赤ちゃんのほっぺの赤くなる原因と対処法

April 10 [Fri], 2015, 14:25
ほっぺの赤い赤ちゃんは、幼児性が感じられ
とても微笑ましくかわいらしいものですね。

しかし、冬の寒い時期ならまだしも
寒い時期以外での頬の赤みは
病気や肌トラブルも考えられるため対処が必要です。


赤ちゃんのほっぺが赤い原因

1.りんご病

りんご病は頬が赤くなる見た目からつけられた病名で
正式名称を「伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)」といいます。

ウィルスに感染する事で発症し、頬が赤くなり痒みを伴います。

特に病院に行かなくても1〜2週間ほどで自然回復する病気です。


2.温度変化

室内と屋外の寒暖の差によって起こるほっぺの赤みです。

頬の毛細血管が広がり血流が増える事で起こります。

しばらくすると治まるため特に心配する事はありません。


3.乾燥

赤ちゃんの赤いほっぺの原因で一番よくあるのが「乾燥」です。

プルプルで潤いたっぷりに思える赤ちゃんの肌は、
皮膚が薄くとてもデリケートな状態です。

特に乾燥にはとても敏感で、湿度が低くなると
すぐに肌がカサカサになったりひび割れてしまいます。

乳児(生まれてから1歳くらいまで)の時の湿度を
40〜60%にしなさいと言われているのは乾燥防止ためです。

肌を保湿するためには、ベビーローションやクリーム、
ワセリンなどでしっかりと保湿してあげましょう。

特にワセリンは皮膚科の医師も推奨しているので
利用する機会も多いでしょう。


保湿するタイミングとして、
・入浴後
・おむつ替えや着替えの時
が服を脱がせているためベストと言えます。


お風呂に入った後の保湿をしっかりする人は多いですが、
意外とボディーソープに気を使う人が少ないです。

赤ちゃん用のボディーソープだからといって
どれでも良いわけではなく、赤ちゃんの肌に不向きだったり
中には危険な成分が含まれたものもあるので気をつけて下さい。

特に、石油系合成界面活性剤や旧表示指定成分などが配合された
ボディーシャンプーは皮膚トラブルの元になるので
裏に表示してある成分表をよく読んでから購入するようにしましょう。

赤ちゃんの肌に優しく乾燥防止に適したボディーソープといえば
Dolci Bolle(ドルチボーレ)が人気です。

3200円(300ml)と少々高いですが、
危険な成分が全て無添加で安心して使えます。

頭の先から体まで全身を丸ごと洗える便利さなので、
楽天ランキングでもベビーシャンプー・ソープ部門で
第1位を獲得するほど人気となっています。

 ▼初回限定送料無料はこちらから▼