泣いても笑っても

November 08 [Fri], 2013, 21:10
残り一日となりました。
体は少ししんどくて、心は少し押しつぶされそうです。
もともとプレッシャーとか本番に向かない私です。
ここぞ、という時に気が負けてしまうことが多い私です。
でも今年は色々な方々に応援いただき、模試でも良い結果が出ており、多少の自信が付いてきました。
当日緊張とリラックスのバランスが上手くいき、いつもの力が出ることを期待しております。

学校への行き帰りの車内で虹組さんの曲をランダム再生で聴いて心の支えにしているのですが、
なんだろう、たまに無性に泣いてしまうんだよね、楽しい曲でも、明るい曲でも。
こんな矮小な私からすると虹組のみんなはとても輝いて見えるし、そんな虹組さんと出会えたことに感動し、ましてや名前なんかも覚えていただいて、直接的にも間接的にも応援いただいて。
温かい声援をいただいて嬉しいのと、応えられるかどうかもわからない不安とが入り混じって、訳もわからず涙が溢れることがありまして。
それでも容赦無く本番の日はやってくるのであり、それは避けることのできないのとで、正面から立ち向かわなければいけなくて。

今夜も虹組さんに元気と勇気をもらいながら帰ります。

20日を切る

October 24 [Thu], 2013, 10:17
いよいよ試験まであと20日を切った。
受験票も届いて、いよいよだなぁとともに、イヤだなぁという思いが湧き上る。

模試も数回受けてきた。結果は三勝一敗。
伊藤塾中間模試…184点
大原第1回模試…152点
伊藤塾最終模試…164+記述点
大原第2回模試…166+記述点
(300点満点の試験、合格点は6割の180点。
記述問題があり、ここはそれぞれわからないので採点していない)

なんといっても五肢択一での点数が大幅にあがったのが心強い。
行政法が安定して高得点をマークできており、
民法も今年はとれる。
憲法は伊藤塾最終で大コケしてしまったけれど、取り戻しているはず。
やはり基本を固めることがとても大事だ。なぜいままでこれをやらなかったのか、と思うくらいだ。
大原第1回模試で大惨敗した行政法も、心を入れ替え本当に初心に戻り、
一から、本当に一から総復習を丁寧に行った結果が、その後の二回の模試に表れている。
後半二つの模試は、実は二日連続で受けている。金曜日の13時〜と、次の土曜日の10時〜
24時間以内に二つの模試を受けているのに高得点がマークできたこと、これは大きい。
頭がヘトヘトで身体もしんどいのに、しっかりとした知識として定着しているのだろう。
自信に繋がってくるはずだ。

一ヶ月前のイベントに行くべきかどうか悩んだのはこの試験のためだ。
試験が一ヶ月後に迫っている10月初め、本当に遊んでいていいのだろうかと考えた。
自分の中で最後の休息と位置づけて遊びに行った。
ステージを観て楽しんでいる自分と、頭の中に不安をよぎらせる自分がいた。
去年合格していたら、何も不安を感じることなく楽しめたはずなのに、
こんなところで遊んでいるよりも、机に向かっている方がいいのではないか、
そんなことを考えてしまう自分が情けなくもあり、ちょっぴり辛かった。
でも大好きなメンバーに会えてとても嬉しかったし、勇気と自信をいただけた気がする。
帰る直前に、山下さま(事情は前から知っている)と西村さん(初めて事情を話した)にワガママを言い、
勉強に使っている単語帳にメッセージをいただいた。本当に嬉しかった。
毎日学校に行き机について、勉強を始める前にそっとそれを見返すのが日課になっている。
気合いをしっかりと入れて数時間の頭の格闘に入っていく。

行政書士の試験日は11月10日、13時〜16時
ワガママを重ねますが、応援していただけると本当にありがたいです。

ベアパラダイス

October 23 [Wed], 2013, 23:23
半月以上前のことを書くのも気が引けるのですが、時間があるうちに…

いつもと同じように重箱の隅をつつくような感想になりますが、お許しください。
あくまでも私個人の感想と見たままであり、他の事情など一切わからないので、
本当は違う、ということが多々あるかもしれません。御指摘いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

2013年10月5日
Bear ParaDise
に参加してきました。
正直言いますとね、私事がちょっとありまして、参加するかどうか迷っておったのです。
確かにメンバーとしてはとてもとても魅力的で、
状況するべき理由も他にあったので、行きたいなぁとは思っておったのですが、
一ヶ月後のことを考えると遊ぶのはどうかなぁと思って。
(このことについては後述するかもしれませんし、しないかもしれません)

ですけれど、ツイッターでゴディさんおすずに後押ししていただき、
出演メンバーの西村さんしもぢ山下さまのお言葉に加えて、
なんとなんとはるはるの参加も急遽決定し

こんなハーレムイベント、私が行かずしてどうするか!

という想いを胸に東京行きのチケットを購入したのです。



すごくよかった!
個人的な好みと偏見によるものではございますが、本当に良かった。
私の大好きな虹組四天王に加えて、今回はバックダンサーとして活動していただいた
イッタクさんとやまじんが下支えをしていて(今回だけ、ごめんやで)
六人のステージは本当に見応えがあってよかったです。

個人的に新鮮だなぁと思ったのが「なんちゃって大奥」をやらなかったこと
今では虹組の代表曲であり、定番だと思われるこの曲ですが、
この曲を外したパフォーマンスはとても新鮮でした。
バックダンサー(何度もごめんやで)を含め、踊れるメンバーが多く
「新宿DISCOTHEQUEロンリネス」がとてもかっこよかった!
この曲とても好きなんですがしっかり踊れないとぐちゃぐちゃになる曲だろうとも思うので
観られて本当によかった。感動しました。

一つだけ、本当に一つだけね、重箱の隅をつつくようなことを言わせていただきます。
衣装のメリハリが欲しかった
そこまで広くないステージ、しかも客席から見上げる形のステージであり
出演メンバーも身体が大きい人が多く、一直線に並ぶのではなく、
フォーメーションを作る形でのパフォーマンスだったので、前後に層状態になる。
なので、後ろ側にいるメンバーがどうしても前のメンバーに隠れてしまうことがあり、
普段の各メンバー色の衣装ならば、色が目に入ってくるので、誰がどこにいるのかがわかるのだが、
今回は白とグレーのシンプルな衣装だったので、位置変わりが頻繁に行われると
ちょっと追い切れなくなってしまったのは、少し心残りだった。
もちろんそんなのは衣装のせいじゃなくて、私の判断力や咄嗟の動きに対応できないことにも
問題があることは十分承知している。
それくらいでしょうか。本当にお気になさらないでいただけるとありがたいです。

出番前にお渡しした川上屋の栗きんとん(岐阜名物)も大好評でよかったです。
ツイッターに写真まで載せていただいて…本当によかった。

私は他のイベントでは写真を撮ったり、サインをいただいたりあまりしないのですが、
今回ばかりはワガママを言ってお願いいたしました。本当にありがとうございます。
なんというか、私のために時間を使わせていただくのがもったいないというか、
それよりもお話などをして、その場でしか出来ない交流をしたいというのがあって。
でも今回はどうしても…ということで四天王に囲まれて満面の笑みを浮かべる私、という
写真をいただきました。本当にありがとうございました。
ちなみに今回の私の格好ですが、
赤色の虹組シャツ
オレンジ色の携帯ケース
青いジーンズ
茶色のキャップ

というね、四天王全色揃った…ん?いやいや、いいんですよ、これで。
分け隔てのない四天王への愛情を、表現できたのかなぁと思います。

その後個人的な事情があって、さらに山下さまと西村さんに
もう一つだけワガママを頼んだのですが、それはまた別のお話。

とても楽しい一夜を楽しませていただきました。改めて私は虹組が好きだなぁと
実感した一晩となりました。本当にありがとうございました。

ファンミーティング

October 08 [Tue], 2013, 8:00
色々と書くことはたまっておるのですが、
新しい試みだったのでこちらを先に書きたいと思います。

いつもと同じように重箱の隅をつつくような感想になりますが、お許しください。
あくまでも私個人の感想と見たままであり、他の事情など一切わからないので、
本当は違う、ということが多々あるかもしれません。御指摘いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

2013年9月29日
ニジファイ☆WESTsファンミーティングin名古屋
が開催された。
16:00〜ということで途中渋滞に合いながらもどうにか間に合い会場へ。
程なく開場し中へ。場所はQUEEN DIAMONDこういうところにあまり行かないので少し緊張。
最初のお客様からずらっと長椅子に座るという不思議な状況に。
しかし身体の大きな私は、より広い椅子の方へ移動。ステージも近いし、足ものばせるしね。

というわけでいつものように気になったところから。
・もっとお客さんの方へ
ほぼ唯一にして一番気になったのがこの点。初めてのイベントであり、慣れないことはわかるのだが、
せっかく「ファンミーティング」と自負しているのだから、ドンドン割り込むくらい来てほしかった。
そんな中でもしもぢーあんかけヴーヴの三人は上手くやっていたように思われる。
気になったのも最初だけで、ショーが終わる頃にはみんなちゃんと出来ていたように思われる。

・触れ合う時間の拡大を
これは気になるというか、願望に近いものなのだが、
前述の通り始まった当初はメンバーにもお客さんにもぎこちなさがあり、
少し戸惑いがあったものの、ショーが始まり、トークをやりだすとだいぶ打ち解けてきて
メンバーもお客さんの横に座ってお喋りできてイイ感じになってきたものの、
その頃にはイベント終了の時間が近づいてきており…
ショーやトークの時間を短くするのではなく、出来れば全体的に長めにしてもらいたい。
もしくはショーやトークの間にも、触れ合える時間を設けてもらえると余計に楽しい気がする。

あとは特別気になったことはないかなぁ。
初めての形態のイベントだから手探りになるよね、それは仕方ないし、
今後、ドンドン改善してよりよいイベントになればいいなぁと思う。


それではよかったこと
・参加メンバーの多さ
WESTsメンバーほぼ全員というか、今までにないくらい大人数のイベントでした。
さすが、気合入ってるなぁ。なかなかここまで集まることってないよね。
普段なかなかお見かけできないメンバーや、
初お目見えがこのイベントなメンバーもいて、感慨深く見させていただきました。

・ショー
決して広いとは言えないステージでしたが、その構造を最大限に生かしたショーだったと思います。
段の上と下のメンバー配置が効果的だったと思います。
個人的に一番感動したのは「鏡よ、鏡(あっきー 背番号4)」の生歌が聴けたこと!
「虹組ベスツ!A」に収録されておりCDでは繰り返し聴いていたのですが、
これが本人歌唱で聴けるとは…感動しました。
こちらと距離が近いステージだからこそ、身近で見られ、一緒に作り上げている感じがしました。
背番号の若いチームの安定感、名古屋メンバーの団結力、関西メンバーの爆発力
加入間もないチームの新鮮さ、色々な面が楽しめました。
やっぱり個性豊かな虹組だなぁと改めて感じられました。
(笑顔で元気いっぱいに歌って踊るあんかけが可愛いなぁと思ってしまった…)

・トーク
歌と歌の間のトーク、皆さんやっぱりおしゃべりがお上手。
初期メンバーだらけの発足当時のお話を聞いて「あぁそんなときもあったなぁ」と思ったり
関西メンバーのざっくばらんな内容にお腹を抱えて笑ったり
メンバーがメンバーのイイところを挙げるという趣旨だったのに酷いことになったり…
ほんのちょっとだけ長いかなぁと思うこともあったけど、大満足でした。


是非とも定期的に継続していただきたいイベントです。
ドリンク代はいいけれど、入場無料で良かったのかなぁ。と心配するくらいでしたよ。
あと、各テーブルにおつまみが置いてあってご自由に、と言われていたのですが、
一人で一皿空けてしまってごめんなさい。ついついね、食物があるとね。


今回も長々と駄文に付き合ってくださり、ありがとうございました。

NLGR+2013 2

July 25 [Thu], 2013, 10:42
さぁ打って変わってよかった話をしましょう。

「私物プレゼント企画」最高!
はい、ただのミーハーファンに戻ります。
この企画は私みたいなメンバーと触れ合ってキャッキャするタイプには最高の企画。
二日間に分けてメンバーの私物を大プレゼントするなんて。
私が狙っていたのは山下様、はるはる、西村さん、しもぢーの四天王のグッズ!
これね、私がもらわずに誰がもらうんだ!と思いながら挑んだんだけどね。

一日目、この日は西村さんのグッズ抽選。
まぁいきなり当たることはないだろうと思いながら待ってたんだけど
普通に何も、そう、何も当たらずに終了。まぁ仕方ない。どっちみちあの下着は履けない(すっぱい葡萄理論)

二日目、ライブも終了し、いざ真剣勝負。しもぢー、はるはる、山下様の順番でグッズが出る。
まずはしもぢーのグッズ。欲しいよね〜欲しいよね〜。
心の中で少しお祈りする……はい、はずれ〜。クッソ!
まぁまぁまぁ。まだまだ。まだ狙いは二つある。これからこれから。

次にはるはるのグッズ。欲しい!欲しい!
隣にいた西村さんと割とガチにお祈りをする。
(当たりますように…当たりますように…神よ、私に祝福を…)

はい、当たった人は僕たちの目に前にいた人でしたぁ。ずれてる!神様、ずれてる!
この時点で精神力の消耗が多少激しく、「サンクス神様!」を聴く気が失せはじめる。

最後に山下様のグッズ。欲しい、欲しくないとかじゃない!
ガッチガチに祈る。なんなら供物として命を捧げようかの勢いで祈る。
無心でただひたすらに祈る。見返りとかそういうものを欲することなく、ただただ祈る。
神や仏、なんならゾロアスター教やらケルト、下手するとクトゥルフの神にまで祈る勢いで。














はずれ!もうなんだよ!
その場で崩れ落ちなかったのは多少なりとも理性があったから。
西村さんに慰められながら抽選会は終了。あぁ、辛い…意気揚々と挑んだ30分ほど前の自分が憎い…
山下様の帽子を引き当てた憎っくき方に西村さんが声をかけられて、
帽子を見せてもらい、触らせてもらうことに。あぁ…いいなぁ。うらやましい…
「こちらは山下さんもファンの方で、一つも当てられなくてねぇ」」なんて話される西村さん。
「そうなんですか、でしたら帽子もファンの方が持たれた方がいいですよね」
え?今なんと?私の耳はついに幻聴を聴くようになってしまった?
お祈りしすぎて精神力が尽きてしまい、精神に肉体が引っ張られて朽ちそうなの?
「帽子、差し上げますよ。」


ぎゃー!ぎゃー!ぎゃー!サンクス神様!
頭のなかで鳴り響くサンクス神様!そして偉大なるファンファーレ。
目の前にいらっしゃるのはきっと神様なんだ、そう思った瞬間でした。
半分泣きそうになる(ふた筋くらい涙が溢れた、そんな気がした)私。
丁寧にお礼を言って大切に帽子を胸に抱く。
その後山下様が来てくださって、サインまでいただけることに。
あぁもうこれあかんわ。今年中に命落とすパターンや。
こんなドラマが待っているなんて。
本当に本当にありがとうございました。とても楽しい一日でした。
お帽子はちゃんと大切に保管しております。被る?そんな滅相もない。もったいなくて…

追記
山下様のお帽子をいただけたのは、西村雅之さん(背番号23)
のおかげでございます。
また、山下様のサインをいただけたのも、西村雅之さん(ニックネーム:女将)
のおかげでございます。
本当にありがとうございました!お礼はまた次の機会に…
広告
恋愛成就のお守り
開運•魔除けブログパーツ
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:バチヤ
  • アイコン画像 誕生日:1978年4月29日
  • アイコン画像 現住所:岐阜県
  • アイコン画像 趣味:
    ・中島みゆき-この世に二人だけ、バス通り、捨てるほどの愛でいいから、HALF
    ・劇団四季-マンマ・ミーア、エビータ・ジーザス=クライスト=スーパースター
    ・ボードゲーム-みんなでワイワイボードゲームするのが楽しい!
読者になる
中島みゆきが大好きで運転しながら大声で歌いまくる。
劇団四季が大好きでマンマ・ミーアで踊り狂う。
ボードゲームが大好きでみんなでワイワイ笑いあう。
男なのに男が好きちょっぴり乙女
それが私。
ヤプミー!一覧
読者になる
お勉強に役立ちそうな
特殊アイテム