いがするよ。
くんくんくん。
火がつくよ。

この間からそんな気がしてならんのです。
気のせいだといいけれど。

判断基準 

2006年02月11日(土) 19時21分
垣間見えてきた社長の判断基準。


< 凡例 >
(1)Can Eat or Can Not Eat.
  (可能の「ら」、食べられるか食べられないか)

(2)Got Angry or Not Got Angry.
  (受動態、怒られるか怒られないか)

(3)Exciting or Not Exciting.
  (楽しいか楽しくないか)

(4)Tiresome or No Tiresome.
  (面倒くさいか面倒くさくないか)


多分、こんな感じ。

では凡例に従って事例を述べてゆきましょう。


(1)
アメフラシの画像を見て放たれた社長の一言。
「何これ!? 食べれるん!? 食べられへんの!?」

横でちょっと焦っていた専務が可笑しかった。


(2)
ロッテンマイヤーさん vs 社長の構図を思い描いて下されば、
ここで敢えて言う事は無し。


(3)
これはDJをする上での必要不可欠な要素でしょう。
しかし世間の荒波への対処法にもこれを適用するとまずいと言えます。


(4)
一昔前に「ワンクリックで救える命」というアフィリエイトの走りが流行りましたが、
何事もワンクリックだけでは済まされません。
車の運転は大好きなのに、何故、メモとりなどが苦手なのでしょうか。



春先になったら皆で手乗りサイズのアメフラシを捕獲しに行くんですう♪

学生業は大変なご様子 

2006年01月21日(土) 15時49分
* * * * * * * * * *

学生さんは大変ですね。
特に三十路の学生さんは。

誰とは言えません。
ムッシュも驚いていた(らしい)ぐらいですもの。

そんな学生さんの最近の状態。



死んでます。
既に人間ではありません。

色も光沢も輝きもへったくれもない。
全ては単位取得の為に変わり果ててしまいました。



多分、後がない学生さんからすれば、
卒業という難関門には『こんなの』がいる感じなのでしょうね。

(↓こんなの、の、一例↓)



怖いですね。恐ろしいですね。
まるで通る気がしませんね。
爪が剥き出しで歯は何本あるか分かりません。


まあ、地獄の沙汰も金次第という言葉があるので、
飲み会にて単位を取りに行くというのも頷けます。


孤立無援で鬼(の形相に見える試験と課題と卒業)と戦う、
猛者(もさ)ですね。
換言すれば「切羽詰まっている」とも言えますね。


私達は何か協力出来ないのでしょうか?




ロッテンマイヤーさんが尽力を惜しまない様です。
鬼より嫌。ものすげく嫌。


こんな様子を見ています。



セバスチャンが。(見ているだけ)



(後のない)学生さんは、本当に、大変ですね。

* * * * * * * * * *

RG(リアル芸人)DJ 

2006年01月15日(日) 3時35分
* * * * * * * * * * * *

サンプル盤を増産の為、事務所で作業。

専務も出社。


新しいアイテムを真剣に装着する上役二匹。



パンをひいて追加一枚。



写真を撮る私も林家ぺー・パー子状態(いいのかそれで)。



子供の様に無邪気でいる事は大切だけれど、
永遠に子供な大人は“リアル芸人”であると実感した日。

* * * * * * * * * * * *

06 / 01 / 07 / 出社 

2006年01月08日(日) 15時18分
新しくリリース(厳密に言うと再発)するものがあるので、
幾つかの仕事をやる為、出社。

ようやくこれで正月明けての初出社となりました。




まずはおやつタイム。









さて。お仕事開始です。こちらはPCがある方のデスク。

先程のテーブルはレコード置きや食卓と化しています。






三人でPCに並び、ああでもない・こうでもないと頭をひねっておりましたが、
ここで私は失敗してしまいました。

作成していた文書の保存を忘れ、折角書き上げたデータを消してしまったのです。

瞬時に凍る空気。
社長と専務は言葉も出ない模様。

当たり前ですね。

ごめんなさいごめんなさい。
馬鹿な初歩的なミスをしてしまいました……。





社長は言います。



「お腹空いた。仕上げを早く」


!!


食が第一の様です。
(でも社長は病み上がりで、それでもお仕事に参加してくれているのです)










専務もお忙しい中を駆け付けて来て下さいました。



ぱぱぱ―と仕上げをして、今日のお仕事は完了。



専務は明日、ご予定があるみたいで、
「レジャーは仕事」という名言を残されました。

(専務の名誉の為に付け加えて戴きますと、ただ単に遊びに行く、という意味ではなく、男が抱える重要な役割があるという暗喩でした)


社長はまだ万全の体調ではありません。


私も明日は朝からプリキュアを観ないといけない為、解散で―す。



新年からこんなペースでいいのかな、と、一抹の不安を憶えながらも、
また明日、別のお仕事が待っています。



社長と専務はいつも名言と格言を下さいます。
今日を締めくくる格言は、

「次は次」

でした。


本年もマイペース蜜柑です。

開始 

2006年01月07日(土) 6時50分
【事の始まり】

ひょんな事より、
某都市の、某インディレーベル会社に入る事になりました。


10代の頃より、
恥ずかしくも、
私は『レーベルを立ち上げてみたいなあ』と夢又夢で考えていたのですが、
温かく拾って下さったお二方がいらっしゃり、
『夢の一つが叶ったわ―!! 恩返ししなきゃ―!!』
と張り切っていました。(既に過去形)


ここで働く事が決まり、
私は、自分の好きなインディレーベル(K.O.G.A. Records)さんを彷彿としていたのですが、
実態は違いました。


これからはその裏側を(差し支えがない程度に)暴いてゆきます。
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bambiraptor
読者になる
Yapme!一覧
読者になる