ベビーカー激安店紹介ページはこちら
↑↑↑↑↑♪ ベビーカーを最安値チェック ♪↑↑↑↑↑

ベビーカー 人気

July 16 [Thu], 2009, 13:34
ベビーカー人気商品をさがしていました。
検索上位はマクラーレン アップリカ コンビ が主流でした。

ベビーカーも多彩な種類があり、どれにすればいいのかまよってしまいますよね。
人気ランキングなんかをチェックしてみると
だいたいそれぞれのサイトページによって
まちまちで、どれがいいのかさっぱり分からず。。。
そこで、それぞれの特徴を紹介。

マクラーレンベビーカー
英国生まれのプレミアムブランド“maclaren”。安全基準として世界で最も厳しいとされている英国法に適合。
1967年世界ではじめて「折りたたみ乳母車(ストローラー)」を発売しました。それ以来、常に発明・改良が加えられ、
すぐれた機能性と高品位なスタイルで英国王室をはじめとする欧米のセレブリティに支持され、
50ヶ国以上で販売されています。5点式安全ベルトを標準装備。4歳の誕生日まで使えます。
リンクブレーキ・反射板など多彩な安全機能。操作時に美しい姿勢を保てるハイポジション・エルゴノミックハンドル。
大人の目にもここち良いシンプルで高品位なデザイン。
国内ベビーカーのようにA型、B型という明確な定義がないので、十分機能を理解した上で選ぶことが必要。
インポートのベビーカーは、バギータイプのものも多いが、頑丈で安定した構造のバギーなので安心して使うことができる。

上記のように、シンプルなのに高性能っていうところで、セレブ人気が高くなったってことですね。
やっぱり世界のセレブが使用するとなると、庶民は食いついちゃいますよね。


アップリカ ベビーカー
国内メーカー製造のブランドです。
まず第一にアップリカのベビーカーは赤ちゃんが自然な姿勢で眠ることができる構造で、気道を圧迫せず、腹式呼吸を妨げません。
また、振動に敏感でデリケートな赤ちゃんの脳(頭)を守るために生まれた”マシュマロGクッション”は、低反発素材を取り入れ、
効果的にベビーカーの振動吸収を行います。
さらに、赤ちゃんは大人よりも体温が高く、体温調節機能が未熟なので、アップリカの通気を調節できるベビーカーで、
未熟な体温調節機能を補ってあげましょう。

上記のように、かごの部分にはこだわりがあるようですね。
ただ、リコール問題もあり、現在はアップリカの人気がコンビ人気に移動しているようです。

コンビのベビーカー

コンビの中核事業であるベビー&トイ事業では、国内ベビー業界のリーディングカンパニーとして、
ベビーカー、チャイルドシートをはじめ、安全でつねに時代に即した商品とサービスを提供し、
ユーザーのニーズに応えて信頼を蓄積してきました。
さまざまなライフスタイルに合わせて、お客様に安心してお使いいただける製品をご提供しています。
製品の特徴は、フレームの剛性がいい。コンパクトである。といった声が多く聞かれまた。


上記のようにコンパクト感(車に積み込める)やフレームの剛性による安定。があげられます。


どのベビーカーが人気なんだろうと多くの人気ランキングサイトをのぞいてみましたが
やはり、人気で選ぶというよりは、目的や個人的に優先することで選んだほうがいいかもしれませんよね。

生活スタイルや重視する項目によっても、人気ランキングは大きく変わっていました。

信頼のブランド力なら、インポート人気
籠の心地よさなら、アップリカ人気
フレームの安定性なら、コンビ人気

などなど、それぞれ力をいれているところが少しずつ違うようです。


アップリカ ベビーカー

July 16 [Thu], 2009, 15:07
アップリカ ベビーカーについて紹介。
アップリカベビーカーのコンセプトは「赤ちゃんの脳は生涯の幸せ」。0歳〜3歳までの脳の成長期に与えられる両親の愛情がもっとも大切と考え「赤ちゃんを主体」にした商品をご用意。さらに一つひとつの商品には「お母さんの赤ちゃんに対する思い」もしっかり息づいています。

乗せている赤ちゃんに移動時の振動の影響がないよう
衝撃を吸収するシートにかなりこだわっているようです。
また、体温の高い赤ちゃんが快適に乗れるよう、体温調節を考えた
シート企画も盛りだくさん。

アップリカのベビーカーのこだわりは
赤ちゃんのからだの特性や心の発達について正しく知るために必要な「赤ちゃん医学」。
この医学から学んだ、理想的な環境や未熟なからだを正しく守り育てるノウハウを
育児器具に反映させています。さらに積極的に取組んでいるのが「育児工学」。
こちらは赤ちゃんをどんなときにも、もっとも良い環境で守り、お母さんが
安心して使うことのできる育児器具の開発に欠かせません。

お母さんの赤ちゃんに対する思いをいつまでも大切にするために、
長く使える商品の開発にも力を注いでいます。
これは赤ちゃんが成長したときにも、お母さんにしてもらったことを
カタチとして残しておきたいから。
さらに「ひとつの商品を使い続ける」ということは、
お子さまの成長過程においても大切だと考えています。
P R