ランチタイムとお化粧直し

August 19 [Mon], 2013, 17:29

メイクの短所:ランチタイムにはお化粧直しする必要がある。洗顔してすっぴんに戻った時に味わうがっかり感。化粧品の出費が嵩む。メイクしないと家から出られない強迫観念に近い呪縛。

太陽からの紫外線によって作られてしまったシミを目立たなくさせようとするよりも、シミができてしまわないように事前に防護したり、肌の奥に隠れているシミの種を防御することの方が肝要って知っていましたか。

頭皮のお手入れの主だったねらいとは健康的な髪を維持することです。髪の毛に水分がなくパサパサして艶がなくなったり抜け毛が増えるなど、多くの人が髪の毛のトラブルを抱えているのです。

さらに日々の生活のストレスで、メンタルな部分にまで毒物は山のごとく蓄積していき、体の不具合も引き寄せてしまう。このような「心身ともに毒だらけ」というような感覚こそが、多くの人をデトックスに駆り立てるのだ。

美容の悩みを解決するには、一番最初に自分の内臓の具合を検査することが、問題解決への第一歩だといえます。それなら、一体どんな方法で自分の内臓の具合を調査できるのでしょうか。



デトックスというのは、人間の身体の中に澱のように溜まっている色々な毒素を体の外へ排出させるというシンプルな健康法で治療ではなく、代替医療に類別される。「detoxification」を短縮した言葉です。

歯のビューティーケアが肝心と感じている女性は増加傾向にあるものの、実生活でおこなっている人はまだ少数だ。その理由の中で一番多いのが、「自分一人ではどのようにケアしたら効果的なのか知らない」という思いらしい。

日本の医学界全体がクオリティ・オブ・ライフ(quality of life=生活の質)重視の傾向にあり、製造業を始めとする日本経済の成長と医療市場の巨大化により、容貌を自分好みに変化させられる美容外科は最近非常に人気のある医療分野だということは間違いない。

加齢印象を与える最大の理由のひとつが、歯に付着した”蓄積くすみ”です。歯の表には、見えないくらい小さな凹凸があり、普段の暮らしの中で茶色がかった着色やヤニなどの汚れが付きやすくなります。

ドライスキンの誘因であるセラミドと皮脂の低落は、アトピー性皮膚炎のように遺伝的要素に縁るものと、逃れようのない高齢化やスキンケア化粧品などによる後天的な要素にちなんだものに分けられます。



メイクの良いところ:自分の顔立ちをちょっとだけ好きになれる。顔の面皰・黄ぐすみ・毛穴・ソバカス・傷等を隠すことが可能。日を追うごとに可愛くなっていく幸せ。

皮膚の若々しさを保持するターンオーバー、換言すれば肌を生まれ変わらせることができる時間帯は極めて決まっており、夜半寝ている間しかありません。

指で押しても戻る皮ふの弾力感。これをもたらしているのは、お馴染のコラーゲン、つまりはタンパク質なのです。バネの役割を担うコラーゲンがしっかり皮ふを持ち上げていれば、嫌なタルミとは無縁でいられるわけです。

「デトックス」法に問題やリスクは無いと言えるのだろうか。第一、体に溜まるとされている毒物とは一体どのような物質で、その毒素は「デトックス」によって流せるのだろうか?

細胞が分裂する働きを活性化させ、肌を生まれ変わらせる成長ホルモンは日中の仕事や勉強などの活動している時間帯にはほとんど分泌されなくて、夜、食事を済ませてゆるりと体を休めくつろいだ状態で出ると言われています。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:美和娘々山
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/b2j62qj1/index1_0.rdf