15日、県内は春らし安倍晋三首相が15日に交渉参加を正式表

March 18 [Mon], 2013, 12:31
 15日、県内は春らし安倍晋三首相が15日に交渉参加を正式表明した環太平洋パートナーシップ協定(TPP)農林水産業が主要産業の一つである県内では関税撤廃による生産額の減少など1次産業への影響を懸念する声が高まる一方、製造業者の中には輸出活性化への期待感もある

 「絶対反対」金ケ崎町西根の専業農家、坂井清幸さん(63)は語気を強める水田と原木シイタケの栽培で生計を立てるが、福島第1原発事故の影響による放射能汚染を巡る風評被害で、シイタケは3割の減収そんなところにTPP交渉参加が持ち上がった
 県が11年10月に公表した試算では、仮にすべての品目で関税が撤廃された場合、最も影響の大きいコメは596億円、農林水産物全体の生産額は年間1682億円の減額となる坂井さんは「関税が撤廃されれば、米価が下がり、農家だけでなく営日本では幅広い年代に人気のスポーツといえば野球だそんな野球をテーマに、地域活性化に取り組む町もある

 そんな町の一つに、四国の徳島県東部にある「阿南(あなん)市」があげられる

 阿南市が、野球で町を活性化させようと取り組み始めたのは2007年であったきっかけは、この年の5月に市内に完成した「徳島県南部運動公園野球場(愛称:JAアグリあなんスタジアム)」だったこの球場のフィールドは黒土と天然芝、ナイター設備も完備両翼100メートル、中堅122メートルあり、甲子園よりも広い阿南市では、さっそく「野球をするなら阿南市で」を合言葉に「野球のまち構想」に着手した以来、2010年には野球のまち推進課も創設され、全国の野球愛好者に向けての誘致活動に励んでいる

 例えば、1泊2日で1名1万2,000円の「野球観光ツアー」は、試合と観光がセットになった旅行プランだ試合で使用するのは、もちろんJAアグリあなんスタジアムさらに対戦相手や審判員の手配から、試合中はスコアボードには出場選手名が表示されるバッターボックスに向かう際には、ウグイス嬢による選手紹介もあるまた野球にちなんだ名産品の開発も盛んだ1箱9個入り950円の和菓子「球(きゅう)」は、卵の黄身を混ぜたあんに生クリームと練乳を加え、アンズを包んで焼いたもの

 そんな努力のかいもあり、2011年に阿南市を訪れた宿泊客ののべ人数は、前年と比較して2倍の約4,000人となったさらに2012年末には、日本プロ野球選手会より同市を応援する旨が発表された野球で町おこしという、阿南市の取り組みは順調に進んでいるようだ

 ところ変わって、北海道夕張郡の栗山町に注目してみよう

 今年、北海道移転10年目を迎えたプロ野球チームの日本ハムは、道内各地の町おこしを応援するプロジェクトをスタート栗山町と、現在日本ハムの監督である栗山英樹氏とは、監督就任以前から親交の深い町だ同姓が縁で、同町の観光大使でもある栗山氏は、2000年に東京から栗山町へ移住2002年には、私財を投じて「栗の木ファーム球場」を作った球場のイメージは映画「フィールド・オブ・ドリームス」の舞台となった畑の中にある球場だ内外野には天然芝が敷き詰められ、外野フェンスはトウモロコシやヒマワリと、まさに映画に登場した球場そのものだもちろん実際にプレー(使用料無料、要予約)することもできる

 これから本格的な誘致活動が始まる季節となる各自治体は昨年以上の成果を出せるか、注目が集まる農組合などの組織も立ちゆかなくなる交渉参加は地獄の釜のふたを開けるようだ」と警戒する
 一方、国内消費が冷え込む中、輸出に活路を見いだす製造業者からは、交渉参加を歓迎する声も聞こえる
 県の特産品の一つ南部鉄器を製造する「岩鋳(いわちゅう)」(盛岡市)は、7〜8年ほど前から、アメリカやヨーロッパ各国、中国などへの輸出に力を入れてきた一般的な急須だけでなく、フライパンなどのキッチン用品も人気で、今では輸出は全売り上げの5割ほどを占める同社の福村勲専務は「関税撤廃の対象になれば、輸出先で安く商品を販売する土壌ができる」と期待 15日、県内は春らしい陽気に包まれた最高気温は、甲府で15.2度と平年を1度上回った

 1329世帯、3833人(1日現在)が生活する上野原市のニュータウン「コモアしおつ」の店舗「ファーマーズコモア」では、彼岸用の菊の花や切り花が店頭を飾った彼岸での訪問用品にもなる市内の棡原(ゆずりはら)で作られた特産品「長寿こんにゃく」「長寿みそ」も並ぶ
 彼岸用の花を選んでいた大月市梁川町の梶原美千子さん(65)は「この季節になると去年3月に亡くなった友人を思い出します」と言い、東京都から大月市富浜町に越してきて4年目の庄司有紀さん(35)は「東京に住んでいた当時より、季節を感じます」と話した
 17日は彼岸の入り、20日は春分の日、22日は選抜高校野球大会の開幕と、春は駆け足感をにじませる
 達増拓也知事は「国に農林水産業の再生・強化を図る施策を講ずることや、復興途上にある被災地の活力を低下させないよう配慮することを求める」との談話を発表した
 1329世帯、3833人(1日現在)が生活する上野原市のニュータウン「コモアしおつ」の店舗「ファーマーズコモア」では、彼岸用の菊の花や切り花が店頭を飾った彼岸での訪問用品にもなる市内の棡原(ゆずりはら)で作られた特産品「長寿こんにゃく」「長寿みそ」も並ぶ
 彼岸用の花を選んでいた大月市梁川町の梶原美千子さん(65)は「この季節になると去年3月に亡くなった友人を思い出します」と言い、東京都から大月市富浜町に越してきて4年目の庄司有紀さん(35)は「東京に住んでいた当時より、季節を感じます」と話した金ケ崎町西根の専業農家、坂井清幸さん(63)は語気を強めるヴィトン 長財布 新作金ケ崎町西根の専業農家、坂井清幸さん(63)は語気を強めるサングラス オークリー金ケ崎町西根の専業農家、坂井清幸さん(63)は語気を強めるルイヴィトン トートバッグ ダミエ
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/baisdfow/index1_0.rdf