利得、ロスを出したらその理由を明確に

May 11 [Fri], 2012, 7:42
FX では為替は常に変動しますから、好機を逃してもまた別のタイミングがやってきます。ですので、絶えざる相場の傾向に注目していてください。たいていの場合、相場の流れに追従していくMACD(マックディー)と、カレンシーの振幅を観測するスローストキャスティクスを使い分けることは実用的です。

利得、ロスを出したらその理由を明確にし、次回の売買から活かしていきたいですね。とまれ、休みも相場と言って、為替の予測ができそうにない時は、無理に取引きしないのもスキルです。

中期投資のかなめは、細かいボラティリティーにとらわれずに、ある程度のスパンは余裕をもって局面を見守るくらいの気持ちが稼ぐやり方なのでしょう。先般、為替レートが上昇するファクターは、たいていの場合景気が良く金利が上がることがいわれとなります。

−今日のFX用語−
■主要通貨
「主要通貨」とは、外国為替市場で売買取引が頻繁に行われている通貨のことをいいます。一般には、米ドル、ユーロ、ポンド、日本円、スイスフランのことをいいます。

相場を動かす見込みのあるニュースなどを

April 01 [Sun], 2012, 7:12
相場を動かす見込みのあるニュースなどをいつでも点検しておくことには意味があります。すごく意思が強い人でない限り、感情に流された取引きをすることになります。ですから、イフダン(IFD)頼むでエントリー・利確・損切りのラインを多年設定しておきましょう。 また、元来順張り系であるMACDのサインがいまだに明確にでていないときは、簡単に稼ぐことが可能な通貨が明確にはない局面を意味しますので、訓戒が必要です。資源国であるオーストラリアの円貨であるオーストラリアドル(AUD)は、強い経済と高金利に意義 があり、話題になっています。 −今日のFX用語− ■スティープ化 「スティープ化」とは、イールドカーブが右上がり傾向になることをいいます。つまり、長期金利と短期金利の差が大きくなる傾向のことです。

レートの急変の懸念なしにできれば安定し

December 29 [Thu], 2011, 7:45
市場を動かすポシビリティーのあるニュースなどをのべつ検査しておくことには意味があります。大事なことは、どんな戦略でもリターンも出ますし損失も出るということなので、認識しておきましょう。

レートの急変の懸念なしにできれば安定して増やしたいという人もいますね。それならば、スワップ金利で稼ぐのもFXの使い方でもあるわけです。 FX 取り引きで収益をあげるには、傾向を見極めることなのですね。それには、移動平均線を使用するのが最適でしょう。

−今日のFX用語−
■ユーロ
「ユーロ」とは、EU(欧州連合)の単一通貨のことをいいます。主要通貨となっています。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:やまとっち
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる