伊東で森井

July 12 [Tue], 2016, 1:00
腸の多岐にわたるつながりと、腸の元気を保つ定義の重要さを再チェックしよう。東京医科歯科大学栄光指摘の藤田紘一郎くん、理化学研究所カリスマ招聘サイエンティストの辨野義己くんに教えてもらった。

腸のつながりは食べたものを分離・吸収するだけではない。
「侵入してくる病原菌を追い出す免疫ベネフィットをつかさどったり、ビタミンやホルモンの組み合わせ、セロトニンやドーパミンなどのハッピーホルモンの原材料も作っている」(藤田くん)
感染症もアレルギーも、うつ病などの精神病まで、腸のつながりが関係しているのだ。

腸内には3万クラス以来、1000兆個以上の腸内微生物が棲息していて、これを腸内フローラと呼んでいる。これは銘銘変化、こういう有様を整えておくことが、健康維持に欠かせない。
「最も45年を過ぎた頃から、手間を生成して体を動かす系列が変化します。瞬発勢力に優れ乳幼児製作に適する解糖エンジンから、スタミナがあり、長寿に適するミトコンドリアエンジンに変わるのです。そのためこの時期から、長寿エンジンを上手に稼働させることが大切につながる」

そのミトコンドリアが何より数多く存在しているのが腸です。レギュラーエンジンのチェンジに合わせて40〜50代のうちに、腸の元気を保つミールや人生へと上手にトライすることが、これからの生涯、老後の元気を左右することになる。

そこで今の自分の腸の年齢コンディションをわかるために、辨野くんに「腸年代」の吟味法を教えてもらった。沢山当たるだろうか。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:タクミ
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/b5paefei5hpsen/index1_0.rdf