幽撃隊!

April 12 [Sat], 2014, 19:56
幽撃隊、10話まで終わりましたー♪

もう萌市とさゆりん(勝手に呼んでる)と虎さんが可愛い


5話でのこやつらの絡みが好きすぎてほぼパーティーメンバー固定してます。

主人公と萌市がゴーストの見えない位置に突っ込み、さゆりんが鈴を鳴らし、虎さんは黙々と敵のAPを削る戦略で行ってます。


それ以外のキャラはいまいち印象が薄いというか、結構あっさりとしたストーリーで仲間になる上に、1話終わるとインターバル会話以外空気になるのでそこが不満かも…(´;ω;`)

愛着ポジションの支我君があまり相棒っぽくないのもなー
只でさえ戦闘に参加しないから愛着わきにくいのに、なんか【愛】入力しても反応が薄くて距離を感じる…
さゆりんのがいいキャラしててヒロイン&相棒っぽいです。
気軽にシガリータ(学園ハンサム)とか言えない、支我君呼びになってまう


戦闘や雰囲気が良いだけにちょいと勿体ないですな

自衛隊組に期待!

ゴーストを検知した!!

April 11 [Fri], 2014, 15:46



昨日からずっと、魔都紅色幽撃隊をやってます。

前回の記事で説明したように魔人学園シリーズの最新作です。

昨日仕事帰りに購入して、本日は休みなのでぶっ通しでプレイ中であります。

戦闘が最初は?でなかなか上手くいかなかったんですが、慣れて敵の動き方がわかるとめちゃくちゃ面白い!
ファイアーエムブレムの敵が見えない版みたいな感じで、上手く敵をフルボッコにできた時は思わずよっしゃ!!とガッツポーズを取ってしまいます。

ミニゲームのボードゲームも楽しい。
こちらは遊ぶだけで経験値が入るのでありがたいですね。下手すると主人公が無双してしまい、仲間に経験値が入らないこともありますが。

ストーリーは5話くらいからだんだん仲間が増えて賑かになってきました。

萌市と虎次郎の意外なコンビが素敵でしたw

戦闘メンバーはさゆりと萌市と虎次郎が多いです。
というかさゆりちゃんが可愛くて可愛くて!!
プレイ前はあんまり興味ないキャラだったんですが、だんだん親しくなるにつれて愛着がわいてしまい、名前で読んでくれる度にニヤニヤしちゃいます。
何話かわすれちゃったんですが、【愛】+【触】をやったときにめちゃくちゃ可愛い反応をしたときがあったんですよね。普段は【愛】やると結構冷めた目で見られるのにw


千草くんも気になっているキャラなんですが、仲間になるフラグが立てれず、仲間になりませんでした\(^o^)/ていちゃんは仲間になったけど

魔都紅色幽撃隊

April 07 [Mon], 2014, 19:36
ずっと楽しみにしていたゲーム、魔都紅色幽撃隊(まとくれないゆうげきたい)がいよいよ明明後日の4月10日に発売します!!

前作の九龍妖魔学園記が、最高のゲームの1つである私にはもう待ちに待った作品という感じです。

物語は、新宿の暮綯學園に転校して来た主人公は、學園に巣食う「赤いコートの男」の霊に襲われる。そこに同級生と「謎の女性」が現れ、主人公は助けら れる。 その後、謎の女性にアルバイトの誘いを受け、主人公は除霊のアルバイトを始めるのだった・・・。(公式サイトより)といった感じで、幽霊退治をメインとしており、海外ドラマスーパーナチュラルのオマージュが多めとのことで更に楽しみが増しました。


ちなみに公式サイトはこちら

このシリーズは相手との会話が、単なる選択肢ではなく感情を入力するという独特のシステムで、例えば相手から挨拶をされたら
・よろしく
・どうも
・無視する
等の選択肢ではなく、
【愛】【友】【悩】【悲】【怒】
といった感情の中から1つを選ぶのです。
妄想もとい想像力が広がるシステムで、私は大好きです。
もちろん、このシステム老若男女問わず選べます。
異性のキャラだけでなく同性の同級生や、綺麗なお姉さんにも【愛】を振り撒けるわけです。ちなみに主人公は名前やニックネーム、身長体重、部活や得意科目などを自由に選べるのですが唯一性別だけ男のまま選べません。

九龍ではアロマこと皆守甲太郎という相棒キャラがいろんな意味で凄かったですが、今回はどういったキャラが仲間になるのか楽しみです
公式サイトを見た感じだと、萌市と楓ちゃんが気になります。

マイナーなゲームシリーズではありますが、ほんとハマるととことんハマる作品です。
10日が楽しみです(*´∇`*)





ツタヤで予約して発売日の夕方くらいにはゲットできそうです。
できたらプレイ日記とかも書きたい。

良いゲームだといいなあ


リアルスティール、ミッション・インポッシブル、ドラコン・タトゥーの女、宇宙人ポール、ミッドナイト・イン・パリ

January 29 [Tue], 2013, 21:31
久しぶりに休みだったので、TSUTAYAで6本ほどDVDをレンタルしました。

リアルスティール、ミッション・インポッシブル/ゴーストプロトコル、ミッドナイト・イン・パリ、ドラコン・タトゥーの女、宇宙人ポール、戦火の馬
と、どれも準新作の洋画です。
戦火の馬以外見たので(小学生並の)感想を。

まず見たのがミッション・インポッシブル/ゴーストプロトコル
少し前に見たアベンジャーズと同じく何も難しいことを考えずに素直に楽しめる作品でした。こういうのって結構大事だと思います。映画は娯楽ですしね。今回はトム・クルーズ演ずるイーサン一人が活躍するわけではなく、仲間と協力して敵討ちをするというのが良かったです。イーサンがただイケメンなところを見せるんじゃなく、中間管理職的なやれやれ感を見せてくれたのが良かった。もちろんイケメンなんですがね。ジェレミー・ミラー演ずるブラントがあまりミッション・インポッシブルっぽくないキャラで、それがまた良い味を出してたと思います。

宇宙人ポールはサイモン・ペッグとニック・フロストコンビの作品で期待してたんですが、思ってたより普通だったなーというのが正直な感想です(;つД`)
ショーンやホット・ファズみたいなちょっと王道からずれた感じはなく、王道の友情ものになっててガッカリ。よく出来ているんですが、求めてたのと違うかなー。
もっと不謹慎だったり、下品でもよかった。

ミッドナイト・イン・パリはフィッツジェラルド役のトム・ヒドルストン目当てで借りたんですが思わぬ掘り出し物でした。個人的にレンタルした中で1番好き。
最初はニューヨークの恋人的な話かと思ってたけど、タイムスリップしても主人公そこまで慌てないし、他のキャラも普通にそれを受け入れてるところが可笑しかった(笑)
過去に憧れてた主人公が、様々な偉人と出会うことで変わっていく過程が上手かった。現在との対比も丁寧でさすがウディ・アレンだなと思いました。あまり深い話ではないし、ぶっちゃけ雰囲気映画でもあるけど、個人的にはスッゴい好みの映画でした♪

リアルスティールはなんかすっごいどこかで見たことある展開ばっかだった。けど、泣いた。こういうの弱いんですよ。
世界観がよかった。ロボットがボクシングをやってて、そのせいで人間のやるボクシングが廃れて〜っていう世界観の説明が上手いなと思った。2020年っていう微妙に先の未来の話なのもいい。ただ、もう少しアトムが何故あそこまで耐えられるのかとか、名前忘れたけど敵のロボットが強いのかを描いてほしかった。親子の物語とアトムの物語がどちらも中途半端かなーと思ったり。あと30分くらい長くてもよかった。突っ込みどころも多かったけど、面白かったから。

ドラコン・タトゥーの女はデヴィッド・フィンチャーが好きなので借りました。フィンチャーは相変わらずセンスがいいと思った。
常に画面に惹き込まれる。長いし結構複雑なんだけど、飽きたなーって瞬間がなかったです。OPからかっこいいからね。
主人公もヒロインもかっこよかった。特にヒロインが魅力的で、惹き込まれた。なんというか、クールかと思えば人間臭い部分もあって、理想のクーデレ。最後可愛かった…かわいそうだけど。けど、くっついたとしても結局二人は別れてたと思う。

黒子のバスケ

January 04 [Fri], 2013, 18:47
ジャンプで連載してる『黒子のバスケ』が二期決定したそうですね!(*^▽^)/★*☆♪
アニメ見てたけど面白かったから嬉しい。何気に作画凄くて(特に後半)結構はまってました。

アニメ化でかなり人気が出て、コミックやDVDの売上が凄いらしいですね。
女性に(いろんな意味で)人気の作品ですが、これだけ売れたのはやはり作品としての出来の良さもあるんじゃないかなと思います。

第1話で、キセキの世代を倒して日本一になるというシンプルかつわかりやすい目的を提示しているのはいいですね。

『黒子のバスケ』は所謂トンデモ系バスケですが、自分はそういうのは好きです。よく、こういうトンデモ系作品に対して「現実じゃこんなのあり得ない」といって叩く人がいますが、そもそも「漫画」はフィクションなんですからリアルである必要性はないと思います。その作品内で設定されたリアリティラインから外れなければいいんですよ。というか、あまりリアルにこだわりすぎると『ダークナイト ライジング』みたいに大火傷します。

勿論、多少なりとも引っ掛かるところはあります。
1番思うのは「みんなで協力する」スポーツ漫画なのに、キセキの世代と一部キャラを除き(火神や高尾)空気だなあ、ってこと。
大勢キャラクターがいて、それを1人1人ピックアップし目立たせるのは不可能ですが、それにしても主人公及びキセキの世代とその他大勢との差が激しすぎる気がします。特に漫画のほうは本当に「モブ」なんですよね。主人公やライバルキャラのチームメイトなのに。この辺りは『おおきく振りかぶって』なんかはよく出来てると思います。

アニメ版は試合の作画が良かったです。
動くと本当に気持ちがいいですね。終盤の黄瀬VS青峰もいいですが、個人的には10話が好きです。具体的に言うと、高尾からのパスを緑間が受けとる瞬間とそのあと黒子がくるくる回転して火神にパスをするシーンです。上手く言えないけど、アニメなのにきちんとパスを受け取った感があるのと、黒子の非現実的なパスが本当にいい意味で漫画的で気持ちいい。

二期も一期と同じくらい動いて欲しいですね♪


なんか、割りと熱く語っちゃいました。まあそれくらい面白かった作品だということで。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:エリー
読者になる
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
ヤプミー!一覧
読者になる