美容外科とリハビリテーション

August 25 [Sun], 2013, 23:48

美容外科(Plastic Surgery)が欠損や損壊のない健康体に医師が外科的処置を行う美を追求する行為であるとはいえ、結局は安全性への意識があまりにも不十分であったことが一つの大きな元凶であろう。

スキンケア化粧品でアンチエイジングをして「老け顔」にさよなら!肌の質をちゃんと把握して、自分にぴったりのスキンケア化粧品を選び、臨機応変に手入して「老け顔」から脱却しましょう。

ついついPCのモニターに集中しすぎて、眉間に縦じわを作り、プラス口元は口角の下がったへの字(因みに私はシルエットがそっくりなので「富士山ぐち」と勝手に呼んでいます)なのでは?これはお肌の大敵です。

リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という新しい言葉には、肉体の機能に損傷を負ってしまった人のリハビリテーションと同じように、顔などの外観に損傷を被ってしまった人がもう一度社会生活を送るために教わる技法という意味が込められています。

それぞれ患者によって肌質が異なりますし、遺伝による乾燥肌なのか、もしくは後天性の要素によるドライスキンなのかによって処置方法が大きく異なってきますので、十分な配慮が必要なのです。



ドライスキンの主因である角質細胞間脂質と皮脂の量の下落は、アトピーのように遺伝によるものと、逃れようのない高齢化やスキンケア化粧品や洗浄料による後天的な要素にちなんだものの2種類に分かれます。

爪の伸び方はまるで木の年輪のように刻まれるという存在であることから、その時の体調が爪に表出しやすく、髪の毛と共通するように目に入って気付きやすいことから健康のバロメーターとも言われているらしい。

アトピー(アトピー性皮膚炎、atopic dermatitis)を服薬の力だけで治そうとするには無理な話です。習慣や楽しめることなどライフスタイル全ての目標まで視野を拡大した治療方針が重要だと言えます。

化粧の欠点:お肌への影響。毎日毎日煩わしい。メイク用品の費用がやたらとかかる。肌が荒れる。メイクを直したりお化粧する時間がもったいないこと。

早寝早起きと並行して週に2回以上楽しくなる事をすると、体の健康のレベルは上昇するのです。こんな事例があり得るので、アトピー性皮膚炎にお困りの方は皮膚科の専門医を受診するようにしてください。



頬など顔のたるみは実年齢より年上に見られる原因になります。皮膚の弾力や表情筋の硬化が弛みをもたらしますが、実際は日常生活におけるささいな仕草も誘因になります。

ピーリングは、老化してしまった表皮をピール(peel:はぐの意味)し続けることにより、新しくてキメの整った肌に入れ替えるという人気の美容法なのです。

残業、終電帰りの飲み会、深夜に至るスポーツ中継・翌日の家族のお弁当や食事の下準備…。肌に良くないというのを分かっていても、日常に置いては満足できるだけの睡眠時間を持てていない人が大半を占めているのは明らかです。

ネイルケア(nail care)というのは、爪や指先のお手入れのこと。美容だけでなく、ヘルスケア、医学的な処置、生活の質の保全というようなあらゆるジャンルが存在し、今やネイルケアは一つの確立された分野となっているのは周知の事実であろう。

そうした時に皮膚科医が処方するのが、美白美容液などに配合されているビタミンC誘導体である。外用抗菌薬も併せて使えば約半年でほぼ全快に導くことができるケースが多いと言われている。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Coupeちゃん
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/b2kh8dzo/index1_0.rdf