華になって。 

2010年02月10日(水) 1時33分

戻れない時間

戻れない場所

手の届かない物


どうしようもないもの



心の奥に置きっぱなしの何か

それは

いつかの悲しみ
いつかの苦しみ
いつかの愛しみ


今まで気がつかなかったけれど

音を奏でるわけ
それはきっと

どうしようもない何かを
音として昇華するためのもの?

そうやって
深く深く奥に染入る音が出せたらいい。

心に響く音が出せたらいい。


そして

そんなどうしようもない気の霊は

昇って華になって。


美しい華になって。

ホロリ。 

2010年02月05日(金) 23時59分

今日は自然に目頭が熱くなって

ポロっと涙が出ました。



よかった〜〜〜!!

よかった!!

ほんまよかったよ〜!!


合格。

たった2文字の言葉だけど
そんな簡単なもんじゃないんです。



「先生、A大受かってた。」


にやにや教室に入ってきたと思ったら
そんな大事なことをすらっと言っちゃうんだから。



彼が中3の時から知ってる高3のNくん。

中3のときはいっつもぶっきらぼうで
わたしがいくら「こんにちは!」って笑顔で挨拶しても
「ふん!」ってぷいって教室に入っちゃう
同じクラスの男子としか会話をしないシャイボーイ
勉強もずぼらでよく先生に叱られてよく残されて
毎日呼び出しくらって自習室で居眠り。

そんなだったのが

去年の春、高3になって
別人のように「先生ぼくのこと覚えてる?」
なんて教室にやって来たと思ったら

背が伸びてて
まゆげが細くなって
人懐こくなってて

あんなに嫌だった勉強も

「オレ今までずっとサッカーやってたから
 他の奴らに追いつくには必死にやらな間にあわへん」

別人のように真剣になってた。


友達はタバコ吸ってたり
無免でバイク乗り回したり
周りはみんな専門学校か指定校で大学へ行くぐらいのところ。

秋になったらどんどんみんな進路が決まってく
焦る。
学校行っても勉強しっかりやってる奴らなんて一握りで
やる気をなくす。
隣の進学校の奴らは模試の結果を振り回して
劣等感。


そんな中

自分を見失わずに
自分の道を掴んだんだ。



「先生、単語テストして。」

「オレしごかれな伸びひんねん、知ってるやろ?」

よく知ってる 笑

毎週100語覚える約束をして
わたしも仕事の合間にテストを作って

はじめは簡単な単語もわからなかったのに
最後にはわたしのタイピングミスを指摘するくらいになってて

いつの間にか1800語覚えて
「最近長文が怖くなくなってきた!」
「H高(隣の進学高)の奴らと変わらへんで!」なんて。

でも訳させると
勝手な想像が膨らみすぎて
話変わってるんだけど

ちょっとずつの変化が
彼には大きくて
伸び幅が広くて

その分
もがきや不安や焦りがきっと大きかったんだろうけど

乗り越えたんだ



そんな今までのことを思い出したら
自分のことのように嬉しくなって

がんばってたら絶対報われるんだよって
月並みなことしか言えないけど

ホロっとしちゃったのでした


よかった。


「これで夢が叶う!」って言うから

専攻の理学療法士になることかと思ったら


「オレ、ここでバイトするのが夢やってん!」

なんてまた嬉しいこと言っちゃうんだな。



後輩たちに伝えて欲しいな。

諦めなければたどり着けるってこと。



また生徒に元気をもらってしまいました。

ありがとう

the reason 

2009年10月08日(木) 0時45分

負けてしまうかもしれないような
自信のない試合で

もしここで動いたら
勝てるかもしれない

でもうまくいかなかったら
負けてしまうかも


そんな状況で


何もしないより

何かしたら変わるかもしれない。
同じ負けでも挑戦して負けた方がいい。


そう前向きになりたいけれど

躊躇してしまう。
動くのが怖くなってしまう。


それは

傷つきたくないからじゃなくて

きっと
試合が終わって欲しくないから。


痛みが怖いのもあるけれど


何もしなければ

決着がつかなくて
勝たなくってもずっと試合が続いていくから。



結局の逃げです。



何もしなくても勝てるような試合は

自分本位ではなくて


結局たいしたことなく終わってる。



でしょ。



苦しくてもがいて
なんだかよくわからなく不安になって

どうやったら気持ちが落ち着くのかって考えたら

余計心の奥底がバタついて大忙しで
疲労困憊。



それが本物なんだって気づきました。



そして

いつもなんだか考えすぎで。

ちょっとしたことで。

何でもないことだったり。



こんなのよく知ってます。

ちょっと懐かしいほど。



痛みさえないのなら

それはきっと何も動いてない証拠。
心が動いてない証拠。


心が動いてるから痛いんだ。


その痛みはいつかのどうしようもない歪んだ痛みより


ずっとずっと前向きで

ずっとずっと綺麗で

ずっと愛おしい痛み。



痛い理由がここにある。

みちびく音 

2009年09月28日(月) 2時06分

導音


音階で7つ目の音。

ハ長調だったら
ドレミファソラシドのシの音。

8つ目の解決を導く音。



到着に向かいたくって仕方がなくって

これ以上ないってくらい愛おしくて

たいせつな音。


でもドに届いたら平和すぎて忘れてしまうから

切ないんだけど

でもその音がなかったら平和には届かないんだ。



そんな導く音

一番響かせたいなって思います。



いつがゴールなのかなんてわからないけれど

いつも導音鳴らしてるつもりで

毎日しっかり響かせたいなって思います。



そして

たどり着けたらいいな。

旋律的短音階 

2009年09月26日(土) 23時48分



短調には
3種類の音階パターンがあります。


音が変わらない自然的短音階
7個目が半音高くなる和声的短音階
6個目と7個目が半音高くなる旋律的短音階。


半音変わるだけで音の流れが全然違います。
単調なものがメロディアスに劇的に変化。




先日大学オケの練習に参加するため
高知に行ってきました。

大学に入るのはもう何年ぶり??
4年くらい?


建物はキレイになってるし
自転車置き場や歩道なんか新しくなってて

ここが大学?って目を疑ってしまいました。

4年間入り浸ったオーケストラのサークルBOXも
土足厳禁のキレイなスペースになってるし


なんだか
自分がいた頃の風景はなく
あったはずの場所がなく

少しポカンともどかしくなりました。


でも今は現役たちの思い出の場として
空間は時間を超えていってると思ったら

戻らない思い出の空間はとても切ないものだけど
いろんな人の思い出に残ってるならステキだなと思ったのでした。



見た目や形は変わっても
思い出は変わらない。

気持ち次第。

大事にしたいものです。



大学時代毎日通った道をのんびり歩いていると

いろんな出来事が今に繋がっているようで
関係ないと思っていたものが全て繋がっているようで

なんだかくすっと面白く思えました。



ああしてたからこうで
ああしてなかったからこうで

今がある。



いろんなことが絡み絡まって今があると思ったら

いろんなことに意味があって
後悔してたことも全然後悔なんかじゃなくって

あれでよかったんだと自己完結です。



昇るのってパワーが必要で
いろんな労力をこれでもかって使います。

遠回りしながらも
これでいいのかなって悩みながらも

辿り着こうと上へ上へ。


でも
苦労するほど頂点って素晴らしいんですよね。

下りはけっこうあっさりなんだけど。
すんなりといつの間にか落ち着いてるんだけど。


短音階の中でも
旋律的短音階みたいです。

半音上げて上げて
パワーをためて歌ったほうが頂点の音が際立つ。

スタートと最後の音が同じなら

同じ時間が時間なら
同じ距離が距離なら

その中でたっぷり昇りたいなと思ったのでした。

そしたら
戻ってきたときに見える景色が今みたいに変わってる。

それはきっと悪いことじゃない。

きっとステキなこと。

ココロヒロガル。 

2009年09月19日(土) 0時10分

何か行き詰ったとき

一歩二歩後ろに下がってみる。
そして遠くからもう一度見てみる。

そうしたら近すぎて見えなかったことが見えたり。

物事の中心にいてもわからないことが
外の状況から見たらわかったり。


見る角度を変えたら
きつく結んでいたものを少し緩ませたら

見えてくることがある。



高3生の英訳の解説をしていて思いました。


単語はわかってても文の意味がわからない。
なんなんこれ?って。


そんな時は

一語を一文に、一文を一パラグラフに焦点を広くして考える。
一歩下がって何が言いたいのか客観的に考えてみる。
背景を考えてみる。


そしたら、

あら不思議

案外簡単なことだったり。



昔、英語が嫌いだった頃

わたしも
英語を日本語に訳すとき

同じようにいつも意味不明で
何が言いたいのかわからなくて

英訳が嫌になって


でもそれは
きっと焦点が狭くて見渡せてなかったんだ。




音楽も同じで

はじまりからおわりまでの流れを考えず
音から音への繋がりを考えず

狭い範囲に焦点を当てて
慌てて突然音をぶちこんだら

台無し


どうしてもできないと
細かく細かくって焦ってしまうけど

近づいたズームは少しずつ元に戻して

広い流れを見渡したら
きっとパズルのように繋がる。


たっぷり広〜い視野で見たら
またきっと景色が違ってくるんだ。



わたしを取り囲む環境も

悩んでる事柄も

今まで気づかなかったことが見えてきたり。



狭くなく

ゆったりたっぷり広くいたいです。

ココロウゴク。 

2009年09月16日(水) 2時30分

今日たまたまipodのボタンを押して流れてきた曲が
とっても懐かしいもので

よく聴いてた当時のことがふっと脳裏に浮かんで
微かに心の奥底が冷たく揺れました。


思い出は
その時の単なる風景や出来事や人のことを思い出すよりも

その時の何気ない自分の気持ちを思い出す方が
ハッとして、リアルで、染みます。


だって
風景や出来事や人は変わらないけど
写真の中の風景や人、起きてしまった出来事は変わらないけど

気持ちはいつの間にか動いてて
通り過ぎた気持ちにふと戻ったら
ハッとしてしまうから。


威力が大きいや。





最近ずっと
高3のNくんに英単語のテストを出していて

今日は
その単語を使ってちょっと文章書いてみたら?そしたらきっと定着するから。
って提案して

彼が持ってきた作文


わたしとヨンのストーリーでした・・・

Nくんが笑かそうと面白可笑しく書いたストーリー


なんか
最後ハッピーエンドになってるし




なんだか
それを読んでいろんな気持ちになりそうなのに
ただただ笑えました。

Nくん
かわいいやつ



月日が流れて
歳をとって
いつの間にかわかることがあるような気がします。


あの頃の気持ちを思い出して
ハッとしてとっても切なくてリアルで

でも笑えたのでした。




そんないろんな思い出や気持ちが

きっと人生を深くするんだ。


悲しみを知らなければ
喜びを知らなければ

わからない気持ちがあって
表現できない何かがある。



いろんな出来事で動いた気持ちが
感情の振り幅を広げて
揺れて

その感情を
またいい音に還元していけるような気がします。

いい音出せそうな気がします。


そして
その音が誰かに伝わればいいな。





この今の気持ちも
またいつか何かの拍子に思い出して
ハッとするのかな。

それはちょっと楽しみで

そう思うと
気持ちをずっと動かしたくなります。

怖がらず振り幅いっぱい。

フェリックスが教えてくれたもの 

2009年09月14日(月) 0時54分

わたしはいつも
要領が悪くって
それにおっちょこちょいも重なって
何をするにも人一倍時間がかかります。

その上
いろんなことをいっぺんにやろうとしたら
すぐいっぱいいっぱい…あたふた

今日もあれやこれやで
バタバタしておりました




こうしたいってことがあって

でもそうするには
あれもこれもそれも必要で

自分の中では順序立ててするのに
意識が上手くまわらず失敗。。。

そんな自分にイライラ。





悔しくて

はがゆくて

諦められなくて


今日は深夜まで練習。



泣きそうだったけど

掘り下げてて細かくやっていたら
なんだかいつの間にか・・・アレ落ち着いて


10回完璧に出来なかったらやり直し

なんて高校生みたいなことしてたら
懐かしくなったりして


敵のように感じたメンデルスゾーンの旋律が
愛おしくも感じられたのでした。





人一倍時間かかるけれど

時間かかっても
時間かけた良さがどこかにあるかな。


簡単に出来ちゃうより

考え抜いて苦労した分
中身の濃さがあるかな。



天才って響きがかっこいいけど

努力で得たものもいいよね。





出したい音がある。

だからその音に近づけるように
焦らず急がす一歩一歩少しずつ
自分のペースで

いつも精一杯
楽器と向き合いたいと思いました。





壁なんて

心が作りだすもので

見えやしない。


こころの問題。


そんなありもしないもの破いて粉々にして
晴れた日に空から撒いてしまおう。



メンデルスゾーンのキラキラした和音に
いきいきした元気をもらった日曜の夜でした。

What kinda images? 

2009年09月07日(月) 1時57分
意識って
イメージって

すごいなって最近思います。


昔、師匠から

「これをマスターするには泣きをみた」
「なかなか出来なくて大変だった」

って話を聞いて
ずーっとそれは難しいって逃げてたことがありました。


でも
最近になって

別の方から

「辛かった覚えはないな〜」
「がむしゃらにやってたら、いつの間にか出来てたよ」

って話を聞いて

そうなの?
大変じゃないのかなってやってみたら

あら不思議

意外とすぐ出来たり




大変そうなイメージがバリアを作って
無理かもって体が心が縮こまる。

でも反対に
簡単かもってイメージだと
余計な力が入らずすんなり。



暗示ってあるかもです



かづら橋渡るの怖いで〜
って話聞いてたら

渡る前から恐怖で
足すんでしまうけど

聞いてなかったら
ただの橋やんってそこまで怖くないかも。


怖いと思ったら怖い
けど
何も考えなかったら怖いという感覚すらない。



出来ると思うのと
出来ないと思うのでは

出来ると思った時の方が
出来る確率が高い。


ってことは

上手くいくと思ったら
上手くいかないと思うより
上手くいく。



だったら
常に上手くいくことをイメージしてた方がいい。

こんな風になりたいってイメージが
きっと自分をそうなるように導いていくんだ。



でも・・・

うちの生徒に

「きみは出来る!」って言ったら


「オレって出来るんや〜」って

絶対勉強せんくなるけど

できる。 

2009年09月05日(土) 2時06分
何か達成したいことがあるとき

それがどんなに難しい難問でも

「出来ない」っていう選択肢をなくしてしまう。

そうしたら「どうやったら出来るか」しか残らないから。




今日受験勉強に悩む生徒の話を聞いていて

この前たまたまTVで見た
和紙職人の方の言葉を思い出しました。



出来ないかもしれない
と思ったら

出来なくてもいいかもしれない
になって

だったらもういいや
って逃げちゃう。


人間って誰しも弱いから。
自分が出来ないってかっこ悪いこと嫌いだから。


でも
まだ何も始めてないのに
出来る可能性がどれくらいあるかもわからないのに

逃げるのはもっとかっこ悪い。



うまくいく確率が少なくても
今は見通しが立たなくても
途方なくても

今から競技を始めて
次のオリンピックに出場するなんて目標と比べたら
ずっとずっと可能性大。


なら出来ることを考えたい。

どうやったら出来るか。

今からゴールまでの間に何をすればいいのか。


不安はあるけど

遠回りしても
要領が悪くても

自分のペースで
自分なりの方法で

たどり着ければいい。




冒頭の力強い言葉に
心揺さぶられました。

本当に何でもできそうな無敵な気持ちになります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:b4dawn
読者になる
2010年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
最新コメント
アイコン画像ゆかり
» MMMH!! (2008年05月08日)
アイコン画像耕平
» MMMH!! (2008年05月07日)
アイコン画像ゆかり
» Don't be afraid!! (2008年03月18日)
アイコン画像あろは
» Don't be afraid!! (2008年03月18日)
アイコン画像ゆかり
» once (2008年01月24日)
アイコン画像耕平
» once (2008年01月23日)
アイコン画像ゆかり
» 10年後に笑う。 (2008年01月19日)
アイコン画像耕平
» 10年後に笑う。 (2008年01月19日)
アイコン画像ゆかり
» 轟々 (2007年12月23日)
アイコン画像神戸のゆうこです
» 轟々 (2007年12月21日)
Yapme!一覧
読者になる