<裁判員裁判>公判で突然否認の被告に懲役10年 東京地裁(毎日新聞)

June 04 [Fri], 2010, 10:45
 ホームセンターで女性を包丁で刺したとして殺人未遂罪に問われた住所不定、無職、金子正幸被告(40)の裁判員裁判で、東京地裁(若園敦雄裁判長)は2日、求刑通り懲役10年の判決を言い渡した。金子被告は初公判で「やっていない。自分は金子ではなくミサキライトラインハルトである」などと突然否認したが、判決は捜査段階の供述などから被告が犯人と認定した。

 若園裁判長は「裁判所はあなたの初公判の説明をすべてうそと判断した。このような卑劣な態度でなく、正面から裁判に臨んでほしかった」と説諭した。金子被告は目を閉じたまま聞いていた。

 金子被告は捜査段階で起訴内容を認め、被害者に謝罪の手紙も書いていた。検察側は突然の否認を受け、拘置所職員の証人尋問などを追加申請。公判は予定通り3日間で終わったが、判決後に会見した裁判員6人は全員「審理が延びても構わないと思った」と話した。一方で、30代の女性会社員は「今回のケースなら3日間で十分だった」とも語った。

 判決によると、金子被告は09年5月28日、東京都葛飾区のホームセンターで買い物に来ていた当時53歳の女性の背中を包丁で刺し、1週間のけがをさせた。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
裁判員裁判:「全国初」懲役15年確定へ
殺人未遂裁判:被告が突然、起訴内容を否認 異例の展開に
裁判員裁判:殺人罪が傷害致死に…懲役8年判決 水戸地裁
タクシー強盗:19歳米兵に懲役3〜4年の実刑 那覇地裁
裁判員裁判:「責任取ってから死んで」 死刑望む被告に

ヤギふれあい、マラソン中止…口蹄疫影響全国に(読売新聞)
首相動静(5月29日)(時事通信)
ウイルス作成者ら2人逮捕=個人情報流出、現金詐取容疑―全国2例目・警視庁(時事通信)
地域が国を動かす7つの条件(医療介護CBニュース)
生活保護費詐取事件 元代表、名前複数使い分け(産経新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/b8am5w6l/archive/17
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。