バリの市場の買物で成功するには 

August 02 [Fri], 2013, 14:14


市場では、
通常客と売り手との交渉により値段が決まります。

つまり、
値段は決まっていない
というのが普通です。

なので、
当然、現地語で値段交渉ができるぐらいの
簡単な語学力が必要になってきます。

バリ島では、日常生活では
バリ人同士は、バリ語を話していますが、
外部の人にはインドネシア語も使います。

なので、ここでの公用語は
インドネシア語ということになります。

さて、
インドネシア語の学習ですが、
ネットで、いくつか独習用教材が出ているようです。

「そんな一人で勉強するの面倒!」
って人には、スカイプを使って
簡単な会話を学習するやり方もあります。

その場合、
オーダーメードなので、
人に会ったときに交わす
最低限必要なあいさつや
市場での値切り交渉で必要な表現、語彙に
しぼって学ぶことも可能ですね!

レッスンは、スカイプの録音ソフトで
全部録音しておいて、
あとで聞きなおすといい復習になります。

録音ソフトは、
TapurやPower Gramoがありますが、
日本語表示がいいのならTapur、
MP3にしてiPhoneなどにインポートしたいなら
Power Gramoがおすすめです。

iPhoneのアプリに
ディクテーションとか便利なのがあるので、
必要なフレーズの録音だけ抜き出して
復唱する練習もいいと思います。

あ、ずいぶん話が飛躍してしまってごめんなさい。

「自分に必要な表現を習うレッスンは
録音しておいて絶えず復習する」


が学習→市場での買物を楽しむポイントです。
P R