ベビービョルンのバウンサーって? 

2012年08月29日(水) 13時13分
こんにちは♪

今日は、ベビービョルンの豊富なベビー用品の中でも
一番有名な “バウンサー” のご紹介です。

ベビービョルンといえば、バウンサーや抱っこ紐 なんですよね!!


そもそも、バウンサーってご存知ですか?
バウンス?? をするもの? バウンスって何?? ですよね!!


どうでもよいのですが、辞書でひいてみました。

バウンスは「bounce」って書きます。

で、訳は

1.〜をはずませる、跳ね返す
2.〜を解雇{かいこ}する◆【語源】中に入ってきた人を跳ね返すイメージから。
3.〔小切手{こぎって}を〕不渡りにする

というそうで、これでもかえってわかんないなあ??

そこで、バウンサーとは? ってんで、
「bouncer」とは?
1.跳び跳ねる物[人]
〔会場・ナイトクラブ・バーなどの〕用心棒、警備員
2.・Customers are greeted by huge bouncers.
3.《野球》〔大きく数回{すうかい}バウンドする〕内野{ないや}ゴロ
4.〔クリケットの〕バウンサー◆打者の胸の高さ以上までバウンドするボール。頻繁にバウンサーを投げることは禁じられている。

3と4は関係なさそうで、結局のところ、
飛び跳ねる者、用心棒ってな所でした。

早い話が、
赤ちゃんをビョンビョン飛び跳ねるようにしてあげるもので、
赤ちゃんを守ってくれる“用心棒” のことなんです。
(チョット、こじつけかも...)


そう、赤ちゃんを優しく包んで、赤ちゃんの重さでゆらゆらしてくれる、
ベビーチェアの一種なんですね!!

フウーっ、ようやく結論です。

寝かせた状態でも使える「ハイローチェア」などとは違って、
上半身を起こした状態で使用するタイプなんです。

首が座ってきた生後4ヶ月以降から使用可能で、軽いので持ち運びできるのが利点です。

キッチンに立ちたいけれど、まだ目の離せないねんねの赤ちゃんをあやしたり、
お風呂で赤ちゃんをしっかりと支えてくれたり、

赤ちゃんもママの顔や姿がいつも見えているので、
とっても安心して、ニコニコ顔でいられるのです。

家事がしたいけど、今までだとおんぶや抱っこしながらなので、
ママも赤ちゃんも、何かと不安でしたよね!?

ところが、バウンサーに載せてあげると
赤ちゃんは丸でママに抱っこしてもらっている様な心地がして、

とっても安心して、楽しんでいてくれるんです。
ママも、赤ちゃんの様子を見ながら
両手が使えるので、効率的にお仕事ができちゃうんです♪♪


子育てベテランママさんは当然ご存知ですよね!?

でも、初心者ママさんはご存じなかったかも...。
それに、必要性や使い勝手なんかもとっても気になるところですよネ♪

そこで、次回からはベビービョルンの一番のおすすめの、
バウンサーについて、ご紹介してゆきますネ♪

どうぞご参考にしてみてくださいネ♪

赤ちゃんもそして新米ママも、
快適な子育てライフになりますように

応援しています♪♪