成長の指標をシフトする

December 08 [Thu], 2011, 17:26
フランスの電気自動車カーシェアリングシステムオートリブ本稿関連記事インデクス販売数から利用頻度へシェアを前提とした社会において経済成長はどのようなイメージとなるのでしょうか。
販売数ではなく、利用頻度を最大化する経済にシフトすれば、環境メリットとビジネスメリットは一致する。
企業は会員費やマイクロペイメント少額課金を新しい収益の柱にできる。
中略フォードの会長であるビルフォードは、年にのインタビューにこう答えている。
輸送の未来は、ジップカーカーシェア企業と公共の交通機関と自家用車のハイブリッドになるでしょう。
私はそれを恐れるどころか、自動車を所有することの本質的な変化に参加できるすばらしいチャンスだと感じていますカーシェア企業は、運転するなと言っているのではない。
自動車を持たなくてもいいようにしているのだ。
その結果、社会の一部では、これまでの移動手段に対する考え方を見直す人たちが増えている。
環境ビジネスの大家、ジョエルマコワーは最近の記事でこう語っている。
自動車を持たないことが究極のぜいたくであると同時に、ある種のステータスシンボルになる時代を想像できるだろ闇バイト紹介所うかと。
その変化はすでに始まっている。
商品開発に計画的な陳腐化を組み込み、大量生産、大量消費、大量廃棄のサイクルが順調にまわることが成長だった従来の経済から、まったく異なる価値観へ移行する時代が始まっているのかもしれません。
そこでは、商品の寿命を延長し、メンテナンスや修理、アップグレードやリユースなどアフターサービスこそがビジネスの中心となるはずです。
もう少しくわしく考察しましょう。
づく
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:b00mcxdgn8
読者になる
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/b00mcxdgn8/index1_0.rdf