、就職活動が始まる時から、内定した時、そして入社後において「働く理由」は変遷してい

October 01 [Mon], 2012, 14:47
経験から学ぶ力失敗こそが学びの宝庫。男性の面接官が似合うと思う服を買うこともイメージしよう。さらに言えば、転職社会とは、そもそもスペシャリストのためにある世界とも言えます。利益がなければ賃金が払えないのだから。目の前の仕事の納期を気にしながら、上司の目を気にしながら、目標数値を気にしながら働くのは結構辛いものです。経験と言っても、一人旅や海外留学、起業など、すごい経験ではない。答えは「行動する」一言に尽きる。意図して質問したり、行動したりすることだ。


Act(処置・改善)実施が計画に沿っていない部分を調べて処置をする例:探した場所が違うなら、Googleで一から探そう。大学生と社会人との圧倒的な差は、接する相手の多様性にある。役割は子供・学生・余暇をすごす者・市民や国民・労働者・家庭人・その他の7つであり、これらの役割が演じられる生活空間は家庭・学校・地域社会・働く場の4つに分類している(ライフステージ)。当然働く意味は変わる前述した通り、就職活動が始まる時から、内定した時、そして入社後において「働く理由」は変遷している。 ユーザーからの質問を紹介しよう(若干文章を修正しています)。・世の中のために働きたい「社会貢献度が高い」が上位をキープしている。以下の数字は25〜29歳の正社員に聞いた質問で「あてはまる」「ややあてはまる」を足した割合である(リクルートワークス研究所「ワーキングパーソン調査2006」)。明日何があるかのかさえ、予想することは難しくなった時代。http://www.general-next.net/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:b55i24t8
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/b55i24t8/index1_0.rdf