テクノ歌謡曲。 

2005年02月28日(月) 12時49分
ここ最近、再発ブームのテクノ歌謡曲。それが”比呂魅郷の犯罪”。ホント、待ちに待ったCD化。昔、LP、吉祥寺の中古レコードで掘り出した頃が懐かしいです。超豪華メンバーにからむ、坂本龍一の歌心。ほんと快感です。裏メロが妙にソソリマス。同時発売のイエローマジック歌謡曲も買わねば。これを期に、いろいろとCD化してほしいです。

4AD 

2005年02月26日(土) 12時58分
続々とでてくる再発ブーム。

ってことで、今回お目見えしたのが、コクトー・ツインズ。

よく考えたら、4ADのちょっぴりデカダンな世界に思いを馳せたのも、
遥か彼方の、OVER THE RAINBOW。

他にもDEAD CAN DANCEの静謐な音の階梯なんかに、ちょっぴり
神秘を感じちゃったりしました。

今もご健在なのかしらん。

BILL EVANS WITH SYMPHONY ORCHESTRA 

2005年02月19日(土) 13時02分
これはBILL EVANSの作品では決して代表作ではありませんが、なかなかよいです。
っていうのも、わが敬愛するクラウスオガーマンがアレンジを手掛けてて、絶妙なオーケストレーションを聴かせます。個人的にはジョビンの一連のアレンジよりはこっちの方が、お気にいり。もう、これはジャズの域を超えた彼方のクロスオーバー。

HEROES 

2005年02月03日(木) 9時00分
”HEROES”。

いわずと知れたデビッド・ボウイのベルリン録音作品。
プロデュースはブライアン・イーノ。

これをはじめて聴いたのは、中学生の頃。当時、インドネシアに住んでた僕はこのアルバムのカセットを場末で手にした。今から20年ぐらい前。当然、海賊版で曲順もめちゃくちゃ。
でも、初めて聴いたロックだった。ジャケットもかっこよかったし。

この後、"LOW"を聴き、その当時流行っていた"LET'S DANCE"とかを聴いた記憶が。

当然、このアルバムもその5年後ぐらいに、吉祥寺の新星堂で買い直しました。

そんなロックの思い出。

逃げ去る恋。 

2005年01月30日(日) 9時16分
トリュフォーの”逃げ去る恋”。

これは”大人は判ってくれない”から続く、トリュフォーの自伝的映画、アントワーヌ・ドワネルものの総集編。もう何回観てるやら。

もうはじめのタイトル曲からやられます。


是非、季節の変わり目に。

戦場のメリークリスマス 

2005年01月23日(日) 16時37分
僕のすべてを、くるわせた一枚。
多分、人生の1曲といったら、これ。僕の原初体験とともに、原点があります。

同名映画の1983年発売のサントラ。

この曲をはじめて聴いたのは、リアルタイムではなかったけど、中学の頃。
初めて、音の宇宙を意識し、ステキな旋律にただ、ただ涙しました。

僕はこの曲にアジア的良心を感じ、バリ島の棚田に思いを馳せます。

僕のスクラップブック 

2005年01月19日(水) 12時55分
常、日頃、働いてると、日々雑記をまめにブログにアップデートするのは難しいものです。

ということで、これからは継続は力ってことで、淡々と映画、音楽、本についてつれづれに綴っていくことにします。

我が敬愛するJ.Jこと、植草甚一さんへのオマージュって、そんなスマートで、かっこよくないけど。

ということで、スタートです。

2005.01.15 

2005年01月15日(土) 15時25分
やり切れない感が日々募り、やっときた束の間の週末。そして、朝から雨。

こんな日は、そんな感じの音楽を、ってことで、レディオヘッドを聴く。
"OK COMPUTER"、ほんと、OK。どの曲も言うことなし。最近のエレクトロニカ志向よりはやはり、この辺がグッときますって、涙腺ユルユル。

”ガーゴイル”のサントラもいっしょにチョイス。あの映画のビンセントギャロに劣らない、どうしようもない感で、そんな気分にかなり浸れたりして。逃避願望。

昨日、APCでちょっとよさ気なシャツがセールで売ってたので、勢い任せて、日頃の腹いせにゲット。

で、今日は溢れんばかりのストレスの洪水流しに、この寒い中、近所のジムへGO、GO、HEAVEN。

2005.01.11 

2005年01月11日(火) 22時52分
坂本龍一のDVD BOXを今日、やっと全部、見終わる。ちなみに、これは80年代の映像の集大成、6枚組。

とにかく、トンガってた教授がかっこいい。

ジョンケージへのインタビュー、ナムジュンパイクとのダイアローグ、つくば博での浅田彰とのコラボ等、当時のアカデミズムとそれにたゆたうサブカルの波。

これから20年近い月日が経ってるなんて、一体、時代ってなんだろ、なんて思ったりする今日、この頃。

2005.01.10 

2005年01月10日(月) 11時30分
静かな月曜。今日も青空。

部屋の出窓に置いてあるインドアグリーンが気持ちよさげ。イグサ科?のラセンイも、たっぷりの水を湛えて、らせん状に伸びた茎は何処へ、なんて感じで今日は万事快調。



この前、増村保造の”くちづけ”を観た。
川口浩と野添ひとみの行き場のなさと、イタリア映画の影響そのまんま、フェリーニかと見まがう程のコンポジションとの、行き交うベクトルが心地よく、増村映画のトリコロール。
2005年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
■プロフィール■
Home_H
★ 東京都在住
★ AGE 31
★ おとめ座のO型
★ 趣味:映画、読書、散歩、音楽鑑賞、ミニマルなもの
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:balihai
読者になる
Yapme!一覧
読者になる