今夜、私まくらにして,君の名前

March 18 [Tue], 2014, 16:02
三月は本来、花の季节である。今夜、窓の外はと立ち上った冬の雨が降っていた。孤独の夜、私は常々で一人で座ってぼんやりしていることに対して、照明と密かに溜め息をついた。頻繁では忘れた縁で、数えた昔のところがなくて楽しい時間を過ごしている。
この孤独な雨の夜を開けて、记忆にそんなが手を取り合って歩いたことがあった歳月急速に胸が痛んだ。どこもかしこもの無念と迷い、今夜の春雨に仂の嘀嗒で長い間呼吸を合わせている。
钟の音でも、止まらずに相互せめぎ揺れ动いて。钟の音淅沥を作曲し、ちょうど私のあなたに対する懐かしさはすでにを注入した。

河水があなたの目の前の笑颜、それらに古い昔山積みにされていた。懐かしいです;まだその壁に挟まれ、心も、心の奥へ漂ってきてブランコに行きたいのですが。気が散って一つ一つ思い引っつかみ、軽いの舞、ジャンプ、揺曳して、铸就の底には、限りがないをしのんだ。
この乍暖还寒の三月か分からないまま、远方のあなたはいかがでしょうか。以前あんなに確固としているのだろうと思って、私达はまた明日があるだろう。――だが、現実を切りつけた欲求、运命ズタズタにし、全体の春だった。
この爱がないかもしれないけど、俺は相変らず渺茫杳があなたのために守じゃ不老の誓いの言叶です。夜空の際、懐かしさの源はいつもが利かなくなっていた自由が出没している。
孤独の夜、私は相思に取り囲まれて;寂(さび)しさを侣で、あなたになって,私の人生懐かしの恋をした。――しようがないこと、ここ数年、のびのびとあなたの頃の約束を心で、あなたのために画地为牢だった。はだように爱を込めたにもなった。

あれらの苦楽をともにして、相儒は泡の歳月、心の底で轮をうろうろせず、まるでは昨日。
再び選択ことができるなら、私はあなたを落としそうはならない幸せと私を逃してしまった。でも生活にもし。
痛みを伴うことが幸せであろうと、私は引き続き風雨にさらされたことがあなたのために时计です。
あなたに言った:"あなたの私の脈を永远に繋がっている。ねえ、人生が完璧ではないにもかかわらず、美しいです。あなたはまた「宿命のようなものは确実に私たちの头は。天が配置された私达の出会いだった」と話した。最后の私达は紛失は岬と陸地の……

今、あなた)√」感知できるかどうか私远方つぶやきの欲しいですか?まだあなたは私达の约束を忘れたのではないだろうか。私は爱するのが少し柔らかかった深いです!ならば、どうして、外に出られないあなたの絵の轮のだろうか。未来の日のこと、わたしはどうやって編んだあの君のいない梦だよ……
あなたを覚えている」と言ったことが、「もし忘れることができないならば、それが再開された」と明らかにした。また始められないんだけれど、本当ですか?私は夢見たかもしれない。
时々频繁に、なんて思って苍天はどうして私を付けに残しておいた沼地の中で、なぜ私たちの爱を座礁しましたか?仆は君の时间の洪水の中で、だんだんに転身しなければならない。

亲爱なる、あなたも知っている我が心の痛みますか?君に、もしあなたがまだ残っているのですが、私はあなたと一绪に一度行きする恐れがある。あなたと一绪にその絵のような田园の风景、まだその山水楼蘭のと、その古城の地。
私はましまの憧れとあなた共赏あの一路、美しい風景だ。あの满山遍野、花、花、穏やかな、サンサンわhydeさんです、自在に安易な淡泊な生活をしている。
惜しいに冷める気質を直せず、その願いが仆の永遠なることがあります!私は、このなかった絆が胸の奥のほうだった。
私たちも取りつけなければならないかもしれない人生理想が交錯した。うらやましくない、あなたは、私は神経を高ぶらだった。今夜、私まくらにして,君の名前、悩み事眠りについた。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:baichengjun
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/baichengjun/index1_0.rdf