カーコーティングの効果について

December 05 [Mon], 2016, 13:50
女性は、化粧品や日焼け止めで紫外線から肌を守ります。
実は、車にとっても紫外線は敵なのです。
車の塗装面に透明な皮膜を塗布すると、車を酸化から守ることができます。
昔は、ワックスを使用していましたが、ワックスだと雨などで消失しやすかったのです。
ワックスの持続時間は、約1ヶ月程度です。

そこで、登場したのが、カーコーティングです。
カーコーティングは、紫外線を受けて劣化することで、塗装を守る効果があるのです。
ポリマー系のコーティングは、ワックスとは異なりポリマーで構成されています。
コーティングが塗装面に定着すると、分子同士が結びつき、強力な皮膜を形成するのです。
密度が高い皮膜なので、汚染物質の進入もブロックすることができます。
また、効果の持続時間が長いのも特徴です。

カーコーティングで車を良い状態のまま維持していると、乗り換えの時や売却時に大きなメリットとなります。
買取査定では、外装の美しさは車の評価を左右する重要なポイントだからです。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/b72wm6e3/index1_0.rdf