ルイヴィトンスーパーコピーはいままでずっとすべて挑戦の自己が好きです

September 25 [Wed], 2013, 18:22
スーパーコピールイヴィトン(LouisVuitton)はいままでずっとすべて挑戦の自己が好きで、今度は更にヒマラヤ山脈に来て、雪山のテーマでそのLV を演繹します2013秋冬の紳士服のシリーズ、ユキヒョウの図案は更にプリントの形式で巧みにアパレルの中で現れます。
今度のシリーズの豊富なプリントの図案、イギリスの有名な概念から芸術家のチャップマン(Chapman)の兄弟の共通の作品を派遣したのです。重なり合う組み合わせのアウトラインの中で、含んで流行のすばらしい単品を裁断して、また皮革などの派手な元素と大量にアパレルの細部の中で運用するにスーパーコピークロエのレザーとファーがあります。近代的な感の十分なハイテクの生地、全部最も伝統の登山の魅力が現れました。
マフラーの性質が服装に呼応するのは基本的で一致します。例えば、比較的に厚い服を着る時、すべきに1条囲んで毛あるいは編み織のわりに大きいマフラーを引き延ばします。比較的に薄い服を着る時、シルクあるいは薄いカシミヤのマフラーを選ぶことができて、このようにアパレルが服装を整える中でやっと3調整するのが当然なことに見えて、個性化の流行する舞台の上で、グッチ( GUCCI )はかばん大胆な対比の手法も常にマフラーと服の質感が組み合わせる上に現れます。
マフラーを選択して使用するか設計する時、マフラーの色と服装の色の相互に注意して際立たせます。普通な服の色の比較的に深い時、ルイヴィトンコピーのマフラーの色はあでやかにならなければなりません;服の色の比較的に薄い時、マフラーの色はさっぱりしていて上品にならなければなりません;マフラーの多い色は地味な服装の単調な感を減らすことができて、活発な色の効果を果たすことができます。かいつまんで言うと、マフラーと服装の色柄の組み合わせは以下の何種類の形式があります。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/backboneai/index1_0.rdf