人魚姫

2007年02月02日(金) 0時12分


金色に光る海がすきだと彼は言った
それだけで、おれは生きていけると思った




『選ばれなかった人魚姫』




どこまで見渡したって蒼い
世界は蒼で構成されているんだと小さい頃は信じて疑わなかった
誰かに聞かれたら、海の底はそんな世界だって、おれはたぶん答えると思う
その言葉がどれだけ相手に伝わるかなんて分からないけれど






場違いだ、まずそう思った
重そうな扉も遠い天井もキラキラした灯りもふわふわの絨毯も
何もかもが初めてだ
人魚姫が招かれたお城っていうのはもしかしたらこんなふうなのかもしれない、なんて言ったら
ただ広いだけだと、彼―獄寺はやと―は言った
とりあえずそれだけで十分すごいと、一般庶民であるおれは思う
生憎、見慣れないものに気圧されてしまうような可愛らしい神経は持ち合わせてないけど
そう言えば、初めてあったときのこいつはたしかに
纏う雰囲気からしてどこか違ってたなぁと改めて思った


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:baby1loveyou
読者になる
2007年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる