マカロン

April 24 [Tue], 2012, 13:28
我が家にクール便で届きました。
山田君から山田君がお家のケーキ屋さんで作っくれたマカロン。
お手紙と共に。
我が家に届きました。
山田君は震災後に我が家に大きなリュックを背負ってやってきた。
名前は優子先生達とのメーリングリストで知っていたけれど逢ったことはない。
どんなことをしているかも最初は気付かなかった。
千葉から泊まる所や宮城の様子を教えてほしいメールを流していてそんなんなら我が家にどうぞ。
ってことであの時の私は今以上にオープンだったないろいろな意味ででもすぐにわかった。
震災の時優子先生が届けてくれたハートのメレンゲをつくってくれた人だって。
ピンクと黄色の優しい味とカタチのメレンゲ。
被災した人達にってね。
まだ岩沼ではケーキ屋さんがやっていなくって甘いお菓子も手に入りにくくてそんな時にメルヘンの国からやって来たようなハートのメレンゲ。
マカロンの詰め合わせ一番はじめに手に取ったのはさくらのマカロン。
サクラの塩ずけと甘さとほろ苦さのピンク色の。
御褒美だね。
雛lからの。
そんなことばかりこの頃起きる。
結構大変なことも起こるけれど大丈夫。
だってちゃんと御褒美が用意されているもん。
だからなんにもこわくない。
むしろ力が湧いてくる。
山田君の仕事は本当に素晴らしい仕事だよ。
繊細で気持ちがこもったお菓子を食べる時には幸せな笑顔と空気が流れている。
そして忘れられない思い出となって身体にしみ込んで行く。
手も荒れるし身体にもきつい仕事だとおもうけれど頑張り過ぎずに愉しんで欲しい。
いわなくても出来ているだろうね。
お菓子は嗜好品です。
音楽みたいなもの無くても生きていける、でも無ければ暮らしていけないそんなお客様に、毎日お菓子をつくりつづけております。
美味しくて美しいお菓子作りがモットーです。
最高の材料を使い季節感溢れるお菓子作りを心掛けております。
お菓子と一緒に入っていたショップカードの書かれていた言葉。
素敵なお店なんだろうな。
地元に戻って頑張っているって優子先生も言っていたっけな。
頑張れ山田君。
笑顔でね。
頑張り過ぎずに頑張れ。
想いを込めて今日も千葉の空の下震災で心弱っている人達の事を考え地元の人の笑顔のお手伝いをしているんだろうな。
福島から集団移転させられた人のためにも頑張っている山田君。
また再会しましょうね。
鳥の海にもまた行ってご飯でも食べよう。
前と景色は変わっていないけれど流れている空気は変わっているよ傾いるってビックリしていた屋根が斜めになっているデザインの薬局もちゃんと営業しているからね。
週末のイベントピアの発表会そしてあした起きる出来事にも力が湧いてきた。
ホッとしたいときは山田君のマカロン食べます。
頑張った御褒美としてね。
今日一日も。
明日も明後日も。
お母さんはマカロンとマコロンの区別が今一つ音だけではつかないようなので一緒に食べながら身体に/京都新聞杯/しみ込ませるからね。
ありがとうやっぱりマカロンは素敵で優しいお菓子だ。
私の大好きなお菓子。
音の響きもいいよね。
マカロンってね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:b5yb82q0r1
読者になる
2012年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/b5yb82q0r1/index1_0.rdf