フォトフェイシャル 三度 

2008年09月24日(水) 19時34分

 またしばらく日本に戻っていたり、
パソコンが壊れたりで、何ヶ月も更新していなかった、
にもかかわらず、励ましのコメントなどいただき
本当に恐縮しながらも嬉しい気持ちでいっぱいです。

 さて、2〜3ヶ月に一度、通院の為に帰国し、
飛行機代だけで破産しそうなワタシですが、
また今月末の一時帰国に向け、
久しぶりに「フォトフェイシャル」してきました。
美白大国日本で、ちょっとでも恥ずかしい思いをしないよう
常夏バリでの悪あがきであります。

 日本同様ガソリン代始め、何でも値上がり傾向にあるバリ、
だが、ありがたいことに、このフォトフェイシャルは
以前記した2年前と変わらぬ施術費、
4回分チケットで4000000Rp(本日のレート千円=89000Rp)
約¥45000也。

 「ぴりっ!と来るんだよなー」
程度の記憶だったが、今回の痛さったらどうだ。
ばちばちばちばちばちばち。
この刺激痛は、黒いシミやほくろに反応している。
ということは・・・そういう事じゃないか!
 しかしここは耐える。ほんの10分の出来事だ。
そして後には、この黒いのがペロっと
かさぶたみたいになって剥がれるという
お楽しみが待っている。あ〜〜(恍惚)。

 この画像を公開することは出来ないので
最近のネイルと、先日のクタビーチを。

 

 

お誕生日会 

2008年06月24日(火) 18時58分
 セガレの話が続くが、この20日、彼は13歳になった。
それにあたりセガレから、
誕生日会を催したいとの申し入れがあった。
 聞けばそれは、クラスメイト16人全員集合でパーティー、
そのまま全員お泊りしたいと言う、ありえない企画だ。

 パーティーはやってやろう、景気良く。
しかし、全員お泊りはいただけない。
民宿じゃないんだから、そんなに寝具は無いし。

 と、ワタシはセガレに言い諭す。

 すると翌日、セガレは学校帰りに、
クラスメイトからの嘆願書?お手紙を持ってきた。
 その内容は、
「親愛なるセガレのママ、
私たち皆でお泊りバースデーパーティーがしたいの。
女の子たちが床で寝ても構わない!
今学期で皆、離ればなれになってしまって寂しくて、
これは最後のパーティーなの。
どうか、お泊りを許して。」たる物だった。

 ここまでされて、嫌とは言えまい。
そしてワタシは夫の協力と共に立ち上がった。
「お誕生日、16人お泊りパーティー企画」

 ケーキのオーダー、夕食、飲み物、朝御飯の買出し、
そして問題の寝具は、各自持参としてもらった。

 当日午後2時集合〜翌日午後2時解散まで
子供達は、アドレナリン噴き出しまくりの24時間を過ごした。


 女の子、みんな可愛い!



 我が家では、バースデーケーキに顔を突っ込むことを
絶対としている。

ネイル 

2008年06月24日(火) 17時56分
 ワタシ、未だ病気療養中の為、
もう久しくネイル業をお休みしている。
早く元気になって復活したいと思っている。

 今日は自分の爪をいじった。

インターナショナルスクール卒業。 

2008年06月22日(日) 17時43分
 セガレもこの春、この夏?小学校卒業となった。
6年間かよったサヌール・インディペンデント・スクールとも
今週でお別れだ。

 しかし特に卒業式らしきイベントはなく、
メインとなったのは「ダンスパーティー」だ。
これは、日本の小学校でいう「謝恩会」みたいなものだが、
親はほとんど関与せず、学校主催で行った。
親については「出席したい人だけどうぞ。」という感じ。

 子供たちは、随分前から心待ちにしていたようで、
先月のある日、セガレの携帯メールがしつこくなった事があった。
ワタシが「誰から〜?」と聞くと
セガレは「Aちゃんから。ダンスをB君とD君から誘われているんだけど
     どうしよう。どっちがイイと思う?」だと。
ワタシ、「で?何て返事したの?」
セガレ、「わかんない。」って返事した。
 
 「わかんない」とは、なんと間抜けな返事だ。
セガレというヤツは、女心を全く解ってない。
ワタシは淡々と説く。それはAちゃんからの
「セガレ君、私を誘って!」というメッセージである事を。

 コレは後で知った事だが、このメール事件の時、
すでにセガレは別の女の子を誘っていたんだと。

 それにしても、ダンスパーティーって・・・
誰が誘ったの誘われたのって、
昔観たアメリカ映画さながらの世界じゃないか。
 青春だねえ。にくいぞセガレ!


夜10時過ぎまで踊りまくり
大盛況に終わったダンスパーティー。
ジルバで女の子をクルクルまわしたそうだ。

場所はサヌールのクラブ‘セクター‘

ヌサペニダで ダイビング 

2008年06月14日(土) 22時29分
 今日、セガレはダイビングに行って来た。
彼は10歳の時に、ジュニア何とかというライセンスを取った
一応、ダイバーだ。



 「毛布ぐらいの大きさ」のブラックマンタ


 それにしてもセガレは、
ものおじしないと言うか、何も感じていないと言うか、
まあ、いい根性をしている。
今日も、全く初対面のオトナに交じって、子供一人で、
平気な顔をして「楽しかった〜。」と言っている。
 純粋?って事にしておくか。
 

本日ご一緒させていただいた方々。
お世話になりました。ありがとうございました。by母

バリ・インターナショナル・スクール・中学校 

2008年06月08日(日) 16時17分
 さて、不肖のセガレも今月13歳、中学一年生だ。
ペラペラならぬ‘へらへら‘だった英語も
もはや堂に入ったもので、去年は英検2級を取得した。
 今年8月の新学期からは、バリでも唯一だか唯二だかの
認可されたインターナショナルスクール、BISに入学する。

 BIS(バリ・インターナショナル・スクール)は、
小学校から高校まである大きな学校だ。
校舎はもちろんプールやテニスコート、バスケットコート等
設備も立派だ。ワタシもこんなステキなキャンパスで
若い時を過ごしたかったと切に思う。

 しかしながら、学費も立派なもので
バリの中学校の中では一番高いと思われる。
その額およそ年間100万円。お〜〜のぉ〜〜。
たのむぞセガレ〜。

 ところで先月、犬を買った。
ゴールデンリトリバーとラブラドールのミックスで
生後1ヶ月半の可愛い子犬だ。


 デンパサールにあるペットショップ、ではなく
犬市場で、道にいくつも置かれたオリの中で
ぎゅうぎゅう詰めにされて売っていた。
 約5000円也。


ご無沙汰しております。 

2008年06月08日(日) 16時14分
 長いこと病気をしていました。

 去年一年間で4回、手術をして、
病名は、クッシング症候群、
子宮の一部と副腎という臓器を一つ取った。
完治までは2年程要するらしい。

 ワタシは、
病気になった→治った→元気になったので更新します!
あくまでこの流れを理想としていた為
長いこと更新が出来なかった。

 今も尚、療養中ではあるけれども
最近になり、ブログの事が気になってきた。
まだ完治ではないけれども
まあ、ちょっと光が見えてきたという事だ。

 というワケで、久しぶりの更新であります。
今まで心配して下さった方々、
全く更新していないこのブログに関心を持って下さっていた方々に、
深く感謝とお詫びを申し上げます。

 ネイル業については、
来年の年明けを期に、再開出来ればと考えております。

 今後ともよろしくお願い致します。 

                       ゆみこ

田んぼが見たい 

2007年01月30日(火) 21時30分
 1月 某日

 明日からワタシ単身で日本へ、という日、
‘ドライブに行きたい!ウブドだ!’と思いたった。

 そして夫とセガレに、
「明日から一人で寂しい思いするのよっ。可愛そうでしょ。」と
言わんばかりに、(というか、言ったかもしれないが)
「田んぼが見たいの。」と提案した。
「はぁ〜?」夫は思いっきり顔をひん曲げている。

 この状況に最も適したセリフはやはり
「海が見たいの。」だろう。
‘田んぼ’ではセンチメンタリズムのかけらも無い。
しかし海は近すぎる。5分で着いてしまう。
いくら遠い目をして言ったところで
「ふーん、チャリで行ってくれば。」で終わってしまうに違いない。

 とりあえず、甘い物に目が無い夫は
「カキアン・ベーカリーのケーキ」で簡単に賛同してくれた。

 それにしても、到着したウブドのカフェ
「カフェ・ワヤン」のガゼボで、グースカ眠る夫、
DSにかじりつくセガレ、哀愁にふけるワタシ、
三人とも異次元に居るみたいだ。

 いいもんねー。生い茂る濃い緑と、マンゴージュースの
どぎつい山吹色を目に覚え、寒い日本に立ち向かっちゃうもんね。 


 ウブドでのんびりランチ「カフェ・ワヤン」
キレイで美味しいインドネシア料理がいただけます。

 本日の参考価格
「カフェ・ワヤン」ランチ一人予算・・・・・・・・・約1000円
「カキアン・ベーカリー」ショートケーキ・・・約 200円

フォトフェイシャル・その後 

2007年01月28日(日) 21時47分
 1月 某日

 正月明け、日本からバリに戻り
「やっぱりバリは呑気で良いわぁ。」なんて
浮かれていたのもつかの間、事情が変わり、
バリ滞在一週間でまた、日本にとんぼ返りすることになってしまった。
 しかもワタシ一人で。嫌!

 しばらくバリに戻れないかもしれないので
まずは、3週間に一度まじめに続けている‘フォトフェイシャル’に
行っておく。

 フォトフェイシャルというのは、以前このブログでも
「バリで美白」と題し、
非常に反響の大きかった話題の‘若返り光線’。
 5回ぐらいの施術が理想的といわれ、今回は4回目だ。
ネットで体験談などを検索してみたところ
「ハリ、ツヤがよみがえった。」とか、
「たるみが引き締まった。」などあったが、ワタシの顔に
その効果は全くみられない。残念だ。

 しかし、美白という一面ではどうだ。
元々、シミそばかす顔のワタシだが、その多大な数と色素は
三分の二ぐらいに減った気がする。気がするだけかもしれないけど。

 実際、色素の沈着した所が、薄くカサブタみたいに剥がれ落ちたりした。
ワタシの顔に最もその効果がみられたのは、皮肉にも
アートメイクしていた眉毛。あっぱれフォトフェイシャル。
あんなに痛い思いをしたというのに、
すっかりカサブタとなり、剥がれ落ちてしまったじゃないか。

 こんな事になろうとは。

日本か、バリか。 

2007年01月27日(土) 22時44分
 1月 某日

 年末年始をあわただしく日本で過ごし6日、バリに戻った。
日本滞在中は、日本には便利なものがたくさんあるし、何事も合理的だし、
スーパーのレジだってマクドナルドだって対応は実に速やか、
タクシードライバーだって、電話番号を聞いてくる奴などまず居ない。
パチンコ屋だって、年中無休でワタシを歓迎してくれる。
 和牛もタラバガニも美味いのなんのって、それは世界一だろう。

で、「日本の暮らしはいいね〜。」など思ったりする。

 バリに戻る。
その日の晩は、日本から持ち帰った大荷物も広げたまま、
力尽きて寝てしまう。
しかし翌朝目覚めると、荷物はきちんと片付いて、
山とあった洗濯物もすでに、万国旗のごとく外に干されている。
全てお手伝いのカルティニちゃんがしてくれた事だが・・・。
「これって魔法みたいだ。」など言いつつ
暑さに任せてプールに入る。泳ぐともなくプカプカ浮かぶ。
いい天気。前日の日本の冷たい雨が嘘みたいだ。

 嘘みたいといえば、ワタシの乾燥肌アレルギー、
冬の日本では3時間毎にかゆみ止めを塗らなければ
夜も眠れないが、こちらでは空港到着と同時に治ってしまう。

 午後、セガレはリトルリーグの練習に
ワタシは夫の大人野球に伴い‘チャングークラブ’へ。
チャングークラブというのは、リゾート気分いっぱいの
高級スポーツクラブ。抜群の景色の中で野球観戦。
併設のレストランでランチをいただく。
今日はラムステーキ。

 更にカルティニちゃんはこの日の晩御飯にと
ワタシの好きなインドネシア料理を何品も作り、持って来てくれた。
これ、彼女の‘おごり’だ。
その食材費、多分300円ぐらい、でもその300円は彼女の月給約6000円
から捻出された‘大金’だ。
あ〜、なんと愛おしいカルティニちゃん。

 日常、どうしようもない憤りを感じることも多いけれど
やっぱりバリは、青い空の下、のんびり呑気に暮らせる。

「バリ生活やめられないかも。」と、すぐに思い直る。

 
 ところでワタシは今、日本に居る。これが本日の本題。
ちょっと長くなってしまったので、本題は後日。


 飛行機から見た地上。

 
 ガルーダの機内食もお正月は‘おせち風’



P R
2008年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
アイコン画像SATOEHL
» インターナショナルスクール (2011年12月21日)
アイコン画像かみん
» ネイル (2011年04月25日)
アイコン画像もちもち さま さま
» フォトフェイシャル 三度 (2009年10月16日)
アイコン画像もちもち
» フォトフェイシャル 三度 (2009年10月11日)
アイコン画像zosan
» フォトフェイシャル 三度 (2009年06月19日)
アイコン画像ともとも
» ご無沙汰しております。 (2008年11月11日)
アイコン画像クララ さま
» お誕生日会 (2008年11月05日)
アイコン画像クララ
» お誕生日会 (2008年11月04日)
アイコン画像kokomamaさま
» フォトフェイシャル 三度 (2008年10月14日)
アイコン画像クララさま
» お誕生日会 (2008年10月14日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:baliyumiko
  • アイコン画像 誕生日:3月19日
読者になる
Yapme!一覧
読者になる