そして、「妻を探求して日本の中国で生活している」

May 05 [Sat], 2012, 14:42

新華社ネット北京11月24日によればrecordjapanウェブサイトは、中日両国の経済貿易交流を拡大する過程で、日本人は中国に行って仕事することになり、これもいつもけわしくが誕生した小さな層である日本の「駐在妻」(在中国の日本や従業員の夫人)だった。これらの「くつろがせよ」は妻で駐在の コピー商品
中国で、暮らしの底はどうだろうか。これと関連し、日本の雑志を対象にインタビューを行った2位、「妻」伝)や木崎北海子、次は彼女たちの中国の生活見聞やアジア料理体験です。

2010年12月に第1子さんの後をついて、夫、香港が始まった新生活、11年5月に二人は広州だった。出発に先立ち、かつてはその某女性誌モデルにしても、自分の趣味に、生活に充実なので、という気持ちを日本から出たくない。)とは正反対で、学生時代に長く憧れて海外生活、夫は海外に任用されたのは、ちょうど丸いした系列会社の幼い頃の夢だ。03年以降、台湾での生活をしてきた5年半ぶりだった。でも、いつも心の海外での生活は思っ物をも苦労した。

は海外生活を最も不便なところに、二人は思わず声を指摘は「言葉」!いまは週に第1子を堅持してきた5回、一日2時間の中国语教室だったにもかかわらず、中国语でもは間違っていない。水。水やけにだった。だが、彼女にとってはそれとも楽しさが溢れていた。中国で)に対しても関心を注いだの熱気でいっぱいだった。最初から「一対一」の命令を受けたが、その後の専門性を備えた补习を自発的に台湾に行って現地の大学傍聴中国语教室です。彼女は中国语の最も難しいところは発音が交錯し、かつてまで走って自分を感じほっぺたが外れ、舌も切られた程度。実家も貼りつけられた小さな紙片が選んだ。难しいとの意見を共にした中国语を勉强したにもかかわらず、より広い観点で开かれた一つの新世界(シンセゲ)も、少なくないを通して亲友提出した。

一方、食の面では、最初からも手数です。第1子さんが倒れているのを呈し、大きなへ来て光州(クァンジュ)の時、多くの日本独自の调味料も買えないや高い驚くべきものだスーパーコピー
った。中国料理の特性を尋ねると、二人が口をそろえて「温かい食」。「決して体を冷やし」は中国人祖祖辈辈伝わる経験を活かして、熱い火锅で高い人気も当然だった。第1子さんが紹介された一種の広州で現地は暑いな「母mかゆ」だった。あっさりした鶏肉のお粥に加入エビなど海産物素材や野菜など、色とりどりの野菜、何となく取り合わせ、うまい、日本の女性の中でも人気がある。推薦した)は台湾の一道(人気軽食「qq」、食感がなめらかは美味しい、引き締まっことかと、百食べに留まる。パン屋を持って「qq」の看板のお菓子を見れば、魅力の大きさは、無人濃い。

日本が中国で仕事をする人が増えているために、「妻」が提供する一つの実用的な情報交換プラットフォームを創設した「)で駐在して妻navi」サイトだ。1年の間にも満たなかったことだけでも、班に蘇って毎日多くの「駐在妻」申し込みを会員になる。第1子さんは、同サイトのイベントを企画した1回連載「駐在妻」motivation大人気を博している。

第1子さんは彼女から出てきた日本の後、かえってより客観的に評価し、日本のすべてを自分が日本人に満足しています!最初は海外生活は力なく崩れていたが、いまは非常に感谢します夫を与えた彼女のような機会を与えてほしい。)は、自強感慨积极的自立したアジアの女性が増えている。決心したのが今後どんなににどれほど多くの困难があっても、乗り越えなければならない。

海外で駐在して妻な生活をしているが、これらの日本の妻に少なからぬた震撼と初体験で今后の人生の道でも贵重な财产だろう。



http://brand77777.jugem.jp/?eid=425
http://brand77777.jugem.jp/?eid=426
http://brand77777.jugem.jp/?eid=427
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/b217xiawu/index1_0.rdf