服装自由の転職活動! 

March 26 [Fri], 2010, 5:55
転職は人生の重要な転機です。
そのときに最近ベンチャー転職記事でよく見かける
「服装自由」を掲げている企業であっても
軽装で面接に行くというのは必ずしも正しいことではないでしょう。
きちんとしたスーツとネクタイをを着用していくことが絶対です。
その中でもアパレル関係の企業であれば、その会社の製品を
ワンポイントでも身につけていくことはいいアピールになります。
 
ベンチャー転職/ベンチャー求人なら@ベンチャー社員
ベンチャ−求人/ベンチャー採用なら求人広告ベンチャー転職

 

仕事でこそ、人は育つ。苦しい時こそ、前のめり。プロフェッショナル 仕事の流儀ベンチャー企業経営者 南場智子の仕事【ポイント10倍!!】【10P16mar10eagles】

仕事でこそ、人は育つ。苦しい時こそ、前のめり。プロフェッショナル 仕事の流儀ベンチャー企業経営者 南場智子の仕事【ポイント10倍!!】【10P16mar10eagles】

携帯サイトで若者に驚異的な人気を誇るソーシャルネットワーキングサービスがある。

1日のページビューは2億以上。

この超人気サイトを仕掛けたのが、ベンチャー企業経営者・南場(智子(44歳)だ。

8年前に5人で起業した会社は、今、携帯ネットビジネスの世界で快進撃を続ける。

南場は社長として常に「前のめり」な姿勢を貫く。

新規事業を次々と仕掛け、競争の激しいIT業界を生き抜いてきた。

新しい企画を考える社員たちの話を聞くとき、南場は大切にしていることがある。

それは、小さなことでも、面白い芽があれば、提案者以上に前のめりに考えることだ。

未熟な部分は、後に議論をつくし実現化に向かわせればいい。

まず最初に組織のトップが一番前のめりになることで、社員たちの気持ちを盛り上げ、アイデアを豊かにさせる…。

経営者・南場に密着し、南場流仕事術と人材育成の秘密に迫る。

(2007年3月8日(木)NHK総合テレビにて放送)
●特典映像収録!ゲスト未放送インタビュー/テーマ曲「Progress」紹介/第III期・全10巻のラインナップキャスター:脳科学者・茂木健一郎/住吉美紀アナウンサー*本編約43分+特典31分マッキンゼーのキャリアウーマンから、ベンチャー企業経営者へ?。

21世紀を代表するIT企業を率いる凄腕の日常を追う?。


プロフェッショナル 仕事の流儀 ベンチャー企業経営者 飯塚哲哉の仕事 リスクを取らなきゃ人生は退屈だ/ドキュメント[DVD]【返品種別A】

プロフェッショナル 仕事の流儀 ベンチャー企業経営者 飯塚哲哉の仕事 リスクを取らなきゃ人生は退屈だ/ドキュメント[DVD]【返品種別A】

品 番:NSDS-10718発売日:2007年04月27日発売割引期間:2010年03月31日23時59分まで 15%OFF出荷目安:1?2週間□「返品種別」について詳しくはこちら□品 番:NSDS-10718発売日:2007年04月27日発売出荷目安:1?2週間DVDその他発売元:NHKエンタープライズ「プロジェクトX」に続くNHKのドキュメンタリーシリーズ「プロフェッショナル 仕事の流儀」を収録。

今作は他の会社との提携戦略を重視する経営者、飯塚哲哉にスポットを当て、時代と格闘しているプロの“仕事”に迫る!制作年:2006制作国:日本ディスクタイプ:片面1層カラー:カラー映像サイズ:アスペクト:16:9映像特典:ゲスト未放送インタビュー/テーマ曲「Progress」紹介/第II期・全10巻のラインナップ音声仕様:ステレオ日本語字幕収録情報《1枚組》プロフェッショナル 仕事の流儀 ベンチャー企業経営者 飯塚哲哉の仕事 リスクを取らなきゃ人生は退屈だ出演ドキュメント

ベンチャー企業第3版

ベンチャー企業第3版

商品副データ日経文庫松田修一日本経済新聞出版社この著者の新着メールを登録する発行年月:2005年08月登録情報サイズ:新書ページ数:222pISBN:9784532110697
【内容情報】
(「BOOK」データベースより)2006年施行新会社法に対応。

有限会社の廃止、最低資本金の撤廃など法制度の改革から起業家の特徴、資金調達まで全体像をわかりやすく解説。


【目次】
(「BOOK」データベースより)1 ベンチャー企業とは(ベンチャー企業と起業家/ベンチャーブームの歴史 ほか)/2 ベンチャー企業の成長マネジメント(ベンチャー企業の自己脱皮/ベンチャー成功の九原則 ほか)/3 資金調達とリスクの回避(ベンチャー企業の資金調達とは/ベンチャー企業の株式上場 ほか)/4 ベンチャーキャピタルと支援インフラ(ベンチャーキャピタルとは/投資事業組合とは ほか)/5 ベンチャーにかかわる法律問題(会社設立・機関設計に関する法律/株式会社の機関に関する法律 ほか)
【著者情報】
(「BOOK」データベースより)松田修一(マツダシュウイチ)1943年山口県生まれ。

66年公認会計士試験二次試験合格、72年早稲田大学大学院商学研究科博士課程修了。

73年監査法人トーマツ(旧サンワ事務所)入所、社員として中堅・ベンチャー企業のコンサルティングに従事、86年早稲田大学アジア太平洋研究センター(旧システム科学研究所)助教授、91年同教授。

93年早大アントレプレヌール研究会を発足、代表世話人に就任。

現在、早稲田大学ビジネススクール(大学院アジア太平洋研究科)国際経営学専攻MOT(技術経営)担当教授。

商学博士、公認会計士。

日本ベンチャー学会会長、早大アントレプレヌール研究会代表理事。

ウエルインベストメント(株)取締役、他数社の取締役・監査役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。

本 > 新書> 人文・思想・社会

中小企業・ベンチャー企業論

中小企業・ベンチャー企業論

商品副データ有斐閣コンパクト植田浩史有斐閣この著者の新着メールを登録する発行年月:2006年03月登録情報サイズ:単行本ページ数:287pISBN:9784641162556
【内容情報】
(「BOOK」データベースより)日本経済の活性化を担っていく存在としてものづくり中小企業やベンチャー企業に注目が集まっている。

グローバル化、情報化、ネットワーク化のもと自立的発展を模索する中小企業の実態を記すとともにベンチャー企業の育成について考察する。


【目次】
(「BOOK」データベースより)中小企業・ベンチャー企業を学ぶ/第1部 日本経済の発展と中小企業(経済発展と中小企業?戦前から高度成長期まで/経済構造の変化と中小企業?1970年代から現在まで/中小企業政策の展開 ほか)/第2部 自立的発展を模索する中小企業(下請システムと中小企業/産業集積と中小企業/グローバル化と中小企業 ほか)/第3部 ベンチャー企業を考える(ベンチャー・ブームとベンチャー企業観の変遷/ベンチャー企業・アントレプレナー/ベンチャー・マネジメント ほか)/中小企業・ベンチャー企業論の発展のためにこの商品の関連ジャンルです。

本 > 

ベンチャー企業経営論

ベンチャー企業経営論

金井一頼/角田隆太郎有斐閣この著者の新着メールを登録する発行年月:2002年04月登録情報サイズ:単行本ページ数:285pISBN:9784641161351
【内容情報】
(「BOOK」データベースより)ベンチャー企業に必要な戦略、組織、マーケティング、ファイナンスなどの知識を提供。

ビジネスプラン作成に便利な理論的実践書。


【目次】
(「BOOK」データベースより)第1章 ベンチャー企業とは/第2章 起業家とベンチャー企業/第3章 起業のプロセスと成長戦略/第4章 組織のマネジメント/第5章 ベンチャー・ファイナンス/第6章 マーケティング戦略/第7章 起業家の育成/第8章 インキュベーション/第9章 会社設立と起業の実践
【著者情報】
(「BOOK」データベースより)金井一頼(カナイカズヨリ)1949年北海道に生まれる。

1981年神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了。

現在、北海道大学大学院経済学研究科教授角田隆太郎(ツノダリュウタロウ)1953年岡山県に生まれる。

1988年神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了。

現在、立命館大学政策科学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。

本 > 

質問内容
ベンチャー企業への就職についてです。4月から高3(工業高校)の男なのですが、高校卒業後ベンチャー企業への就職を考えております。それで、求人サイトなどを覗いてみたのですが、いまいち見方がわかりません。そして、給与や待遇や休日休暇(完全週休2日制など)など、どこの会社もすごく良いと感じるのは、私だけでしょうか?やはり、実際とは、極端に違ったりするのでしょうか?あと、高卒でベンチャー企業への就職は、よくあることなのでしょうか?将来は、グローバルに働く職種に就きたいと思っています。よろしくお願いします。

  • 回答数 : 1

  • カテゴリ : 職業とキャリア|就職、転職|就職活動

  • 投稿日付 : 2010/03/04 18:22:15

[続きを読む]


質問内容
こんな社長・・どうすれば変わる?みなさんが私の立場だったらどうしますか?社会人経験3年目の社長(それまではフリーター)で”自分はできる経営者”だと思っている。口癖は「経営者っていうのは〜」「オレからしてみると〜」です。かなり参っています。私は現在社会人経験5年目です。3年目(課長)のとき社員数5人のベンチャーに引き抜かれ、2年で500人企業に成長し部長になりました。これをきっかけに再度小さい企業を大きくしてみたいという思いにかられ、前々から声をかけていただいていた社員2人の企業にお世話になることにしました。社長は私より年上です(5つ)しかし入ってびっくり、社長のワンマンさや自意識過剰さに疲れるばかりです。立場が違えば知識や能力、経験のいかんに関わらず”部下”なのかと絶望的です・・・「社会人とは・・」から教えようとしてきます。それも自分の思いより”ぬるい”し”軽い”「オレって外ではすごい謙虚だよ」「真心ではだれにも負けない」とか・・そんなこといっている時点で謙虚なはずはなく。。「今までの組織より大変だと思うよ、一から作っていくようなものだから」など確実に今の企業の方がぬるいわけで、私は「・・・」となってしまいます。数ヶ月を共にしてきて確実に思うことは、以前の企業でしたら今の社長クラスは確実に部下でした。これを、いい加減伝えてしまおうかとも思うのですがいかがでしょうか?企業としても就業規則もなく(常時10人はバイトもいます)、残業代もなく(年俸制には含まれいると思っている)、社会保険もない(聞いたら金がかかるから)あきれて何もいえません。もちろんこの企業は社長の城です。しかし、業界NO,1というでっかい夢がある以上、一回誰かに落とされたほうがいいのではないでしょうか?下だと思っている自分にでも。。業界の経営者の集まりなどに行っているだけで自分もそっちの仲間入りをしたと思っているのです。もちろん自分もそんなことを言える身分でもないし経験もないのは重々認識しているつもりです。しかしこの状況を変えるためにまじめに悩んでいます。どうか辞める以外の社長を変えるためのアドバイス、意見をお願いします。

  • 回答数 : 2

  • カテゴリ : 職業とキャリア|労働問題、働き方|労働条件、給与、残業

  • 投稿日付 : 2010/03/04 4:01:40

[続きを読む]


質問内容
ベンチャー企業と普通の企業の違いは何ですか?

★ベストアンサー

ベンチャー企業を、普通の企業と比較すると、下記の特徴があります。・旺盛な企業家精神をもつ経営者に率いられている。・独自の技術に基づいた製品・サービスを有している。・新規市場を開拓している。・独立の中小企業である。・柔軟で機動力がある。しかし、普通の企業と比較すると、下記の弱みがあるケースが多いです。・資金調達力がない。・専門的知識を持った人材が不足している。・マーケティング力や財務管理力などの経営管理面が弱い。・情報収集力に欠けている。

  • 回答数 : 1

  • カテゴリ : ビジネス、経済とお金|企業と経営

  • 投稿日付 : 2010/03/02 17:05:16

[続きを読む]


P R
最新コメント
2010年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:baito02
読者になる
Yapme!一覧
読者になる