誰かに似てる 

August 03 [Wed], 2005, 7:31
私ね、この仕事始めてから、
毎回と言っていいくらい「誰かににてるよね!?」って言われるの。
でもそれが毎回違うんだよね。

今のところいちばん多いのが、モー娘。の紺野あさみ。
次が上戸彩。
他に言われたのが、day after tommrowのみその、
木村佳乃、安達祐実.....
ファンのみなさん安心してください。
決してこの中の誰にも似てないから!!
ってかいちばんよく言われる紺野あさみの顔がよくわからない。どれ?
まぁそんな話はよしとしましょう。

今日はおもしろいお客さんについたよ。
20代後半のエトウさん。
10分も話したら、「ボーイがチェンジに来たら君に指名だすよ〜。」って。
そんな感じで、私に場内指名くれた。
「このお店って安いねぇ〜!」とか
「女の子の指名料安いねぇ〜!」とか言ってるくせに、
ドリンク頼ませてくれないし、延長なしで帰っていった。
チェックした金額はセット料金+指名料+サービス料10%で4400円だったんだけど、
「…え?400円?僕何か頼んだっけ?…ん?あれ?…あーサービス料ね。
5000円でおつりくるって安いね☆」
本当に安いと思ってるの?
私にはちょっとせこく写ったんだけど。
しかもセクハラが激しかったし。
「今おしり触ったんじゃないよ。パンツの線確かめたの。」
うざぁーーーい!!!!
「今度は外で飲もうよ♪」って帰って行った。
いやですよ、絶対に。

そうそう、今日はね、憧れのリョウさんと2回も同じ席についたの。
これは技を盗まなくちゃと思ってたんだけど…ん?
別にたいしてとびきりな接客してなかった。
いたってフツー。
むしろ、逆にあんまり愛想よくない感じ。
それが逆にいいのかな?
まぁめっちゃくちゃ美人だからそれでひっぱってる部分もあるんだろうけど。

送りの車 

August 01 [Mon], 2005, 14:01
ちょっと遠出して遊びに行ってたから、
今日までの3日間出勤はナシ。
さて、何の話をしようかな〜。。。

そーだ、送りの車の話でも。

運転手のオオハシさんが、私は大好き。
推定年齢50代後半。
その日1日の疲れ、オオハシさんが癒してくれる。
女の子たちの話を優しく温かい笑顔で一言一言丁寧に聞いてくれる。
すごいのが、一度送った女の子は決して忘れないこと。
1年くらいブランクがあって出戻った女の子も忘れてない。
ウチの店の女の子たちにオオハシさんは絶対必要。

送りの車っていうのが、7人乗り?8人乗り?のワンボックスカーなんだけど、
多いときはこれに12人くらい乗ったりしてる。
仕事に疲れつつも、車内はすごくにぎやか。

実は女の子同士、実名を知らないのがフツーなんだって知って驚いた。
そりゃ長くいる人は別にしてね。
車の中でも源氏名トーク。

車内の話題はその時によっていろいろだけど、
そこでの会話から私が感じたこと。
女の子の半数がホストか彼氏に貢ぐためにキャバをやってる。
彼氏って言っても、自分が本命なのかわからない何股かかけてるような男とかね。

この前、ミヤビさんって女の子指名の24歳元ホストのヘルプに着いた。
ほんの5分くらい。
ミヤビさん、その日が誕生日だったらしく、
別の女の子が大きなホールケーキを買ってきて、
その席に3人の女の子が着いてシャンパンまで開けて大盛り上がりだった。
元ホストとは言っても今はプーらしくて、
金額も相当いってたのに大丈夫かと影ながら心配してたら、
ひょいっと現金で払って帰っていった。
やっぱホストは稼ぐお金の金額が違うんだなぁ〜なんて思ってたら、
その人、ミヤビさんの部屋にいついてる彼氏らしい。
つまり、あれだけ騒いだお金の何割かってミヤビさんに落とされるんだけど、
もともとの支払いをしてるのもミヤビさん。
送りの車から、「ダーリンが待ってる☆」ってうきうきと降りていった。

こんな現実が本当にあるんだね。

初めての週末A 

July 30 [Sat], 2005, 19:11
私があのお店でいちばんかわいいと思う憧れの女の子、リョウさん。
今日は彼女がすごかった。
同伴指名1本に、本指名3本。
私は彼女のヘルプで2人のお客さんについた。

場内に同じ女の子を指名してるお客さんがいるって、結構おもしろい。
ヘルプでついててこっちは頑張って話をしてても、
視線はちらちらリョウさんに送られてるの。
リョウさんがドリンク注文するのにも敏感に反応してた。
男のプライド?意地?見栄?
何かがお客さんの間でばちばちいってる。

そしてもう一人、今日指名が多かったアヤさん。
私に場内指名をくれたケンさんの本指名の女の子。
私はまだたかだか5日目の出勤だけどケンさんがいちばん話しやすいお客さん。
結構…いや随分仲良くなったんだよ。
今日はお友達も連れて2人できてきてたんだけど、
私はお友達の方につけられた。アヤさんとともにね。
…気まずい。
私がキャバ嬢に向いてないと思う瞬間。
ケンさんにフォローされちゃったもん。ありがとう。
キャバ嬢失格、ごめんなさい。

客は客だと割り切って、お店に1円でも多くのお金を落としてもらう。
それがキャバのお仕事。
呑んだくれて酔っ払ってるだけの人とか、
本当にお金持ちな人とか、
セクハラのウザイ人に対しては私もそんな営業ができなくはない。
でも、心が真っ直ぐなお客さんもやっぱいて、
そういう人に対しては営業的なことがあんまりできなし、
少々のタブーを犯して人と人として接してしまう。
どうせそんなに長くやる気はないからいいけどね。

初めての週末@ 

July 30 [Sat], 2005, 18:58
私があのお店に入って5日目。
初めての週末出勤。
店もそこそこな広さで、女の子もいつもより多め。
給料日明けの週末だし、お客さんでごったがえすんだろーなって思ってた。

…!!!!!!!

深夜12時を回っても、平日よりも入りが少ない。
「このままじゃ自給発生してももったいないでしょ?私帰ってもいいよ?」
なんて女の子も出てくるくらい、ヒマ。
お客さんにも、待機の女の子の多さに反比例して客の入りが少ないのを心配される始末。
ボーイの顔がだんだん険しくなってくし。
出勤5日目の私の力じゃ呼べるようなお客さんがついてるわけでもないし。
困った…。
待機席から女の子が溢れるなんて経験初めてだよ。

が、深夜1時を過ぎた頃、やっとお店がにぎわい始めた。
キャッチ頑張ったボーイと、営業頑張った女の子の力。
キャバだって立派な商売。
お店を盛り上げようと頑張るお店全体の姿勢、私は好き。

今日はヘルプばっかだったよ。
場内指名ももらえなかったし。
じゃあまあ、今日のお客さんの話でもしましょうか。

とりあえずの経緯 

July 29 [Fri], 2005, 16:20
キッカケはありきたり。
夏休みになって遊ぶお金欲しさに、
友達に一緒にやってみないって誘われたから。
めちゃくちゃ抵抗あったよ。
でも長い人生においてそんな世界を覗くのもありかなって思って。
少し緊張しつつも軽〜い気持ちであるお店に体験入店。

1店目はとりあえず体験入店だけ。
また別のお店を紹介してもらった。

あの日から計4日お店に出た。

3日目の出勤の日、初めて場内指名をもらった。
30歳のナオヤさん。
これが熱い人で、将来の夢を語ってくれるの。
べろべろに酔いながらも3時間お店にいた。
なんだかえらく私を気に入ってくれたってゆーか買ってくれたってゆーか、
最後まで熱く頑張れよって励まされちゃった。

同じ日に、もう1本場内指名。
28歳のケンさん。
本指名アヤさんのヘルプで着いたんだけど、
アヤさんがその日はお休みで結局ずっと席につけててくれた。
この人がフツーにいい人なの、温かくて話も楽しい。
アフターでお寿司まで誘ってくれたんだけど、
場内指名もらったとはいえ私はあくまでもヘルプ。
お店から「ダメーー」って言われちゃった。
「放置しな」とまで言われたんだけど、いくらキャバと客とはいえ人は人。
そのへんがわりきれない私は、自分のケータイから断りの電話しちゃった。
これってタブー事項なの。
だって、本指名アヤさんからお客さんを奪ってしまうことになるから。

そして4日目の勤務。
この日も2本の場内指名。

1本は友達ユイちゃんが場内指名をもらったなーさんの追加指名。
私とナナコちゃんを呼んでくれた。
このなーさんって人が相当の金持ちでブラックカード持ってたよ。
酔いが回ってかなりエロオヤジ化してたけど、悪い人じゃないと思う。
絡まれてるユイちゃんが大変そうだったけど。

2本目の指名はなんとケンさん。
私指名でお店に来てくれたんだけど、
本指名はアヤさんなわけだから私は場内指名って形になっちゃうの。
初めて私に会いに来てくれたお客さんなのにな。
アドレス交換とかもしたいんだけど、それもやっぱタブーになっちゃうの。
この世界って、ややっこしくて面倒くさいね。
2005年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:back-street
読者になる
Yapme!一覧
読者になる