「裁判員裁判は違憲」と控訴=覚せい剤事件の被告側−東京高裁(時事通信)

March 23 [Tue], 2010, 12:56
 覚せい剤を密輸したとして、千葉地裁の裁判員裁判で実刑判決を受けたフィリピン国籍の女性被告の弁護側が、「裁判員裁判は違憲」と主張して東京高裁に控訴したことが16日、分かった。公判前に同制度を違憲として裁判官のみの審理を求めたケースはあるが、違憲を理由とした控訴は全国初とみられる。
 被告は無職パークス・レメディオス・ピノ被告(44)。一審で無罪を主張したが、千葉地裁は1月、覚せい剤約2キロをマレーシアから日本に持ち込んだと認定し、懲役9年、罰金400万円を言い渡した。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物〜密輸、栽培の実態〜
全面否認の男に懲役18年求刑=女性殺害、裁判員裁判

外国人の子、国内居住要件に=子ども手当で検討−長妻厚労相(時事通信)
<連続保険金殺人>元看護師の死刑確定へ…被告側の上告棄却(毎日新聞)
東京で桜が開花 平年より6日早く(産経新聞)
「生活感、汗のにおいがない」=鳩山政権に苦言−田中元外相(時事通信)
みんなの党 「自民党は終わった」 渡辺喜美代表が講演で(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/b1yh57h0/archive/31
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。