利益率63%の非常識転売ノウハウ〜ストレスフリー日常せどりバイブルの検証とドイツのBMWが日本市場を重視する理由とは?

March 16 [Sun], 2014, 13:19
どもども!毎度こんにちは。


利益率63%の非常識転売ノウハウ〜ストレスフリー日常せどりバイブルのレビューを特集しております。
↓↓

利益率63%の非常識転売ノウハウ〜ストレスフリー日常せどりバイブル特典付きサイトはこちら


利益率63%の非常識転売ノウハウ〜ストレスフリー日常せどりバイブルの評判はかなり本当でした。
ヴィズマート株式会社 さんがリリースしている教材利益率63%の非常識転売ノウハウ〜ストレスフリー日常せどりバイブルを
今なら大変お得な特典付きで(人数限定)お届けしていますので確認して下さい。


※期間限定のため、いつ終わるかわかりません。
下記リンク先を必ずチェックお願いします^^


ちなみに購入する前には眉唾ですけど、実際はどうなのでしょうか
詳細につきましてはここのページのリンク先にてじっくりご確認下さい。
↓↓

利益率63%の非常識転売ノウハウ〜ストレスフリー日常せどりバイブル特典付きサイトはこちら


ちなみにここから先にはいつものメモ書き程度です、見なくてもどうってことありません(笑)


今朝の朝ごはんは出来立てのご飯と、アジフライと小松菜と卵のお味噌汁


最高ですよ、やっぱり。



最速5分で食べ終わり、9時35分に自宅マンションを出発しました。



いつも通りサンクスに買い物をと思って、コーヒー牛乳をサクッと買いました。



普段通りのルーチンですから(^^)。



店舗に出勤したら、昨日と同じくスマホで確認すると

今朝のニュースは・・・

↓↓

◆ラインナップの強化が販売の好調さを実現

2014年の年明け早々となる1月10日、BMWジャパンは、2013年の実績を発表した。それによるとBMWとMINIをあわせた販売台数は、過去最高となる前年比10%増の63019台を達成。BMWブランドだけでも前年比12%増の46037台を記録。4年連続で販売台数を伸ばしている。

[関連写真]

そして、BMWは、2014年に11もの新型車を導入するという。しかも、そのうちの5車種は、次世代モビリティとなるBMW『i3』や『i8』などを含む、まったくの新規モデルだ。ちなみに、残りの新規車種は『2シリーズ アクティブ ツアラー』『4シリーズ グランクーペ』『X4』の3車種だ。それ以外の新型車はフルモデルチェンジとなる『MINI』『2シリーズ クーペ』『4シリーズ カブリオレ』『M3 セダン』『M4 クーペ』など。

この日本車メーカーも真っ青になる新型車攻勢は、ドイツ本国のBMWのラインナップ強化という戦略の結果でもある。

「車種を増やそうという狙いは、少し前から始まっているものです。そもそも、昔からお客様のニーズは非常に細かくて、それに我々が対応できなかったんですね。開発に時間がかかりすぎるなどが理由でした。ところが最近になって、モジュール化など、作り方もだいぶ進んできて、お客様のニーズに細かく対応できるようになりました。また、もうひとつの背景として、CO2削減という大きな流れがあります。特に欧州では2020年にCO2排出量を95g/kmまで減らすという規制ができました。それに対応するために、これまでやっていなかった小さなモデルも出していかないといけないのです」と、BMWジャパンの広報室長である黒須幹氏は説明する。

ラインナップ強化を行うBMWは、日本市場だけでなくグローバル市場でも販売が好調だ。2014年3月のジュネーブモーターショーでBMWグループのライトホーファー会長は、2016年の目標であった「グローバルでの年間200万台販売」が、前倒しになり、2014年にも達成できそうだと発言している。


◆世界の主要6マーケットとして日本を重要視

「BMWジャパンは、1981年の設立時から独自のことをずっとやってきました。たとえば、アプルーブドカーという中古車システム。あるいは特別な低金利ファイナンス。また24時間のエマージェンシーサービス。そして、サービスフリーウェイの導入。そういう地味な努力をしてきたんですよ。その背景には“輸入車はすぐ壊れる“、“直すのにお金がかかるんじゃないの”、“どこでサービスを受ければいいのか分からない”などの心配事がありました。それを、いろいろな仕組みで取り除いてきたわけです」と黒須氏は日本市場の好調さの理由を説明する。

また、ドイツのBMWは、日本市場を古くから重要な市場として力を入れてきたとも言う。

「BMWにはG6という世界の主要マーケットのくくりがありますが、日本はずっとそこに入っています。販売台数的に6番目以下に落ちても、ずっと入っていたんです。それは販売台数ではなく、日本には目の肥えたお客様がいっぱいいる。そこに新しい技術を投入すると、お客様がどう反応するのか?と注目していたんですね。また、日本には優秀なサプライヤーがたくさんいますので、その最先端の技術動向にも目を光らせています。そういったことで非常に重要なマーケットと見なされています。そしてめでたいことに、昨年はグローバルの販売台数で日本はベスト5に入りました」と黒須氏。

BMWが日本を重要マーケットと見なす証拠のひとつが、いち早い新型車の日本投入だ。

「BMWは日本市場の対応が早いんですよ。右ハンドルも最初から入れてますし、ハイブリッドも欧州で発売した直後に日本に持ってきています」と黒須氏。

実際に、今年の大きな話題となる次世代モビリティi3も、2013年11月の欧州導入に対して、日本は2014年4月5日。遅れること、わずか半年弱というタイミングでの投入となった。日本重視の姿勢によって、魅力的な新型モデルがフレッシュなうちに日本に導入され、そのことが販売を加速させる。そんなところも、BMWの好調さの理由のひとつに違いない。

《レスポンス 鈴木ケンイチ》
(この記事はレスポンスから引用させて頂きました)



へえ〜。。。

ホント、どーでもいいわ。



次!本題!んーっと、今日の業務は・・・

段取り的には何も売らないアフィリエイトに12時間と、セミナー受講に3時間。



ベテランが居るからおそらくOKでしょう。



それはそうと今日の夕飯は何しよ?

うな丼かのりまきが食べたいな〜



きっと次の更新は明日の午後になるはず(^^)

ではまた次回!



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みゆc6vq
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/b2og4bvc/index1_0.rdf