おぐにゃんの祖父江

June 01 [Wed], 2016, 1:00
初めての介護施設で新人の介護士として働こうとする時に、気になるのはその配属先ですが、100パーセント希望通りにしてくれるケースも多いですが、そこで人事を引き受ける人の見解により、左右される場合もあるかもしれません。

配属先の決定は、介護施設側によって、人材を希望する各部署からの要望と、新人の適性から判断され、そこに配属になる事が多いのです。ただし、配属されて、どうしても違和感や不満などが治まらない時は、部署の上司にそのまま伝えてみて、アドバイスを求めることもできます。看護婦はハードな仕事と言われていますが、もはや介護士なしの介護施設などあり得ませんし、これほどやりがいを感じられる仕事も少ないでしょう。
24時間いつでも稼働している介護施設が職場ですから、そこで働く介護士も24時間不在の時間があってはなりません。
なので、仕事は日勤業務と夜勤業務で交代で勤務することになっています。

夜勤のある仕事ではどうしても、上手に生活のメリハリをつけないと睡眠不足が続いて心身の健康に響くかもしれません。出戻り、つまり一度職場をやめてからまた同じ職場に戻ってくることですが、介護士のこれは多いです。その際ですが、再就職ができるのか、できないのかというのは辞めた状況により変わってきます。例を挙げるなら、結婚や転居、あるいは出産、育児のために辞めた、というような事情なら、出戻りもしやすいはずです。こうしたケースは、実際にとても多いようです。
諸々の事情により正職員を避け、パートタイマーとして復職を果たす、という人も増えてきています。



一般に高給取りだとされている介護士ですが、その給料は大介護施設や個人介護施設など、どういったところで勤務しているかにより、金額は相当変わってくるのが普通です。

退職時につく手当、退職金はどうかというと、地方公共団体などにより開設された公立介護施設、または国立介護施設であるなら、介護士は公務員、あるいは準公務員の扱いですから、しっかりと勤務した年数などから退職金が算出され、働いた分に見合った額を受け取れるはずです。翻って個人介護施設の状況ですが、介護施設によっては退職金の取り決めさえない場合がありますので、介護施設のトップである、院長先生の判断に左右されるようです。勤め先が公立介護施設の場合は、規定通りの退職金を受け取ることができますが、それ以外は介護施設次第ということです。

「看護士」と「介護士」、両方とも発音は一緒です。

漢字で書いてみるとこうして二種の字で表せます。

以前は「看護士」が男性、女性に対して使う時は看護婦、という様に区別がしっかりついていました。

でも、2001年に法律が変わったことを契機として、男女とも使える「介護士」を使うことで一元化しました。
職場を移りたい、と考える介護士は意外なほど多いようです。慢性的に介護士の数が足りない、とする介護機関は多く、需要は高まる一方で、結果として、求人が大変多いわけです。勤務している今の職場でどう考えても給料が労働に見合わなかったり、身体が辛いのにどうしても休めない、など、人により、転職しようと思うようになった理由はいろいろあります。

もっと良い職場環境を期待したり、今より良い待遇を求めての転職である場合、なるべくなら、給料の額だとか労働条件に加えて、そこでどういった噂がたっているか、評判はどうなのか、なども確認できると良いです。介護士は夜勤をするのが当たり前とされる場合が往々にしてあり、子持ちの介護士からするととても難しい問題となっています。
子供が小学校に入るまでならば24時間いつでも預かってくれるような保育所を探したり、託児室を完備している介護施設に勤務する場合はそちらに預けるなどの方法もありますが、小学生になると預け先がぐっと減ってしまうという問題が浮上します。そのため、介護士の中でもパートの勤務に変えていくという方も相当数いると思われます。
介護士は良い給料をもらってはいますが、よく見てみると、夜勤手当があることによって総額が上がっている場合が多いです。ですからより高い給与を介護士の仕事で得たいのならば、職場選びの際、日勤だけではなく夜勤がある勤務先を選択してください。

夜勤で勤務できるかどうかで貰える給料が大きく異なってきます。

昨今、介護施設が統合したり閉鎖したりすることが続いて、注目されているのが、医師や介護士が不足しているという問題です。夜勤等が入るため不規則な勤務の必要があり、それにプラスして時には急患にも対応しなければならず、多数の介護士はとても大変な思いをしているという現実があります。
男性が介護士として働くケースも珍しくなくなりつつあるとはいえ、いまだに女性の方が多い職場なので、ストレスが蓄積されたり、介護士の中にはトイレに行く時間もなく便秘になってしまう人も多いというのも理解できる話です。介護士といえば、仕事のハードさがよく知られていますが、別段、介護士が仕事で寿命を削っている、ということはないでしょう。



ですが、交代制で夜勤があるなどで不規則な生活で、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、ストレスでまいってしまったりすることはあるようです。


そういう介護士の仕事を続けていると、ずっと介護現場にいることもあって、何かと詳しくなってきますから、医師の患者に下す診断内容を推測してみたり、自分の心身の健康についても今の状態を把握しやすくなるようです。


最近では男性も増えていますが、女性が介護士として働いた場合、他職種と比較して高いお給料をもらえます。



それと関係があるのか、洋服に気合いが入った人が少なくありません。


ですが、とにかく忙しいです。介護施設にもよりますが、ひどい場合は休みがほぼなく、お金を使う時間がなく貯まるばかりというのは珍しくありません。

給料と休みの釣り合いのとれた職場を選択するのが最高でしょう。例外もあるかもしれませんが、介護士として働いていると、当然のようにやめたいと思うことも往々にして起こります。

仕事そのものの失敗のみならず患者さんに厳しいことを言われたりすることだってあります。



ただ、やりがいを感じたり、仕事を続けていきたいと実感することも多々あるのです。時に先輩が掛けてくれる、ご指導の言葉や慰めの言葉によって周囲の方々に支えられて働けているんだということを日々痛感しています。病気や怪我のリスクが高まる高齢者が、人口の四分の一ほども占めるようになり、この何年か特に介護機関を利用する人口が増加しています。ということはつまり、介護機関で働く介護士に関しても大勢が働いているべきなのに、実際には、人手不足が深刻です。



けれども、それほど人手が足りない状況だと、それによって求人も多くなりますから、たくさんある中から条件のいい働き先を見つけられる等の利点を挙げることができます。昨今、介護士不足の傾向にあると考えられています。



せっかく介護士資格を持っているにもかかわらず、介護士の職を選択していない人も多いのです。



このように介護士が足りなくなるのは何故かというと介護士は離職率が高いという現実に起因するものだと思います。具体的には、常勤介護士の場合の離職率は、約11%にもなります。女性の割合が多い仕事なので、出産または育児のために退職せざるを得ないという場合もあるのですが、それのみならず、キツイ仕事環境も離職する人が増える原因になっているのです。少々昔の話ですが、介護士はいわゆる3Kなどといった部類に入る、きつい仕事であると感覚的に捉えられ、そうしたイメージが定着していたようでしたが、今現在においては、困難さがあるのは職業柄当然として、介護士はそれに相当する給金の獲得が可能であることを、知らない人はあまりいないはずです。



介護士の手にする給料というのは、一人の女性が自身の稼ぎのみで、家族が食べていけるようにできる程です。

そう、つまり介護士は確実に高給を得られる専門職なのです。介護士がかぶる帽子というのは、晴れて介護士になるというという式の際にかぶせられるものだといいます。


介護士にとってあの帽子は、料理人にとっての帽子より深い意味を持つものなのではないでしょうか。
しかし、近頃では少しずつ介護士の制服も変化してきており、帽子が持つ意味が薄れてしまう日もそう遠くないでしょう。

髪の毛が落ちないようにするためのものという、これまでのような深い意味を持った存在ではなくなってしまうのはちょっとさみしくも感じられますが、これも世の中の傾向なのでしょうね。

介護施設で介護士として勤務している人の中には勤務する時間が不規則な上にハードな仕事内容であるということを理由に介護士以外の職業への転職を考える人もよくいるといいますが、「介護士資格を持っています」という事実は、意外に違う職種の現場においても実際に役立つことがよくあります。具体例として、病気になった人をどう扱うかや、体の仕組みについて知識を身に付けているため、保育関係やリラクゼーションサロン等といった仕事では、やったことがなくても比較的簡単に採用されるでしょう。



言うまでもなく、介護士の仕事というのはきついものであり、しんどさを覚える場面も多いはずです。



特に夜勤を、二交代制、あるいは三交代制でこなしていくうちに介護士の多くは、生活のリズムを大きく狂わせ、そのために身体の調子を崩した、という話もよく聞きます。


昼夜にわたる、大変な仕事によってどうしようもなく疲労を溜めてしまい、とうとう、腰痛などを起こしてしまったりします。


そして、そこでやっと、自分自身の受けている身体の負担について感じる事になってしまうでしょう。新卒や既卒で介護士としての就職先が決まらず困っている話を聞きますが、ご自身の年齢に原因があるのかもしれません。

実際の求人には年齢についての制限を載せていない場合も、場合によっては、介護施設が内実に採用年齢を設定しているケースがあるのです。

中でも30代から介護士を始めた、という方の場合はかなり大変ですので、相当な努力をしなくてはいません。要資格の専門職である介護士ですが、それだけに転職が簡単という利点を持ちます。結婚や引っ越しといったような単に私事からの転職もよくあるものの、転職する人の中には、介護士としてもっとスキルを磨きたいがために、転職を望む場合も少なくありません。転職の動機がスキルアップなら、具体的な志望動機を示さないと肝心の転職自体、できない恐れがあります。より幅広く看護の経験を積むために、多くの科がある介護施設に勤務したい、設備の揃った総合介護施設で、最先端の看護を学びたい、などなど前向きな志望動機があれば良いでしょう。

正職員やパート、派遣といったように、介護士の働き方も色々ではありますが、ほとんどの介護士が介護施設で勤務します。

介護士といえば介護施設で働くもの、というイメージがありますが他でも、実は介護士がその資格を活かせる職場は多々ありまして、例えば、企業内の医務室だとか、保育園や託児所、介護施設などですが、こういうところで働く介護士は大勢いて、人気のあるところなどは、採用されることが難しい場合もある、ということです。
必ずしも介護施設でなくともやる気があれば、仕事する場は多いので、人生において重要なターニングポイントである結婚や出産といった際に転職し、仕事をしやすいようにすることも可能なのです。
介護士は他人の健康や時には生命に関わる仕事であり、なかなかリラックスできる暇などなく、そうしたことにより自覚の有る無しに関わらず、ストレスを溜めていることが多いです。ということは、身体的にかなり厳しい仕事なのに、さらに精神的なダメージも蓄積するわけです。



そうして溜めこんだストレスを解消させるメソッドを知り、実行しているかということも、介護士というハードな仕事を続けていくためには見逃すことのできない点になるでしょう。

たくさんの人と出会える街コンですがこのイベントに参加する介護士の方は少なくありません。
女の職場なので、男性との出会いのチャンスがなくて、結婚相手を探したいという介護士たちが街コンへ続々と参加しています。街コンでは、介護士という仕事は一種のステータスとなることが多いです。
しかし、たとえ素敵な出会いがあったとしても、その後、仕事が規則的でないということが原因で、破局をむかえることが多いと言われています。昔の話ですが、かつての介護士といったらほとんどが女性の職業でした。しかし最近の傾向は、介護士の名称が認知されていることからも分かるように、男性が働くことも多くなってきました。



現場で求められる介護士の能力を考えた場合、このような変化は、時代の流れとして当然なのかもしれませんね。本来女性が持っているような優しさだけでなく、現場での判断力や瞬発力、体力の強さなども、これからの介護士にとって大切な要素だと言えますね。



よく言われているように、介護士というのはとてもきつい仕事です。
病棟勤務に従事していると、重症の患者さんを担当することもあり、この人たちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。それから、術後でまだよく動けない患者さんの、身の回りの世話をするのもすべて介護士の仕事となっております。


急に手術の予定が入るようなことはしょっちゅうですし、少ない人員で仕事を回している夜勤業務の時間に幾度もナースコールが鳴り、駆け回ることもありますし、気の休まる時間はないくらいてんやわんやと忙しいこともあったりします。女性に人気の高い職業の一つ、介護士になるためには、看護系の専門学校、短大、大学などで勉強することになります。
それから、受験資格を得て、国家試験にパスしないといけないことになっています。


この試験は毎年、ほぼ例外なく合格率9割前後をキープしているということで、ふつうに授業を受けていたなら、それほどまでに難しい、というものでもないのです。

そういった、介護士を養成する学校は看護学校であったり、短大、大学など種類いくつかあるものの、近頃の傾向として、そういった養成機関より高度で、もっと様々なことを身につけることができる看護大学や学部の人気が高まっているようです。


介護士として患者から信頼してもらうためにも、介護士は服装や髪形など、外見を整えておくことが必要になります。

中でも、女性の介護士は派手な化粧はなるだけ控えておいて、介護施設に適したナチュラルメイクを施すのが一番良いでしょう。

ノーメイクとも違いますから、患者に与える印象も変わりますよ。


転職活動の場面においては、ご多分に漏れず介護士の場合も履歴書が必須となりますが、気を付けるべきことが存在します。

注意すべきこと、それはその履歴書で最も重要な志望の理由の書き方です。
具体的に言うと、雇用条件や労働環境がよかったから志望したと書くよりも、研鑽に励みたいという理由や身に着けた技術や知識が役立てられそうだからというような見ただけでやる気を感じられるような志望動機がいいと思います。引く手あまたの介護士は就職しやすく、さらに転職に際しても簡単なことが多いです。することはまず、求人を探し、転職希望先に履歴書を送ります。

履歴書による書類選考に通ったら、次の段階、すなわち面接に進むことができます。面接では、今まで勤務してきた職場における経験などについての質疑応答を織り交ぜつつ、話すことになるでしょう。



しかし、能力的なこと以外に、性格的な部分や、職場にスムーズに適応できそうか、という面もしっかり注視されていることを、知っておきましょう。

人間的な良さをみてもらうことができれば、上出来です。意外に思われるかもしれませんが、介護士には細かな階級が存在するのです。トップに位置するのは、各介護施設の方針によっても異なりますが、普通は総介護士長ですとか、看護部長といわれる人ですね。
どういう人が出世するのかというと、同じ職場に長く勤務して実績を重ねて、周りの人間の信頼を得るように努力することが大切なようです。



もちろん、階級が上がればその分、高い収入を見込めます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:悠真
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/b5luaweyahrerq/index1_0.rdf