葉酸についての三つの立場

March 21 [Mon], 2016, 10:07
皆さんご存知のように、妊娠とビタミンの一種である「葉酸」は切り離せない関係の二つです。それはつまり、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。この話は当然、妊娠中に限らず、妊活中の女性にも大切な栄養素であることは変わりありません。実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。ですから、妊娠に適した体で赤ちゃんを授かれるように、出来るだけ早い妊活中の時期から、葉酸をたっぷり摂取する事を注意してください。妊娠する前の段階で十分に葉酸を摂取しましょうと、雑誌に載っていたと、友達が教えてくれました。胎児が健やかに育つために大切な栄養素だそうです。野菜に多く含まれている成分なのですが、調理の際に溶け出してしまったり、体の中での吸収率が良くなかったりと、十分な葉酸を摂るのは結構骨が折れそうだな、と思いました。手軽に摂るなら、サプリを利用すれば良い、とも書いてありました。安全性が高く、自分に合ったサプリを調べて、健康的な赤ちゃんを授かれるように、努力していきたいです。妊娠における葉酸の効果が認められてから、病院や産婦人科でも妊婦への摂取が勧められているんですよね。産婦人科や病院の方針によっては、葉酸サプリを配布しているケースもあるのです。とはいえ、妊娠初期に葉酸を積極的に摂っていなかったと不安になっている妊婦さんもいますよね。万が一、サプリによる葉酸の摂取を怠ったと感じている方も、ビタミンB群に属する栄養素である葉酸は、ほうれん草や肉類、果実等にも多く含まれています。ですから、サプリによる摂取が無くても普通の食事を摂っていたならば、多少は摂取できているという事ですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リナ
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる