安西だけど五月女

March 30 [Wed], 2016, 11:33
時期的に転職に適するといわれるのは、3月や9月頃は求人を出す会社が増えます。そして、2年以上働いている場合、すぐに辞めるだろうという悪いイメージを与えないでしょう。



働きたい職種がはっきりしている場合、求人情報はいつも確認する事を心がけて、募集があればすぐに応募するといいと思われます。

欠員が出た時だけ募集をする職場だと、タイミングを掴みづらいです。
正規の社員に比べて、待遇がかなり違うといわれている契約社員の待遇の状況のことですが、実際の給料の額には、どれほど差があるのでしょうか。テレビの情報では、一生の手取り額でみると、およそ8000万円の差があるという調査結果が出たそうです。少し昔では、35歳を超えると転職は無理になるという説も、あながち嘘とは言えませんでした。

以前は年功序列というシステムだったので、35歳以上の方が途中で入社してもどう扱うかが難しいため、不採用とするところが多かったのです。でも、現在は年功序列が崩れたため、35歳以上でも前途が有望であれば積極的に採用するところが多くなりました。

ボーナスを受け取り、会社を辞めて、やりくりをしながらまた次の仕事を探せば良いと気楽に考える方は、その後、就職難になりやすいので気をつけるようにしてください。いくらボーナスを受け取って退職しても、それ以後の仕事が決まらないようでは、本末転倒です。

転職の際には、計画性が大切ですから、入念に検討をしましょう。
目的や野望もなしに大学を卒業して職を探そうとしても、望み通りの職に就くのは難しいでしょう。
そのせいで、仕事に希望を持てずに続かなくなってしまい、新たな職に就いても、すぐに辞めるという悪循環に陥りがちです。

天職に一歩でも近づくため、幼い頃から自分の軸を持ち、努力することが大きなポイントです。

通常、転職者が要求されるのはすぐにでも仕事が処理できることなので、異なる職種に転職する場合は年齢や経験ではない、何らかの別な長所がないと仕事を決めるのは難しいでしょう。



すぐに仕事をしてもらえるような人を希望しているので、未経験でも採用するところはあまりありません。必須の資格を取ったり、事前に研修を受けたりといった努力が大切になります。



望ましい転職理由としては、まず、実際に転職をしたくなった理由を再考してみてください。
伝えるのはそのままではないため、正直に自分の考えをノートに書いてみます。そして、与える印象が否定的なものとならないようにそれを表現を異なったものにしてください。
あまり長い転職理由では言い訳をしているように聞こえてしまうので、気をつけて長くしないようにしましょう。
どうすればよい転職ができるか、一番の方法は、会社を辞めてしまう前に転職先を見つけて、決定したら、そこで初めて辞表を提出する、ということです。退職後に転職活動を始めた場合、仕事が見つからなかった場合「焦り」が心を支配し始めます。あるいは、経済的にやっていけない不安がでてくるかもしれません。だから退職する前に探すことがベストです。


また、自分の力だけで転職しようとしなくても誰かに相談するのもよいでしょう。家族に転職の相談をしても、自分の思うようなアドバイスを貰えるとは考えないでください。家族は今のあなたの仕事の現状をはっきりとわかっていないからです。

転職したい理由を話しても「へーそうなの」程度しか返事が返ってこないこともあるでしょう。「自分の思うようにやればいい」というような言葉で、あっさりと片付けられてしまうことも考えられます。転職時に必要な資格は、専門職の他はそれほど多くないようですが、持っている資格が有利に働くという意味では、国家資格が最も使える資格のようです。なかでも、建築・土木関連では建築士のようにいわゆる「業務独占資格」と呼ばれるその資格を未取得のままでは実際に業務ができないという仕事がたくさんあるので、狙ってみてはいかがでしょうか。仕事を変えたいと思ったときには、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)という資格を取っていると採用の決め手になってくれるかもしれません。このMOSとは、マイクロソフト社公認のPCスキルがあることについて証明してくれる資格になります。



この資格を得るということは、つまり、今やほとんどの企業で普通に使われているマイクロソフト社のワードやエクセルといったソフトに関する知識とか技術が証明されるのです。転職サイトをのぞいてみると、ほかでは得られない求人情報を得られるかもしれません。また、うまく転職活動をしていくための提案やアドバイスを受けることも可能です。

サイト利用料はかかりませんので、ネットが使えるのなら使わない手はありません。
新たな職場を探す手段の一つとして、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。労働時間が長いからと辞めた場合は「生産性を重視した仕事のスタイルにしたい」、やりがいのある仕事と感じられずに辞めた場合は「新しい環境でさらに自らを成長させたい」としておくと印象がよくなります。ネガティブな転職理由も言い方を変更することで、ポジティブなものに変わります。履歴書に書くときには、150文字から200文字程度が理想とされています。



仮にUターン転職を検討しているなら、希望する地域の求人情報を得るのにひと苦労するかもしれません。でも、転職サイトを使ってみたり転職アプリを駆使すれば、地元の求人情報がすぐにわかりますし、エントリーだって可能になります。多数の求人情報のうちから自分に適した転職先へ行けるように、思いつく限りのツールはなんだって積極的に利用しましょう。


一般的に、転職時の志望動機で大切になるのは、ポジティブで仕事への意欲が伝わるような内容です。



これまで以上に成長を可能とするとか、これまで習得してきた専門知識や技術を活かすことができそうというような意欲的な志望動機を述べましょう。できるだけ、その企業の特長に合ったきちんとしたしたがって、十分な下調べを行うといいですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:フウマ
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/b5weohny5rchti/index1_0.rdf