ハローワークにて。

January 27 [Fri], 2012, 14:00
確認したい事があって数箇所のハローワークに電話で問い合わせたのですが、それぞれ見解に相違あり、ラチあかないので所轄のIハローワーク窓口を訪ねました。
派遣スタッフをクライアントが直接雇用に切り換える際、国が受け入れ企業に対し奨励金を出す制度についてです。
この制度のお陰で、派遣業界は多大なる痛手を被ってます。
なので過去にも扱ったことありますが、今回はチト特異なケースなのでね、言質をとっておこうということで直接訪問した次第。
ところが最初に出てきた相談窓口の担当者初老の男性、制度自体の知識に乏しく、こちらの質問に何も答えられないとなりの相談員中年女性に助け求めるも、その相談員も答えに窮し、挙げ句の果てに都労働局に問い合わせてくれだと。
ざけるなあんたらプロだろ。
しかも助成制度の専門窓口だろがこちらは手間暇と電車賃かけて窓口に来て問い合わせてるっつーのに、自分が把握してない事を理由にたらい回しする気か職務怠慢、責任放棄じゃないかとつい言葉を荒げてしまいましたよ。
そもそもハローワーク露出のスタッフって、どんな身分なんですかね。
嘱託かなんか求人求職の窓口スタッフにしても年齢の割りにプロ意識が希薄というか、コンサルタントなんていう肩書に程遠いレベルだし。
国は正規雇用を増やせとの御旗を振るなら、制度作って単にハローワークの人員増やすだけでなく、質の向上を考えないと駄目ですよ。
制度にしたって、知らない企業の人事担当者がどれだけいることか。
PR不足も甚だしいね。
こんなところがお役所仕事と言われる所以ですねぇ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:b45jwng8tt
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/b45jwng8tt/index1_0.rdf