HP解禁、結論持ち越し=衆院比例候補の扱いで対立―各党協議(時事通信)

May 20 [Thu], 2010, 11:39
 選挙運動でのインターネット利用を検討している与野党各党の代表者は19日、選挙期間中のホームページ(HP)とブログの更新解禁について、国会内で詰めの協議を行った。しかし、衆院選で比例代表のみに出馬した候補者を、解禁の対象とするかどうかをめぐり意見が分かれ、結論を持ち越した。
 政党名、個人名のどちらでも投票できる参院選比例代表と異なり、衆院選の比例代表では政党名でしか投票できない。このため、現行の公職選挙法は、衆院選の比例単独候補が自身をアピールするビラを配布することを制限している。同日の協議では、衆院比例単独候補も選挙期間中に自身のHPなどを更新できるよう特例措置を設けるべきだとの意見が出た。 

政府統計、23業務を廃止=335を240に統合−総務省素案(時事通信)
<もんじゅ>試運転で酸素濃度計が不調 故障の可能性(毎日新聞)
観光バス衝突、12人けが=千葉・いすみ市の国道(時事通信)
<ブロッキング>プロバイダーなど4社 自主的に実施を表明(毎日新聞)
<たちあがれ日本>片山元総務相の擁立検討 参院選比例(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/b3h2nmb6/archive/15
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。