<囲碁>上辺で激しい戦い 本因坊戦第2局(毎日新聞)

May 29 [Sat], 2010, 15:38
 福岡県久留米市のふかほり邸で26日に始まった羽根直樹本因坊(33)と挑戦者・山下敬吾天元(31)の第65期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第2局は午後5時、山下が63手目を封じて1日目を終えた。持ち時間各8時間のうち、消費は山下3時間35分、羽根3時間25分。27日午前9時、再開する。

 羽根が連勝するか、山下が追いつくか。本局は午前中に羽根が白26、28と出切りを敢行したことから、一気に激戦へ突入。山下は昼食休憩をはさむ56分の長考で黒29と応じた。

 双方の読み比べの末、上辺でコウになった。羽根は52分の長考で白58とコウを解消し、山下は黒59で中央の白六子を取り込んだ。黒61、白62と左下で新たな展開が始まったところで、打ち掛けの時刻に。山下は31分考えて封じ手を決めた。

 解説の首藤瞬七段は「羽根本因坊が強手を放ち、面白い碁になりました」と語った。【山村英樹】

【関連ニュース】
囲碁:本因坊戦第2局始まる 羽根、強気に戦う
囲碁:本因坊戦第2局、久留米で26日から
囲碁:史上最年少棋士の藤沢初段黒星デビュー
囲碁:羽根、逆転勝ち 本因坊戦第1局
囲碁:羽根、白大石に迫る 本因坊戦第1局

大阪湾に迷子 堺泉北港内にクジラの死体(産経新聞)
高齢者住宅業界のレベルアップ目指す―経営者協議会が発足(医療介護CBニュース)
<口蹄疫>ワクチン接種ほぼ終了 進まぬ「牛豚ゼロ地帯」(毎日新聞)
<自民党>赤松農相の不信任決議案を提出へ 口蹄疫問題で(毎日新聞)
<アルバム投棄>家族の思い出断ち切りたくて…容疑の男逮捕(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/b3h2nmb6/archive/17
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。