眼瞼下垂について

August 02 [Thu], 2007, 16:17
ここ数年更新していなかったので削除したHPに
アップしていたものです。
今でもたまに問い合わせメールをいただく事があるので
治療記はこちらに転載しておきました。
私が手術してから4年もたっているので、現状とは異なる
部分があるかもしれません。

+++++++++++++++++++++++

2003年5月、眼瞼下垂の手術を受けました。
この病気をネットで知り手術を決めるまで、また術後も
関係のHPや掲示板に助けられました。
私の体験もまとめてみましたので、興味のある方はご覧下さい。
(私は後天性の眼瞼下垂です)

眼瞼下垂の症状等については下記のサイトが詳しいです

慶友形成クリニック
今井皮フ形成外科クリニック
菊名形成外科皮フ科クリニック

眼瞼下垂1

August 01 [Wed], 2007, 15:14
2003.5.9
ずっと迷っていたのだけど、思い切って病院に行ってみる事にした。
眼瞼下垂。
この言葉を知ったのはたしか一昨年だっただろうか。
目の病気に関する掲示板だった。
その時は「眼瞼下垂?私には関係無いや・・」と思っていた。
が、去年コンタクトの検診で行った眼科で看護師さんに
「眼をぱっちり開けてください」と言われ
自分ではパッチリ開けているつもりなのに、繰り返し同じ事を
言われて、最後には看護士さんに瞼を持ち上げられてしまった時
「あれ・・なんで?」と不安を感じ始める。

そして、久しぶりに会った知人や親族等に「目が変じゃない?」と言われ
ある日 力を入れずに普通に目を開けて 鏡を見、激しい衝撃を受ける。
上瞼が弧を描いておらず、まっすぐ、というか特に右瞼は斜めに
垂れていて、(私はどちらかというとつり気味の目だったのに・・)
目は以前の半分以下の大きさしか露出していなかった。
「目つきの悪いあんた、誰?」って感じ。相当やばい。
今まで鏡を見るときには思いっきり力を入れて
めいっぱい目を見開いていたので気が付かなかったのだ。

もしかして?と思い眼瞼下垂について調べてみると
自分がずっと苦しんで来た症状とぴたりと合う。

眉をつりあげ、力を入れて無理に眼を開いている。
私の場合は、正面や上を見るのがつらいというか
顎を上げないと見られない。
無理に顎を引いたまま見ると眉間やおでこがしわだらけ。
常時顎を上げているので首の後ろ〜肩がパンパンになる。
すぐに目が疲れ頭が痛くなる、下を見ているのが一番楽、等。
最近は映画を見るときも頭を左右に曲げて見ていた。
↑頭を傾けると瞼の重みが軽減される。

原因は老化やコンタクト等の刺激で瞼のスジが外れてしまい
瞼が下がってくる為。
(瞼を引っ張って外すハードコンタクトも一因らしい)
また、目をこする癖等も下垂の原因になる。

ネットで調べてみると、眼瞼下垂の手術には以下の問題点があった。

★手術を受けられる病院が限られている。
 一番有名なのは信州大学病院らしい。でも、信州・・遠い。
 なにかあった時に簡単に通院できる距離じゃない。
 他に関東だと2カ所、信大方式の手術を受けられる病院があるが
 現在患者さんが殺到して手術待ちに何ヶ月もかかるとか。

★術後の腫れがひどく、しばらくはひきこもり生活になる。
 実際に手術を受けた方の体験記や術後の写真を見ると
 かなりスゴイ腫れ。
 瞼に真っ赤なミミズがはりついた様な感じだった。ひぃ〜
 病院から帰る時は帽子&サングラスが必需品。
 個人差もあるが、1ヶ月経っても赤みが引かない場合もあるそう。
 しかし仕事をしていない今だからこそ手術を受けるチャンスなのでは
 ないかとも思う。働いている方はとても苦労された様だ。
 
★手術後、症状が改善されず、失敗だったと思っている人もいる。
 勇気を出して、お金と時間を使い、痛み等にも耐えて失敗じゃぁ・・。
 また、瞼が上がりすぎて寝ているときに目がきちんと閉まらない
 例もあるそう。

★手術を受けると外見が変わってしまう。
 瞼を切開するので二重瞼になってしまう。
 私は元々奥二重だが、くっきり二重になったらイヤだ。
 今まで整形して二重瞼になりたい!と思った事もないので
 自分の長年見慣れた顔が変わってしまうのは抵抗がある。
 しかも、二重がイヤとかのレベルではなく、とんでもない変な目に
 なってしまい、手術を激しく後悔している人もいる。

★コンタクトを使い続ければいずれはまた下垂してしまう。
 とは言っても強度近視のためコンタクトは必需品。
 体験記によると、術後はコンタクトを外すときに瞼を引っ張る方式
 ではなく、スポイトの様な器具を使って外す様にすると良いらしい。

眼瞼下垂2

July 31 [Tue], 2007, 15:31
特に急を要するものでは無いしと、ぐずぐず考え続け
(失敗したら?今だって何とか生活してるじゃん!とか)
でもやっぱりつらいし、このままじゃあイカンだろうと思いながらも
手術に半年待ちかよ〜 病院は遠いし〜と、いつものようにネットで
情報収集をしていたら、最近開院した信大方式の手術を受けられる
クリニックを発見。場所も他の病院よりずっと近い。
この病院の情報は今のところ全く無く、ちょっと不安もあったが
早速予約を入れて行って来た。

予約時に「1時間に6人入れてます」と言われたので
えーっ1人10分?ちゃんと説明してくれるのかなーと
不安を感じたが、先生は素人の私にも分かるように図を書いて
詳しく時間をかけて説明をして下さった。
下垂の患者が訴える諸症状(頭痛・肩こり・便秘・冷え性・不眠等)は
今まで3分の2の方は改善が見られたそうだ。
やっぱり何も変わらないよ!と思った人もいらっしゃるんですね…
目がパッチリ開くだけでもだいぶ楽になるのでは?
と思うけどどうなんだろう。

見た目が変わってしまうのに抵抗がある人も特に若い人に多いそう。
やっぱこの年になっても思うのだから若い人はなおさらそうかも。
下垂する前の状態に戻れば一番いいのだけど、傷の治り具合等で
なかなかそうもいかない場合もあるそうだ。
左右で開き具合が違ってしまうと、その場合は修正手術になる。
瞼の形が決まるのに、術後数ヶ月〜半年かかるので
修正はその後になる。
1回でうまく行かなかったら長い道のりになりそうな感じ。

私の場合重症では無いが、放っておくと重度下垂の可能性があるそう。
診察は目や眉の動きを見たり、眉を押さえられたまま
目を動かしてみたりというもの。
正面向きで目だけ上を見ている写真を撮るときは
苦しくて首の後ろがじーんとした。
これじゃあやっぱり手術を受けた方がいいかもと思う。

ほぼ、手術を受ける気持ち80%位になっていたが、その場で
手術日を決める勇気が無く、術前の血液検査だけ受けてきた。
まだ開院したばかりなので、今だったらすぐに手術を受けられるそうだ。
なので電話で予約を入れたら次回は早速手術という事に。げげっ。
半年待ちかよ〜とむくれていたのにもかかわらず
いざすぐに手術と言われるとビビる自分。小心者ッス。

高校生の頃、瞼の裏に出来た脂肪の塊を切る手術をした事がある。
手術と言っても全部で20分位の簡単なものだったと記憶してるが
場所が場所だけにものすごい恐怖で(←へたれ)失神寸前だった。
術中は看護婦さんがずっと手を握ってくれていて、終わった後も
顔色が悪かったのでしばらく休んでから学校に行った。
下垂の手術は片目約40分。
ってことは1時間以上耐えないといけないんだ。
大丈夫だろうか・・。

眼瞼下垂3

July 30 [Mon], 2007, 15:38
2003.5.19 手術当日

とうとうこの日がやってきた。
2時半に病院に着き、手術は3時から。
手術時の注意事項に昼食は食べて良いと書いてあったので
家でカップのインスタントパスタを食べる。
普段は大食いなのにあんまり食欲が無い。緊張しているのかも。
が、術中にお腹が鳴ったら恥ずかしいので無理矢理完食。

病院に着くと、診察室で写真を撮る。
パソコンで写真を見ながら先生の説明があったが
今回の写真には眉間にしわが寄っている。
これは眼瞼下垂とは違う病気が加わっている可能性もあるので
下垂の手術をしても症状が改善しないかも?と言われる。

確かに眼瞼下垂の人は皆眉をつり上げて目を見開いている。
私もそうだ。
でも、パソコンやTV、景色等を見るときは眉を上げて顎を出していても
近い距離で、同じ様な目線の人と話すときは顎を上げられない。
それで、正面を見るときには眉間に思いっきり力を入れて
無理矢理目を開くクセがついたのだと思う。
その後、症状を検討し、結局手術を受けられる事になる。
「違う病気かも」と言われた時は「そ、そんな…」と
激しくトホホな気持ちになったので、少しほっとする。

私の場合は目頭も切開しないと不自然な瞼になってしまうそう。
目頭の下の方を指して「ここまで切ります」と言われ
内心「ぎょえーーっ、そんな所まで!」と動揺するが
専門の先生がそう言われるのだから間違いは無いんだろうと
気持ちを落ち着ける。

説明終了後、手術室の隣の部屋で術着に着替え手術台へ。
顔の上にはよく病院ドラマで見る丸いライトがある。
点滴の針(非常時に使用)、血圧計、心電図のコード等をつけられ
手術の準備が進められて行く。
だんだん怖くなって来て「どうしよう・・やっぱりやめればよかった」と
不安と恐怖で手のひらにはじっとり冷や汗(弱虫)

手術が始まると腹式呼吸を繰り返し、落ち着くように努力する。
目が見えないので何をしてるのかよく分からないが
落ち着いてくると、瞼の裏側をぐいぐい引っ張る様な感じとか
瞼にぷすっと針が刺さる感じは分かる。
途中何度も「目を開けて、閉じて」と言われる。
目を開けたとき血まみれのメスが見えたら怖いよう、と思うが
見えるのは毎回先生の目だった。

あんなに小さい所を切ったり縫ったりするなんて、難しそうだな〜と
ぼーっと考えていたら、だんだん痛くなって来た。
たぶん麻酔が切れてきたんだ!言わないと!おーまいがっ!
と動揺していたら、「あとは縫っておしまいです」と先生の声。
麻酔の追加はしない方が良いのでは?と勝手に判断して
ぐぅーっと我慢。
手術中の痛みは、麻酔の注射も含めてさほどでは無い。
コンタクトにゴミが入った時の方が100倍痛い。

予定通りの約2時間の手術が終わり、術前に着替えた部屋の
ベッドで1時間休む。
緊張のあまり全身に力が入っていたようで、へとへとだった。
術中「足は動かしていいんですよ」と助手の先生に言われた し
カチカチだったのかも?
術後から瞼にテープを貼り付けた様なつっぱり感と痛みを感じる。
その間瞼は冷水で濡らしたガーゼで冷やされる。
濡らして血をガーゼに吸い取らせた方がいいのだそう。

その後、診察室で写真撮影
術後の目が怖い。ものすごく怖い。
体験者HPで術後の写真を見て、覚悟はあったけど
実際自分の目だと・・・きびしいッス

帰りは帰宅ラッシュに当たってしまった為、電車がぎゅーぎゅー。
「あたしの目に誰もぶつかんなよ!」
目隠しの為に目深にかぶった帽子の奥から、手術したての
大事な瞼に危険が無いかキョロキョロ様子をうかがう。疲れた。
(↑客観的に見ると相当怪しい・・)
帰宅後も寝るまでガーゼで冷やし続ける。
「翌日が一番腫れる」そうで・・おびえながら就寝。

眼瞼下垂4

July 29 [Sun], 2007, 15:47
2003.5.20(手術翌日)
朝起きても恐ろしくて鏡を見ることが出来ない。
瞼と目頭が引きつっていて
目を開けるのが楽、という感じはしない。

午前中、消毒の為病院へ。
写真撮影後、術前の写真と見比べる。
術前の写真は目の周りに力が入りまくり。
上を向いている写真では眉毛がハの字に広がり情けない顔。
術後の写真では正面向きも上向きも力まずに見ている感じ。

瞼に違和感があるものの、力まずに正面を見られるのが嬉しい。
視界が広がった様な気がする。
瞼がつっぱって違和感があるのは
抜糸していないからだそうだけど、ちょっと不安。
完全に傷が治るまでには半年〜かかるそうなので
手術したばかりで完璧を求めてはいけないのかも。
今までの癖(眉をあげたり目に力をいれる)も意識して
なくすように言われる。
そういえば必要がないのに、つい顎を出しているのに何度も気づく。

術前、目頭の方まで切開すると言われていたが
結局しなくても良かったそう。ホッ。
それとも切った方が今の目頭の突っ張り感は無かったのだろうか。
よく分からないッス。
帰宅後、勇気を出して鏡をじっくり見る。
すごい・・・。
つり目のガチャピンみたい。
今までの私は何処へ?って感じ。
ものすごい幅の二重瞼で、色は赤いまだら模様。
しかも全体的にぶっくり腫れていて、黒い糸がポツポツ見えている。
もしかして何か取り返しのつかない事をしてしまったのだろうか・・。
泣きたい気持ちになる

体験談等では、術後すぐ瞼が軽い!身体が暖かくなった!等
良い変化を感じた方も多かったけど、私はそんな事は無かった。
術後は瞼が痛くてたまらん!って感じ。
今は一番の希望だった「正面が楽に見える」が実現し、それが嬉しい
あとの問題は「引きつり」と「見た目」。
見たって変わらない!と思いつつ、ついつい鏡を見てしまう。
やっぱりつり目ガチャピンが気になって仕方無い。
これから改善されるのだろうか。
ネットの掲示板の「下垂手術で目がヘンになった・・鬱」等の
発言を読み、どんより落ち込む。

眼瞼下垂5

July 28 [Sat], 2007, 15:54
2003.5.23(術後4日)
病院の日。
目頭の引きつりは抜糸後良くなるらしい。
相変わらず目を動かすと目頭が引きつり痛い。
早く抜糸した〜い

目の腫れは少しずつ引いている。
最初が激しかったので、だいぶ良くなった?と錯覚してしまうが
冷静に見るとぎょっとする様な目だと思う。
目の周辺は赤く内出血し、その外側は黄色くなってきた。
まだ腫れている事もあって、なんだかくどい顔。
しばらくコンタクトが出来ないので、自分の顔が客観的に見ると
どうなっているのかよく分からない。
今働いて無くて良かった・・。
次回は1回目の抜糸。


2003.5.26(術後7日)
1回目の抜糸日。
目のまわりの違和感がだいぶ減った。
が、目を動かした時の目頭〜瞼のこわばりが気になる。
先生に聞いてみると、今までの癖(目や眉間に力を入れる)が
抜けきっていないためだそう。

目を閉じてから、ゆっくり開いた時の写真は目の周りの力が抜けて
自然な感じだった。
しかし、いったん上を見てから目線を正面に向けたときの写真は
眉間に少し力が入ってるのが分かる。
やっぱり長年の癖はすぐには治らない・・。

右目は赤みがだいぶ減ったが、左目はまだ目の下や瞼が赤い。
(左の方が出血が多かったらしい)
来週の抜糸が終わる頃には第一段階終了という感じだろうか。
瞼を濡らさなければ洗顔して良いと言われたが、すごく難しい。
昨日までは石けんを使わずにお湯に浸したコットンで
顔を拭いていた。それでも肌の調子が良くてちょっとビックリ。

意外とこっちの方が肌に良かったりして。

眼瞼下垂6

July 27 [Fri], 2007, 16:01
2003.6.2(術後14日)
2回目の抜糸で病院へ。
抜糸も終了し、そっと外せばコンタクトを使って良いと言われたので
早速帰宅途中の駅ビルのトイレで装着してみた。

初めて見る顔の全体像・・・。
ショックで力が抜けてしまい、ベンチでしばし休む。
くどい・・くどすぎるーっ。
ちょっと涙出そう
無理矢理二重瞼にしてみました!みたいな感じ。とほほ。
瞼が落ち着くまでには2ヶ月位かかると言われたけど
これからもっと地味めになるんだろうか。
つーか、ならないと怖い

瞼の状態はまだあちこちに内出血が残り、他人がみたら
たぶん「どうしたの?」という雰囲気だと思う。
知り合いだったら、こんな手術をしたのよって言えるけど
顔見知りくらいの人には「整形したの?」って思われそう。
しかも「失敗?」とか・・(号泣)。
肝心の目の開き具合は、本当に楽になった。
いまだにちょっと力んだり、顎を出す癖は抜けないけれど
コンタクトをすると視界の広さをしみじみと感じる。

眼瞼下垂7

July 26 [Thu], 2007, 16:06
☆まとめ☆(術後2ヶ月)

症状について
瞼の下垂は改善され、顎や眉を上げる、また目の周辺にぐぅーっと
力を入れなくても 簡単に目を開き、周囲を見ることが出来る。
ただそれだけの事が今まで出来なかったのだ。

去年まで働いていた職場で毎日疲労困憊していたのも
今となれば納得出来る。
特につらかったのは、大きい図面やパソコン、資料等を見ながら
説明を受けるときだった。
下垂した目では下を向いてるのが一番楽なのだけど
説明を受けるときはそうもいかない。
目に力をいれて見開き、目線をあちこちに移動させながらの
数時間(という時もあった)はかなり厳しかった。

この病気で鬱になる人も多いそうだが、分かる様な気もする。
目頭のつっぱり感は相変わらずある。
目頭に引っ張られてまぶた全体が少しつっぱた様な感じ。
そのせいか目頭がしわっぽくなってしまった。
これは時間をおけば改善するのだろうか。
顎を上げる癖も意識して直す様にしているが、未だにやってしまう。

コンタクトを外すときは瞼を引っ張らないように
スポイトの様な器具を使っている。
ちょっと面倒くさいが、また下垂する事を考えれば仕方無い。
そういえば、ここ数年大笑いしたり上を向いたりすると、コンタクトが
外れたりずれたりする事が多かったのだけど、術後それが無くなった。
きちんと黒目が露出してコンタクトの動く範囲が広がったのかも・・?

外見について
上記にもあるが、奥二重→くっきり二重 は、つらいものがあった。
目の開き具合は数年前の、下垂する前の状態より少し縦幅が小さめ。
そして二重瞼になってしまった為、なんとなく奥目っぽい。
術後の「ビックリ目」と「激しい二重部分」を思い出すと
だいぶ落ち着いたな〜としみじみする。

両目とも目頭の方にスジというかしわ?みたいな線が出来ていて
苦しそうというか、ちょっと不自然な雰囲気。
右目は目尻にもスジ(しわ?)が出来てしまった。
元々目元にはしわが無かったので(平面顔の為)ちょっと不満。
瞼の赤みは切開線に沿って残っていて
目を閉じると分かるそうだ(友人談)。

症状の改善と同じく、やはり見た目も重要だと思うが
あまりにも外見にこだわりが強い人は手術を受けない方が良いかも。
私の場合、多少外見が変わっても症状を改善したかった。
それと、目を見開いていないときは既に元の目の形では
無くなっていたから。

症状改善&見た目、両方100%満足するのは難しいのかもしれない。
私の場合は今のところ両方合わせて満足度80%くらい。
これが美容目的の手術だったらもっと低いかも。

最近は雑誌やTV等でも紹介され、良いことばかりがクローズアップ
されているが、「瞼も軽くなり二重になってラッキー!」と
気軽に受けられる手術では無いと思う(大満足の人もいれば
リオペを繰り返しつらい目にあわれている人達もいる)

手術費用・その他
国民健康保険・本人で手術費用は 44850円
その他、手術当日の薬代。
薬は痛み止め、炎症化膿止め、胃腸薬、目薬が出ました。
病院によっては瞼に塗る軟膏が出るそうです。
通院は術前、手術日、翌日、術後4日、7日、14日で5回でした。
次回は2ヶ月後に検診の予定です。
2003.7.18
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rinko
読者になる
2007年08月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像Toko Tas Kulit Imitasi Termurah di Solo
» 眼瞼下垂について (2013年11月22日)
アイコン画像よこ
» 眼瞼下垂7 (2013年10月31日)
アイコン画像日本ドラマdvd
» 2年目の検査 (2013年10月17日)
アイコン画像rinko
» 閃輝暗点(せんきあんてん) (2012年09月16日)
アイコン画像かげうす
» 閃輝暗点(せんきあんてん) (2012年09月16日)
アイコン画像ゆうこ
» 眼瞼下垂7 (2012年04月20日)
アイコン画像heikiheikichan
» 眼瞼下垂7 (2011年04月29日)
アイコン画像ムク
» 四十肩(症状と経過) (2009年04月23日)
アイコン画像ムク
» 四十肩(症状と経過) (2009年02月14日)
アイコン画像rinko
» 四十肩(症状と経過) (2009年02月10日)