まりなだけどコムクドリ

February 27 [Sat], 2016, 19:06
看護師の資格を手にするには、何通りかの道すじが挙げられます。看護師の資格を取るためには、国家試験を受験することが必要ですが、いきなりは試験を受けさせてもらえません。試験を受けるためには看護専門学校(3年間)や看護系の短大(3年間)や看護系の大学のどれかで、看護に関して学ぶことが必要なのです。看護師産業看護師とは、企業を職場とする看護師のことを指します。看護師と聞くと病院とかクリニックを思い浮かべるでしょうが、医務室を設置している会社もあって、そういう場所に勤務する人もいます。仕事の中身、役割といったことは勤務する会社によって色々ですが、従業員の健康を守って、管理していくのは基本的な仕事と考えてください。高校入学時に進学先が衛生看護科だと、国家試験の受験資格を得るのが他の方法よりも早いので、最速で看護師になれるでしょう。ただし、途中で看護師以外の職業に就きたくなっても変えることは難しいです。さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが、短い準備期間のために勉強や実習に充てる絶対量が足りずに試験に合格するのが簡単ではないという面もあるそうです。産業看護師とは、従業員が健康に仕事に従事できるように保健の指導やうつ病防止のメンタルケアも行います。産業看護師は求人の公開が一般にされていませんから、ハローワークなどで見つけるのは不可能だと思います。興味を持たれた方は看護師専用の転職HPを利用してください。転職サイトなら産業看護師の求人も頻繁に載っているでしょう。看護士だと、求人はたくさんありますが、希望と一致する条件の求人があるとは言えません。看護師資格の保有者で就職できればいいと思う方は少ないでしょう。できるだけ給料が高くて職場の環境が良く、夜勤がないところに勤めたいとほとんどの方が思っています。求める条件に合う転職先で働くためには、情報収集が重要になるのです。看護師の当直というのは、16時間にもおよぶ長い時間の勤務で、勤務中の仮眠が取れます。国の指針により月に8回までと定められていますが、それ以上になってしまうことも多いです。病院における看護師の勤務形態によっては、規則的な生活を送れなくなったり、体調を崩しやすいのも、看護師が長続きしない理由のひとつだと思われます。全国において、看護師の年収は平均すると、437万円ほどです。しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均593万円ほどになるのです。公務員看護師は給料の上昇する率も民間の病院より高く、福利厚生も充実しているのです。準看護師の場合だと、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。看護師の転職を成功させるには、将来のことを思い描いて迅速に行動することが大切です。さらに、何を重点的に考えるのかを決定しておいた方がいいでしょう。将来の自分の姿をはっきりと思い描いて、そのビジョンに沿った転職先の情報をちょっとずつ収集してください。給与額とか職場環境、勤務形態など、自分にとって重要な条件もリストアップしておきましょう。なぜ看護師になろうと思ったのかは本当に何をきっかけにして看護師を目指すことになったのかを入れるとイメージが良くなるでしょう。転職の時の理由は今までに身につけたスキルを活かしたいより人の役に立つ技術を学びたいなど、前向きな印象を人に持たせられるようにすることが大切です。以前の職場への批判などは口にしないほうがいいです。看護師の働き先といえば、病院という想像が一般の考えでしょう。しかし、看護師の資格を活用できる職場は、病院以外にも様々あります。保健所で、保健師の方と協力して、地域の住民の健康上の様々なサポートをするのも看護師の仕事です。それと、福祉施設には医師常駐のところは少なく、ほとんどの医療に関わる行為を看護師が行います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Riko
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/b1sdoiy31oionb/index1_0.rdf