プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:b9mishima
読者になる
2009年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
熱帯魚の眼の病気 / 2009年07月18日(土)
エロモナス症は、熱帯魚のポップアイ・立鱗病・穴あき病などを引き起こす症状で、ベタなどが主にかかりやすい病気のようです。
症状がいくつかあり、眼が白くなったり飛び出したりする・鱗が立つ・腹部が膨らむ・頭に赤いこぶができます。
この症状を複数発病したりし、不治の病とも言われています。上の症状などで魚が調子をくずすと、体色にツヤがなく体色を暗化させている。
餌を食べる量が減少し呼吸が荒く、口をしっかり閉じない。

あまり泳がず底に体をつけていてヒレをたたみ気味にしている。また体やヒレに微細な白点が見え、ヒレ先が白く濁り、少し溶けている。体を何かこすりつけるようにして痒がっていたり、目が薄く白濁したりしている。
鼻孔が薄く赤味がかってくるなど多くの症状が出てきます。

その原因は、長い間悪い水で飼育したり、輸入直後に多く発病したりしているようでほかにも、熱帯魚にストレスがたまってしまうのも発病の原因だと言われています。
それを防ぐには定期的に水替えをしたり、ろ過器や水質、水温などをチェックしたりして、ストレスを少なくしてあげましょう。

この病気は、不治の病と言われている程、治りにくい病気なのですが、以外に簡単に治った熱帯魚の話も聞いた事があります。
しかし、本来は治りにくい病気なのでかかってしまったら覚悟を決めた方がいいと思います。
でも何もしないで死を待つよりは、何か努力をしてみるのも大切ですね。治療法として薬を使うのが良いと言われていて、またこの病気には、高温飼育では治りにくいようです。

飼育している魚が病気にかかりやすい環境は大体決まっていて、季節は、春や秋、保温器具を作動させておらず、水温が日々不安定なときに多いと言われています。
ほかにも、水換えを何ヶ月も行っておらず、飼育水が汚れアンモニアや亜硝酸の濃度も高すぎるときや、濾過槽の掃除をあまり行っておらず、水換えはしているが濾過があまり効いていないとき。
底砂中の掃除を怠り、底砂内が腐敗しつつあるとき、植えていた水草が少しずつ枯れてきたとき。
鮮度の悪い餌を与え、食べ残しが放置されていたとき。急激な水換えをして、ぼんやりと白濁してしまい飼育水のバランスが崩れたとき。

新しく購入した魚を、健康チェックをすませずに同居させて数日たったときなど幾つもの原因がありますが、これらは定期的に確認したり、熱帯魚を新しく入れるときに気を付けたりすれば殆ど改善される事ばかりですね。
病気にならないように、水槽を定期的に綺麗にしてあげて下さいね。
また病気になったとしても最近では薬治療の他にも色々な治療法が試されているので諦めず治療してあげて下さいね。
 
   
Posted at 14:02/ この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!