奥野で椿

June 19 [Sun], 2016, 12:32
持っているだけで使っていない、使う予定もないというブランド品の数々、バッグや靴、財布(プレゼントの定番でもありますね。ただ、意外と好みがうるさいアイテムでもありますから注意が必要でしょう)、時計などについてしかるべき店で買い取ってもらってお金に換えたいと思っている人は多く、ブランド品の買取店も人気があるのです。


ところでその際、知っていると得するちょっとしたコツを紹介します。一つのお店だけを利用するのではなく、複数のところでそれぞれ査定をしてもらい、価格を教えてもらいます。

こうすると、査定額が最も高いお店がどこなのかわかるはずですし、満足のいく売買になることはミスないでしょう。

お店選びに関しては、あまり難しく考える必要はないのですが、せっかくならなるべく高く買い取って貰える所にするべきでしょう。



たとえば、売りたいブランド品の、客観的な商品価値の有る無しで利用先を変えるというのは、良い方法だと言えると思います。

中古とはいえ、引く手あまたの人気ブランドだったら、名前の通った大きなチェーン店などを使えば多くの場合において、高額で買い取りして貰えるという嬉しい結果となるようです。
売りたい品物が、しる人の少ないマイナーブランドだったりと、明らかに需要のない物の場合には大きなチェーン店などでは、取り扱ってもらえないこともよくありますので、個人経営などの、小さなところを利用した方が、売買成立まで話を持って行くことができるかも知れないのです。中古ブランド品の買取店にとっては、嬉しい買取になるのがプラダなのですが、1913年に、マリオ・プラダとフラテッリ・プラダの兄弟がたち上げたイタリアの高級ブランドです。



たち上げた当初は皮革製品をあつかう店で、素材からこだわった高い品質の製品を造り、イタリア王室のご用達ともなりました。マリオの孫であるミウッチャ・プラダがオーナー(兼デザイナー)に就任すると、ほどなく「日常を贅沢に飾る」をコンセプトに素材づかいの巧みさと都会的なデザインで、これらが世界中で大ヒットすることになりました。



ネットを介したオークションなどを利用して、自己責任で仕入れたブランドものを買取店で売却してお金にしようと思ったら、なんと真っ赤な偽物だった、ということはたまにあるようです。


こうした場合には、普とおすぐに査定員が見つけて扱ってもらえなくなるはずのところ、極々レアケースですが、偽物が買い取られてしまうことがあるのです。偽物を見抜けなかったお店側の責任は大きいとはいえ、流通させるべきでない偽物をお店に持ち込んだことで、トラブル発生もあり得ますから、ブランド品を購入するときは、さらにそれを後々買い取ってもらうつもりでいるならぜひ、正規のお店を利用するようにし、値段の安さに釣られて、露店のコピー商品などを買わないようにするなど、簡単な自己防衛の意識を持っておくといいかも知れないのです。
中古のブランド品を、業者に買い取ってもらう場合の買取価格の事ですが、価格が違ってくる大きな要因として、商品が新しいか、それとも使い古されたものか、ということがあるのです。

新しいもの、未使用品に見えるようなものだと高くなるというのはまったく普通のことで、逆はほぼ皆無と考えてちょーだい。
使用されていた雰囲気の漂う物でも一応店で買い取っては貰えるでしょう。

だからといって、つい先程まで使っていたかような、クタクタの状態で査定に出すのは感心できないのですので、外見をできるだけきれいに整えることは、やっておいた方が良いです。
最低限、見える範囲の汚れを拭いておく位しておき、靴や鞄でしたら中のほこりも除去し、査定額をなるべく高くできるように少しの努力をしておくと良いですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:奏太
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/b1lsndehkeiat1/index1_0.rdf