積み残しですが

February 03 [Sat], 2018, 15:14
引越のトラブルとして起こりがちな問題である積み残しですが、荷物の積み残しが起きてしまうことはちょくちょくある問題といってよいでしょう。特に考えられるのはインターネットで見積もりをする人が多くなっているので、それによるものが多くなっているようです。どうしてオンライン見積もりを利用すると荷物の積み残しの理由になってしまうのかといいますと、自分で記入した荷物の数や種類が実際の荷物の量よりも少なかったりして引越し会社が準備したトラックに対して容量オーバーしてしまい、積み残しが起きてしまうケースが多いようです。もしも引越しの当日に積み残しになってしまったときには別途、費用が発生することになることもあり、見積もりをしてもらったら、契約をする前に、もし、積み残しになってしまったらその対処方法や料金について確認しておくとトラブルになりにくいでしょう。引越し業者が実地見積もりをして、積み残しの荷物が発生してしまったというケースではそれは引越し業者が対処をする必要がありますので、別の便を用意するなどして運んでもらう必要があります。積み残しの問題が発生したことによってそれで業者とのトラブルになるならその引越し業者は悪質な引越し業者だったということもあり得ると思います。一般的に、ちゃんとした引越し会社なら万一、積み残しが発生してもすぐに運んでくれると思います。
引越しの時の電気水道ガスなどライフラインの手続きについて忘れずにやっておかなければいけません。まず、引越し先が同じ局番区域以外なら、違う電話番号に変わってしまいます。引越しをする前に116番に連絡をして、電話の移転の手続きをしておかなければなりません。電力については、引越しをする10日から1週間くらい前に連絡をします。解約の手続きをしておかなければなりません。新しい住所の電力会社にも、やはり事前に電話をして、入居時に電力が使えるように手続きします。ガスの引越しの際の手続きは、引越しをする10日から1週間くらい前までに連絡をして起きます。新しい住所のほうでには、引越し先のガス会社や自治体でやっている場合はそこにに連絡をしておくと、引越し当日に係員が着ますから検針してからガスが使用できるようになります。引越しの場合の水道ので続きでは、電気やガスと同じく、引越し前に、引越しをすることを連絡しておきます。新居のほうの水道局にも連絡して入居日に水道がでるように手続きをします。電気、ガス、水道、通信などの手続きはこんなものですが、これらの引越しの際の手続きは、賃貸物件に引っ越しをする場合ですと、不動産屋さんのほうでやってくれる場合もありますし、自分で電力会社などに手続きをする必要がないこともあり、また、新居が新築の場合などでは、このほかの手続きが必要になることもありますので、不動産の契約やライフラインの手続きの際に個々に確認しておく必要があります。
引越しをするときの荷造り方法についてなのですが、引越しの荷造りのコツとしては梱包に注意しましょう。最近は梱包まで請け負う引越し業者もいますが、自分で引越しの荷造りの梱包を行う場合には、色々なポイントが梱包するものそれぞれのによってありますから、少し紹介したいと思います。皿やグラスなどワレモノを梱包する場合に、引越し業者に頼める場合であれば、壊れやすいものはやはり引越し業者やってもらうのがいいと思います。食器は強度によって梱包方法も違いますから割れない梱包をしてもらうことがプロなら知っていると思います。もしも食器の梱包を自分でするなら古新聞で包むといいですね。引越しの荷物には手荷物で持って行ったほうがいいものがあります。それはもしも紛失してしまったら取り返しがつかなくなるような貴重品などは自分で持って行かなくてはなりません。例えば高い宝石や銀行の通帳や実印など現金やキャッシュカード、有価証券や権利書なども自分で持っていくべき荷物になると思います。荷物を運び込んだ後のためにも何がどこに入っているのかわかるようにダンボールにマジックなどで書いておけば、どこに運び込むものかを書いておくと運び込んだ後で荷物を整理するのに便利です。
奈良 札幌 引越し
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:b2sxx01q
読者になる
2018年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる