一番最初はつらい? 

2006年03月07日(火) 16時51分
初孫はるちゃん
体も大きくて元気。ついつい年齢よりも大きく勘違いしてしまいます。
自分が悪くても正しくても怒られる事が多くバーバとしては悩んでいます。
近頃は意地悪さもでてきて、皆から注意されてます。
でも、皆いい所が一杯あるはるちゃんをわかっていながら、笑えないでいるのです。
良い所を引き出すには・・・・。

携帯大好き 

2006年03月05日(日) 14時13分
ご機嫌ななめの時、携帯で助かっています。
それだけママがあきくんの前でよく使っているのでしょうね。
でもでも、私の携帯早く壊れてしまうかなー。

大変だ 

2006年03月02日(木) 12時42分
なっちゃんから電話で
「おぱあちゃん、地震大丈夫だった?」
と・・・
「大丈夫よ」
と答えたものの、地震なんてあったかしらねぇ、と考えていると、

「今日ね、保育園に地震と火事が来たの。
保育園は壊れなかったけど、
おぱあちゃんちは壊れてるかもしれないと思って、
なっちゃん、あした見に行こうと思ってたんだ」

娘の解説によると、保育園で避難訓練があったのだそうです。
真剣に訓練したんですね
心配してくれてありがとう。

起爆剤 

2006年03月01日(水) 12時30分
なっちゃんが我が家にお泊りしました。

朝、眠くて眠くてたまらない様子。
グズグズ泣いているので、なだめてみたり怒ってみたり。

そのときおじいちゃんがぷ〜

なっちゃんは大ウケして、すっかり目が覚め、ご機嫌になりました。

親分! 

2006年02月28日(火) 11時50分
最近のふゆくんは、なっちゃんが大好き
なっちゃんがくるとじーっと見つめて、あぁうぅとお話
なっちゃんが話しかけると大喜びでニコニコします。

「なっちゃん、子分ができてよかったね」
と声をかけると、なっちゃん、しばらく考えて・・・
「ここ
おでこを指しました
なんでとこちらも沈黙。

ああ、なるほど
なっちゃんは「こぶ」だと思ったわけです

「こぶじゃないよ、子分だよ。
えーと、手下・・・これもわかんないか、
弟・・・だと、そのとおりだわねぇ、
後輩、仲間、部下・・・んー、そんな感じ」

子分の説明って難しい

快便 

2006年02月27日(月) 22時16分
ふゆくんは快便。1日に何度もうんちします

今日も快調すぎるほど快調
娘もオムツ替えに飽きて
「もぅいい加減にしてよっ

すると、それを見ていたおじいちゃん、
「うらやましいなあ
何十年も便秘で悩んでいるので。

似なくてよかったね。

大人の事情が・・・ 

2006年02月26日(日) 10時44分
今日はふゆくんのお宮参り
両家の祖父母まで揃って、神社に出かけ、お参りの後近くのホテルでコーヒーを飲みました

話が長くなり、退屈ななっちゃんはそわそわうろうろ
「お店では走ったりしてはいけなかったわよね。」
と、ママに何度も注意されていました。
そのたびに素直に「はいっ」と椅子に座るなっちゃんです

さて、長い話が終わり、皆帰り支度を始めます。
さぁ、ここからはよく見る伝票争奪戦
「こちらが払います」
「いえいえ、そういうわけには・・・」
両家のジジババがレジに走ります。。。
結局あちらのおじいちゃんに支払っていただいてしまいました。

お礼を言いながら席に戻るとなっちゃんに
「お店では走ってはいけませんよ
と、注意されてしまいました

3歳のはるちゃん 

2006年02月24日(金) 19時59分
わたしと一緒に遊んでいた時の事。
はる「おばあちゃん、そのおもちゃとって
私、なつちゃんの遊びに付き合っていたため、
適当なおもちゃ(笛)をとりあえず渡した。

はる「ぴ〜ぴよ〜っ
私、ちょっと楽しそうと、ほっとする。

と、突然はるちゃんは笛をおもちゃ箱にしまって、一言
はる「これはふえじゃないかぁ〜っっ
と、これはまた素晴らしい、吉本張りの突っ込み
私「あらぁ気付いちゃった」と誤魔化しておきました

孫にも衣装 

2006年02月24日(金) 12時56分
はるちゃんがバレエデビュー
丸はるちゃんもレオタード効果でスマートに見えました
孫にも衣装
楽しんで遊べますように

あき君はママ大好きでママがいないと大泣き!
誰にも預けられずママは大変大変
お陰でママの体型はは5年前に戻りました

ふゆ君の鼻は誰に似てるかという話に
パパから順番に見ていくとそっくりな鼻が寝てました
お爺ちゃんでした{喜ぶかな泣くかな}

切腹! 

2006年02月22日(水) 9時52分
娘がふゆくんを妊娠し、お腹が大きくなるに伴い、3歳上のなっちゃんは抱っこしてもらえなくなりました。
でも、まだまだ甘えん坊のなっちゃんです。
「ママはお腹に赤ちゃんがいるから抱っこはできないのよ」
と、私が代わりに抱っこやおんぶをしてあげていました。
14キロもありましたがね。

時が満ち、事情あって帝王切開でふゆくんが産まれましたが、退院後もお腹の傷が痛くてとても抱っこなどできないと言う娘。
私も、赤ずきんちゃんや七匹の子ヤギのオオカミのように、お腹を切られた娘が心配で、
「ママはお腹をチョキチョキと切って痛いの。だからまだ抱っこはできないのよ」
と、引き続き代わりに抱っこやおんぶをしてあげていました。
この頃には15キロを突破していたと思われますが。

ある日、やっとなんとか背筋を伸ばして歩けるようになった娘が、気分転換に、となっちゃんを連れて買い物に行ったところ、

なつ「ママはお腹を切ったの
娘「そうよ」
なつ「背中は
娘「背中は切ってないよ」
なつ「じゃあ、おんぶして

困ったわと、土産話をしてくれました。

今はもうすっかり傷も回復したようですが、抱っこ好きなふゆくんのおかげで、今でもなかなか抱っこしてもらえないなっちゃんです。
でも、もう3歳だし、15キロもあるし、抱っこもおんぶも卒業してほしいですね。
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/baabababa/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:baabababa
読者になる
Yapme!一覧
読者になる