扇風機の羽根の枚数

April 05 [Fri], 2013, 15:54
ごく一般的な電気扇風機のプロペラファンの枚数は、直線で構成できる2翅の他は、長らく3翅が主流であった。近年では効率化の観点から[要出典]5翅が多い。これは、正三角形、正五角形のように、対角線で形成される図形が一筆書きになる図形を基にした放射線の方が、図面上配列を均一にしやすく、また成型時に中心を取りやすく、或いは工作精度の限界による図形上の中心と重量上の中心のズレが発生しても偏回転を起こしにくく、設計・製造の両面で有利であった為である。

これに対して、4翅、6翅といった偶数のものは、同様の理由から少数派である。4翅は普及黎明の商品に見かけることがあるが、これは単に2翅で設計したプロペラを2重にした構造でしかなく、工作精度によっては図形上の中心と重量上の中心のズレによる偏回転による振動発生や故障が引き起こされた為、やがて金属プレス加工やプラスチック一体成型のプロペラが主流になるにしたがって姿を消していった。

唯一、東芝だけがプラスチック一体成型のプロペラ全盛期に至っても一貫して4枚羽根を採用し続けてきた。これは、1894年に国産扇風機第1号を製造したメーカー(当時は芝浦製作所)として、4枚羽根プロペラの扇風機を他社製品と同じ信頼性で量産できるという技術力を誇示するものである。なお、4翅プロペラが「3翅プロペラに比べて滑らかで、5翅プロペラよりも1翅あたりの面積が広く効率的である」というのはあくまで東芝のセールス上の主張である。

東芝は現在も家庭用扇風機の開発・生産を独自に行っている為、ごく一般に購入することが可能である。また、主に東急車輛製造(一部、日本車輌製造)製の鉄道車両のオート扇に4翅扇風機が見られるのは、東芝が同社に電装品を納入している関係による。

また、2011年に東芝は、7翅(家庭用)の販売も始めた[2]。

2012年現在は羽のない扇風機も存在する[3]。

参照元:Wikipedia「扇風機

[PR]男のキレイめファッションを購入できるサイト

扇風機の種類 - 天井扇

April 05 [Fri], 2013, 15:54
シーリングファンとも言い天井に取り付ける大型のもので直径は、1m前後である。エアコンが普及するまで官公庁や病院、デパートなどで一般に見られた。軸が天井固定でモーター本体に羽根がついて回転する形式が多い。ハワイなど南国では一般的に使われている。照明と一体になったデザインのものもある。現在ではレトロな雰囲気を出すためにインテリアとして設置する例が見られる。

参照元:Wikipedia「扇風機

扇風機の種類 - 工業扇

April 05 [Fri], 2013, 15:53
工場などで使われる大型の物で、羽根の直径は45cm程度。小型のものもあり(羽直径 10 - 20cm)、家庭での半田煙やラッカー塗料のガスを吹き飛ばすのに使用される。異臭やホコリ、チリを吹き飛ばすほど強力なタイプもあり、主に工場で用いられるが、ホームセンターでも容易に入手できるので、多くの人が集まる集会場や一般家庭で使われているケースも少なくない。電源は単相100Vや200V、三相200Vを使用することが多い。

参照元:Wikipedia「扇風機
P R
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ba2apaxf/index1_0.rdf
ヤプミー!一覧
読者になる