元大和郡山市議、詐欺事件で無罪 奈良地裁「被害者証言に疑い」(産経新聞)

April 27 [Tue], 2010, 23:24
 融資金名目で知人らから計約3700万円をだまし取ったとして詐欺罪に問われた奈良県大和郡山市の元市議の酒井憲雄被告(63)の判決公判が21日、奈良地裁であり、藤野美子裁判官は「被害者の証言に疑いがあり、金をだまし取ったとは証明できていない」として無罪を言い渡した。求刑は懲役4年。

 酒井元市議は平成14〜19年、知人の女性に製炭事業の拡張資金に使うとうそをつき、現金約2400万円を受け取り、さらに19年、ビジネスホテル建設のため別の夫婦から計1300万円をだまし取ったとして起訴されていた。

「派遣村」湯浅氏を再起用へ(産経新聞)
宮崎の口蹄疫は韓国と同タイプ 農水省、O型ウイルス確認(産経新聞)
父親殺害後?長男の車がバスと衝突、4人けが(読売新聞)
証人「白い服の男が走り抜けた」被告は正面から見すえ…(産経新聞)
支援制度、9割が「事前に知らず」=認知度向上が課題−犯罪被害者への調査・警察庁(時事通信)
  • URL:http://yaplog.jp/b3h2nmb6/archive/12
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。