経験を仕事に生かす 

2015年05月10日(日) 20時33分
自分の怪我や入院・手術などの体験をもとに
人のための治療を志し、治療院を開く方は
多く見られます。

名古屋市中村区の人が多く通う接骨院の院長先生も
学生時代部活は体操部だったそうで
その間の怪我(骨折、脱臼、捻挫など)の経験が
今の仕事に大いに役立っているのだそうです。

そういえば今やっているドラマ
「Dr.倫太郎」の主人公、日野倫太郎先生は
精神科の医師です。
人の気持ちに寄り添うために尽力する
ひのりん先生の過去については
まだまだ語られていませんが
もしかしたら心を病んだ経験がありそうです。
やはり自分が傷ついたり、他の人に
助けてもらったりした経験というのは
生かすことができるといってもいいのかも・・・。

整形外科や整体院、接骨院などは
からだの痛みによりそう仕事、
精神科医やカウンセラーはこころの
痛みによりそう仕事ですね。

体と心、両方は密接な関係がありそうです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ちょこ菜555go
読者になる
2015年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる