『四龍島』シリーズ/番外編 

December 13 [Thu], 2007, 22:23
白き花咲く龍の島
真堂 樹 先生

本編が終了してから、年に1度程のペースで発刊され続けていますね
『四龍島』シリーズ、番外編も7冊目になりました
今までの番外編は“花”から始まる4文字タイトルだったのですが…
今回はチョット違うので、番外編の外伝なんて思ってしまいました


『恋愛処方箋』シリーズ 

December 10 [Mon], 2007, 23:48
恋人たちのクリスマス
檜原まり子 先生


年末年始のエモシバですね〜
エモちゃんは相変わらずイタズラっ子のよーなたくらみを続けてますね
対するシバっち、天才的な天然ぶりを発揮中
この二人はどこまで行ってもこの調子なんだろーなぁ


すっかりウラシマです 

December 10 [Mon], 2007, 23:25
おひさしぶりです


笑っちゃうくらいの久しぶりの更新となりました
モチロン、この間に1冊も本を読んでいないわけではありません
(諸事情あったんですょ、いゃホントに)
なんとかヨユーも出てきましたので、読書日記を再開したいと思っております
ミナサマ暖か〜く見守って下さいませ

『やさしい竜の殺し方』シリーズ 

January 01 [Sun], 2006, 0:15
やさしい竜の殺し方 4
津守時生 先生

文庫版第4巻です。
雷牙王を憑依させたウル&アークは“光王の塔”へ向かいます。そこで待ち受ける新たな試練たどり着いた光王の棺の元で知る雷牙王無き後の光王。アークはただ見守るコトしか出来なくて…
そしてショックを受けた雷牙王と入れ替わって出てきたのが、世界を2分した張本人今回ウルは憑依されっぱなしで、ホントに出番ナイですねぇ

新年のご挨拶♪ 

January 01 [Sun], 2006, 0:00
あけましておめでとうございます

その場の気分とノリで綴る読書日記
Backyard in Redmoon Palace 〜緋月の宮 裏庭〜
今年もヨロシクお願い致します


『硝子の街にて』シリーズ 

December 31 [Sat], 2005, 2:00
暁-SUNGLOW- 硝子の街にて 21
柏枝真郷 先生

現実では、あの悪夢の日から4年以上、2006年9月11日で丸5年になります。TVの中でしか知らない9.11が、この物語を読むことによって見方が変わりそうです。まずは柏枝真郷先生がこの事件に対し、真っ直ぐに向かい合い、TVではわからない“人間の目線”で書き続けてくれていることに感謝したいような気分です。

『やさしい竜の殺し方』シリーズ 

December 31 [Sat], 2005, 1:46
やさしい竜の殺し方 3
津守時生 先生

文庫版第3巻です。
大災厄を回避した後、異世界間恋愛()をしていたウル&アークの再会ですっつーかこの再会、アークの絶体絶命の危機に超グッド・タイミングで現われちゃうって…。雷牙王が憑依中だったとは言え、まさにスーパーヒーローょね

『アナトゥール星伝』シリーズ 

December 30 [Fri], 2005, 1:29
緑の守護神【下】 アナトゥール星伝 19
折原みと 先生

アナトゥールシリーズ最終刊完結編です

シュラ王子&ユナちゃんはやっと結ばれましたね。ココロは既に結ばれて久しいワケなんだケド、ずーーーーーっとお預けになってた結婚式を挙げる事ができてホントに良かった

『やさしい竜の殺し方』シリーズ 

December 30 [Fri], 2005, 0:35
やさしい竜の殺し方 2
津守時生 先生

文庫版第2巻です。
今回はウル&アークがココロを通わせますね。アークの過酷な過去話、聖騎士時代の師匠とのやり取り等、アークにとってはかなり辛い部分が多いのですが、それでもウルはいつもいつも『愛してる』と伝え続けてアークの心を射止めてしまう。王道というか定石というか…。でも王道には王道たる所以があるので、ワタクシはこーゆーの、キライじゃないですね

『邪道』シリーズ 

December 29 [Thu], 2005, 1:11
邪道 濮上之音
川原つばさ 先生

文庫版『邪道』シリーズ第5巻ですね。内容は“昼間之月”と“濮上之音”の2話から構成されています。今回は2話ともアシュレイが主役物語もいよいよ佳境といったカンジの第5巻です