早めに返せば金利が安く済む

November 04 [Tue], 2014, 15:34
以前お金がなさ過ぎて、日々の食事にも困っていたときに、消費者金融を利用した事があったんです。
その時は限度額50万円まで借りる事が出来て、その日は久しぶりに美味しいものが食べれました。
それからというもの、お金がたらない時はキャッシングのお世話になるようになって、気がついたら自分の貯金感覚でキャッシングするようになっていました。

そんな日々が続いたもんですから、気がつけば限度額いっぱいまで借金を背負ってしまって・・・。
でもリボ払いが出来たので毎月1万円だけ返済すればよかったんで、返済に負われて大変という事もありませんでした。
ただし、1万円ずつ返済していくと、なかなか元金の返済がおわりません。

この分だと完済するまでに何年も要してしまう事に。
なので、1年で完済できるように、仕事を掛け持ちして、なんとか毎月5万円ずつ返済できるようにして1年以内に完済する事ができました。モビット 申し込み手順 スマフォ

僕経験で感じた事は、キャッシングはとても便利ですけど、続けていると、いつしか自分のお金のような感覚になります。
そしてキャッシングする事になんの躊躇もなくなってしまい、気がつけば限度額いっぱいまで借りてしまう事があるんです。
そうなってからは、返済がとても大変になります。
リボ払いで返済すれば月々の返済額は少ないので楽ですけど、かなり長期返済になりますからね。
長期になればなるほど利息分も増えて行きます。
ですからキャッシングをするなら、なるべく早期に返済する事が肝心です。



小さい時から、両親からお金の貸し借りを学びました。

October 30 [Thu], 2014, 11:55
私の両親は、決して厳しい人ではありません。むしろ、放任主義だったような気がします。好きな時に好きな事をやってもいいけれど、責任は自分でとりなさいという主義です。しかし、お金の貸し借りについてはかなり厳しかったです。

例えば、私が小さい時にお小遣いが足りず、両親から前借りをしました。その金額は確か300円だったと思います。私は「欲しいものがあるけど、買えないからお金を貸してー。」とねだりました。お金をちょうだいというと、断られる可能性が高いです。だから貸してと言ったんだと思います。

両親は、あっさり私にお金を貸してくれました。次のお小遣いからちょっとずつ返しなさいと言って、私が300円を借りた事をメモし、母の化粧する時に使う鏡の隅に、そのメモを貼りました。

私は借りたお金で小さなおもちゃを買いました。電話連絡なし カードローンそして、お小遣いを前借りした事をすっかり忘れてしまいました。

次のお小遣いの日、母にお小遣いを催促すると母は鬼のように怒りました。借りた300円はどうしたの!?いつ返すの!?と私の前に仁王立ちしました。私は今度返すよ、と言いましたが、母には通用しません。
帰せないなら、おもちゃを売って少しずつ返しなさい!と言われました。また、お小遣いを少しずつ減らされました。

母は、借りたお金を絶対に忘れてはいけないと言いたかったんだと思います。借りる時は簡単です。銀行だって笑顔で貸してくれます。しかし、返せない時は鬼になります。
母は私にその事を教えてくれました。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:busybees
読者になる
2014年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
審査が甘いクレジットカード
http://yaplog.jp/b192k131/index1_0.rdf